FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

スタンフォードと関学

スタンフォード大学でATLASの大規模なワークショップに参加しているのですが,会場の立派さに驚いています。スタンフォード大学には何度か来たことありますが,講義室に入ったことはありませんでした。今回は,文系の学部の建物(ビジネススクールか?)だと思うのですが,どの部屋も大きな3面プロジェクター装備で,講師を円く囲むひな壇上になっているので,どこに座ってもプロジェクター,あるいはホワイトボードが見やすくて,日本の大学の教室とは雲泥の差です。椅子も日本の板一枚の椅子とは段違いに良いものが装備されています。流石,アメリカ屈指の名門大学です。

逆に,日本の大学には本当に金が無いな,と微妙に暗い気持ちにもなりました。ハード,ソフトの両面で,その差の大きさに愕然とします。スタンフォードに来る直前に行っていた学会会場は関西学院大学だったのですが,建物が非常に立派で日本の大学とは思えないと驚きました。私たちの大学の豊中キャンパスなんて,学生数に比べて面積があまりに小さいので,あらゆるところが人で溢れています。建物も素っ気ないものばかりだし。ということで,関学のキャンパスの立派さに驚いたのですが,スタンフォードに来たら,さらに関学とも比べ物にならない設備の立派さで,なんというか,竹槍で飛行機を落とそうとしている日本人を思わず想像してしまったというか,これじゃ勝てないよなぁと思ってしまうというか,まあ,微妙な心持ちになりました。

ところで,学会会場で友人たちに,関学のキャンパスはスタンフォードのメインな建物を真似てるとおぼろげな記憶を元に言っていたのですが,実際に来てみると,やっぱり似てます。ただ,そのスケールの大きさは桁違いですけどね。どっちも同じくらい古い大学だと思うので,どっちがどっちを真似たかはわかりませんし,もしかすると別にモチーフとなる建物があってどっちの大学がどっちを真似たということはないのかもしれません。でもとにかく,メインの入口を入ると楕円形の大きな緑地,その向こう正面にスペイン風(?)の建物,それらをパームツリー(?)が取り囲んでいるというのは,どちらのキャンパスにも共通しています。

しかし,今回はあまり天気に恵まれていません。パロアルト界隈は明るく,それでいて暑くなり過ぎない,気候最高の場所なのですが,今回は連日雨です。ベイエリア滞在日数はトータルで数ヶ月はあると思うのですが,昨日はその数ヶ月で経験したことのないくらいの立派な雨降りでした。

大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<系統誤差無し? | HOME | Stanfordにて>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |