FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

肺炎

病院に行ってきました。ここ1ヶ月半以上咳が止まらず,かつ,微熱が続いていました。微熱ならいいですが,周期的にかなりの熱も出て,しかも出張続きだったので修論の頃から体力的に相当しんどかったのですが,病院に行く暇がなかったので自分の体調のことは考えないようにしていました。

でも,ようやく無茶苦茶な忙しさから解放され,また,Y教授の勧めもあって,授業が本格的に始まる前に医者に見てもらうことにしたのでした。その結果は,肺炎,マイコプラズマかな,もしかすると気管支炎になってるかもしれないね。という医者の見立てでした。しんどさからして,ま,それくらいは当然だろうなと思っていたので驚きはしませんでした。というか,逆に,肺炎くらいでよかったというのが本音です。レントゲンを撮って,その映像を医者が真剣に見ること約10秒か20秒。第一声が「だいたいいいんですけど,この辺りにちょっと影がありますね」だったので,もしかすると,と思っていたこともあり,あーやっぱり癌か,と思ってしまいました。でも説明を聞くと先の解釈。ということで,肺炎くらいでよかったという感想になったのでした。

しっかし,病院というのは相変わらず込んでいますね。大学教員も足りてませんが,医者も足りてないんでしょうね。朝病院に行ったのに,病院を出たのは14時過ぎになっていました。その間ただひたすら待ち続けです。コンピュータ持ってたので多少仕事はできましたが,ネットワークがないのはつらかったです。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ルミノシティここ数日 | HOME | そういう結論になぜなるのか>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |