FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

SLACへの移動 その1

サンフランシスコ近郊、スタンフォード大学線形加速器センター(SLAC)という所へ出張でやってきました。以下はその旅の途中、成田空港で書いた物です。

いつもは関空を使うのですが、今回は成田経由になりました。関空ではただのホットスポットが色んな所にあるのですが、成田では有料の無線LANしか見つかりません。私が成田空港に詳しくないから見つけられないだけで、どっかにただのホットスポットあるのでしょうか?

そういうわけで、わざわざ有料のネットワークを使う必要もないと思い、出発までのあと1時間半はネットワークなしで過ごすつもりです。

ネットワークはさておき、アメリカへ行くのは久しぶりです。アメリカから日本へ引っ越して来たのが約2年前で、それ以来アメリカへは行っていません。しかも住んでいたのはシカゴ近郊で、今回出張のスタンフォードへ行くのは10年ぶりくらいでしょうか。スタンフォード近くのバークレーへは5年くらい前に行きましたが、それでもかなり前の話ですね。気分的には初めての土地へ行くみたいです。

今回の出張まず第一の難関は、別の便で行く人と空港で待ち合わせをしていることです。到着時間は近いのですが、別の航空会社で、到着ゲートも違います。さらに2人ともサンフランシスコ空港に詳しくありません。そして何より、文明人ではない私は携帯電話を持っていません(日本でも、海外でも、過去も現在も)。そんな私と待ち合わせをする人はもれなくスリルを味わうことができます。いや、今回待ち合わせをする人は別にスリルを味わいたかったわけではありませんけどね。ははは。

…さて、この待ち合わせがどうなることか。


日常 | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<SLACへの移動 その2 | HOME | 芋煮会>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

海外に長期滞在することのメリットの一つとして当地の語学力が身につくことがありますが、高校生という年齢なら十分な語学力を身につけることができます。16歳から一年間留学した知人の話ですが、始めはコミュニケーションをとるのもやっとの状態から、半年後には会話はま... …
2008-12-29 Mon 07:10 高校生からの海外留学
| HOME |