FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

ラストスパートな人々

大学の1月2月は,卒業研究,修論,そして博士論文の提出時期に追われるラストスパートの時期です。学生さんは数年に1回の稀な出来事ですが,私たち教員にとっては毎年の恒例の行事・シーズンです。私たちの研究室には,卒業研究を行っている4年生が4人,修論を書いてる学生が2人,博士論文を書いている学生が1人います。

宇宙線中のミューオンを使って磁気モーメントを測定しようとしている4年生たちは,私が12月に不在がちであまり面倒をみていなかったにもかかわらず,実験のセットアップを完成させ,あとはデータを大量に取得するだけという段階に漕ぎ着けています。統計はまだまだですが,ミューオンの寿命がそこそこ綺麗に見えています。ただし問題は,統計。磁気モーメントまで測ろうとするとかなりの統計量が必要なので,卒業研究の発表会までにどれくらいの統計を貯められるかがまずは最初の関門です。と,ここで嫌な問題が一つ発生しています。今年もまたクレートコントローラが故障したそうで,予備で今は走っていますが,一昨年みたいに次々に壊れるとピンチです。

修士課程,博士課程の学生は論文執筆のまさにラストスパートです。体力と根性勝負の時期と言っていいかもしれません。とにかく頑張ってください。そんな学生さんに,卒業生のUくんからお菓子と栄養ドリンクの差し入れ。どうもありがとう。

大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<物理以外で | HOME | まだ関門>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |