FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

恐るべし飲み仲間

先週金曜日は,前回書いたようにKEK出張でした。その日はもう帰れないのでつくばで一泊。飲み仲間の友人と飲みに出かけました。友人Nと待ち合わせ,まずは2人で20時半頃一軒目の店に入りました。その後友人Mが後から合流,どの店にしたか電話連絡する予定でした。私が携帯を持ってないのは周知の事実。ですので,NがMに連絡する予定でした。

ところが,Nが携帯を家に忘れてしまったのです。Nの動揺する姿を見たことなかったのですが,その時は珍しく激しく動揺し,その姿を見ることができた私は貴重な体験をしたなぁ,なんて暢気なことを考えていました。その一方で,Nは連絡を取ろうと色々と考えます。電話は使えないけどメールは送れる端末を持っていたので,メールを送ったり,と手を尽くします。でも連絡は取れず,最初に注文した食べ物が全部出てきたらそれをたいらげ,Nの家に携帯を取りに戻ろうということになりました。

しかし,ここでサプライズ。21時過ぎにMが店に現れたのです。電話連絡なし,メールも読んでいないのに,です。いやー,驚きました。彼から電話しても連絡がつかないので,どこで飲んでるか想像してここに来たと言うのです。本当に,感激,感動(?)しました。しかも驚くのは,その店に狙いを付けた理由です。きっとどこかで2人で飲んでるだろうから(この辺からしてすでに我々飲み仲間ではの推論です。何かトラブルがあったんだろうなんて考えないのですね。連絡忘れて飲んでるだろう,くらいに思うのです。)店を探そうとまず考えたそうです。で,驚くのはその先。店を選ぶ思考順序が,Nと私がその店を選んだ思考と完全に一致しているのです。この店とこの店はなくはないが,可能性としては高くない。この店とこの店は却下。ここら辺は2軒目以降なので,残りはここかここ。というように,店選びのためにNと私が考えたことをその場にいないMが完全に再現したのです。

本当に驚きましたよ。以心伝心というか,飲んべえの思考回路の単純さというか,こと酒に関してはお互いのことを知り尽くしているというか,バカというか,感激の対面でした。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<マルチタスク | HOME | 慌ただしいKEK出張>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |