FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

新メンバーとか

研究室の新M1のプロジェクトが数日前に決まりました。4人のうち,IくんとWくんが私たちATLASグループ,2人のTくんがKaon実験と,きれいに2対2に分かれました。今年は去年のような白熱した議論がなく,本人たちの希望通りにすんなりと決まりました。とはいえ,修士課程1年の前期は,授業に出て単位を取ることにプライオリティを置いてもらっているので,本格的な研究は夏休みくらいからということになります。

全く関係ない話題ですが,今日は英語漬けでした。修士課程2年でピクセルの信号読み出しをやっているJくん(伏せ字の意味がほとんどない。。)と研究のことについて話をすること1時間半。日常会話は日本語OKですが,研究の話になると英語になるJくんに対応してずっと英語での会話。その後に,国際スクールの委員の一人とSkypeでさらに1時間みっちりと会話。合計2時間半ずっと英語のマンツーマンというのは,なかなかに疲れました。いつも書いてますが,英語で長時間ミーティングやってるだけでも意識がかすれることあります。でもマンツーマンで話をしているときは,意識を失っていられないので本当に集中力が要求されます。さらにその後にあった日本語でミーティングは,まるでオアシスでした。

大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<D論公聴会 | HOME | スクールの宣伝>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |