FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

激怒,車の運転編

昨日,所用で車の運転をしていたときの話。

私は2つ先の交差点で右折するという状況。今はその手前の交差点で信号待ち。信号待ちしている交差点というのは,右側が右折レーン,左側が直進or左折という非常にスタンダードな交差点。まあ,普通に信号が青になって発進,次の右折に備えて右レーンに入ろうとします。私の直前に待っていた車も当たり前と言えば当たり前ですが,同様の動き。ところが,私の横の右折"専用”レーンで待っていた車がクラクションを鳴らしながら直進。こちらが交通ルールを守っているのですから,私は当然クラクションを鳴らされたくらいではビビりません。結局その車は私の車の後ろに入ったのですが,引き続きクラクションとパッシング。しかも身振りで私を挑発してきます。

私は激怒。ルールを守らん人間にこんな挑発行為をされて黙っているわけにはいきません。現行犯なら私人逮捕可能ということも頭をよぎり,捕まえて警察に連れて行こうくらいの勢いで車を止めました。その車は私の直後にいますから,当然その車も停車。車を降りて後ろの車の運転手のところにダッシュ。が,しかーし,自分で挑発しておきながらその運転手は車から降りてこないんですよ。鍵をかけ,窓も閉め,車の中から携帯で私の撮影を始めます。「出てこい,警察行くぞ」と窓を叩いても,ドアを叩いても一向に出てきません。

なんなんでしょうか。交通ルールを破った上にクラクション,パッシング,身振り手振りで人を挑発。自分から人を怒らせるように仕向けておきながら,車の中に閉じこもり。怒りの矛先を失った私は,その後もずーーーーっと怒りが収まらず,夢でうなされるほど精神上の健康を害されてしまいました。

あー,腹が立つ。

ちなみに,先週も,車の運転中に,一通を逆走してくる車に2台連続で出くわして驚いたところでした。別に交通ルールを神格化してそれを必ず守れなんて言うつもりは全くありませんが,道路上を一人で走っているわけではないのですから,最低のルールを守れない人間に車の運転を許可するべきではありません。って,ここで私が吠えても交通マナーが改善されるわけではなし,やり場のない怒りが収まりません。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<吠える(拍手数を見て) | HOME | とりとめのない話>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |