FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

世代間格差

国家公務員の給料の大幅削減に続いて,新規採用を大幅削減。私も国家公務員みたいなものなので,自分の処遇については書かないようにしていましたが,あまりにも酷いので書いちゃいます。狂ってます民主党。

少なくとも私が購読している新聞には繰り返し記事になっていますが,日本の国家財政が赤字だからといって公務員の給料を減らすのはナンセンスです。財政黒字にしたら給料が増えるのでしょうか。公務員が真面目に仕事をしたら,アウトプットを2倍にしたら国家財政が黒字化するのですか。そんなわけありません。財政を健全化するには,赤字財政の元凶である医療制度と年金制度を改革して,今の財源でやっていけるだけのサービスに落とすか,逆に税金をもっと大幅に増やさなければなりません。公務員の仕事っぷりとは独立事象で,それは営利企業と違うのであまりにも当たり前の話です。

復興財源に充てるということ自体には,私個人としてはそれもアリかなと思います。でもそれだったら,公務員だけでなく,世の中全ての人の所得税を上げるなどして財源に充てるべきで,公務員”だけ”というロジックは理解不能です。

世の中の公務員でない人が公務員をバッシングするのは,公務員の仕事っぷりのわりに給料が高いと思われてるからですよね。これに関しては,給料の貰い過ぎかどうかは別として,公務員は世襲制ではないし,職業選択の自由も日本では保証されていますから,そう思うなら公務員になればいいのに,と思うのがまず第一感。普通の企業と違って単に試験だけでエリート官僚にだってなれるわけですから,いたって公平なシステムです。でもって,公務員が給料貰い過ぎかどうかというポイントですが,確かにそう言われても仕方のない人も多くいると感じます。頑張り度と給料の線形性を高めてもらいたいと強く願っているは,公務員以外ではなく,公務員自身で頑張って仕事をしてる人なのではないでしょうか。そういう意味で,非常に腐ったシステムになってるは間違いなく,改革が必要だと強く思います。でも,この問題によって,国家公務員”全員”の給料を減らすというのは,これまた論理不在です。

ところで,仕事っぷりのわりに給料が高いというのは,ダメダメ公務員以外の職種にもあります。参入障壁の高い業種,寡占化されている業種というのは,割の良い職種だと常々思っています。四季報でも見てもらえばわかりますが,資産のわりに利益が少ない業種というのが存在します。これは資産が少ないのではなく,とてつもなく大きな資産がないとそういう会社が成立しない,つまり,参入障壁がとてつもなく高いのです。で,そういう業種に就いている人というのは,世間でいうところの高給取りの職業です。公務員は,この延長の極限にいるわけです。警察業なんて民間ではありません。参入障壁∞です。仕事っぷりと給料の線形性を持たせるには,参入障壁を(公務員に限らず)下げることがキーポイントのようです。

それはさておき,って,前置きがとてつもなく長くなりましたが,新規採用公務員数を減らすってどういうことですか。世界でも類を見ないくらいすでに公務員数少ないのにこれからさらに減らすって正気ですか。さらに,減らすのが,天下りするようなじじぃじゃなくて,新規採用って,マジで頭大丈夫なんでしょうか。問題なのって,働いてないのに金貰う人なんですよね。窓際も何とかして欲しいですが,公務員バッシングをしてる人が一番頭に来てるのって働いてもいないのに天下る人なのではないのですか。その人たちは減らさず,実働部隊となるべき若い人を減らすって,狂っています。

今回の件に限らず,日本の格差社会,不公平の源って,公務員vsそれ以外ではなく,年寄りvs現役世代のはずです。現役世代の一人当たりの受益負担は8000万円,非現役世代は4000万円の受益超過。その差なんと1億2000万円。生まれた時代が違うだけで,何もしてなくても1億2000万円も差があるのですよ。この世代間での不公平,これこそが日本の一番の不公平で,バッシングされるべき対立の構図のはず。しかも,若い世代を虐めるのが趣味の非現役世代のエール(投票)をもとに,政治家はさらに格差拡大へ向かってまっしぐら。もはやイジメなんていうレベルではなく,リンチです。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<格闘中 | HOME | Daya Bayでのθ_{13}測定>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |