FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

ヒッグス記者会見

T大で行われたヒッグス探索関連の記者会見から今ホテルに戻ってきました。にもかかわらず,1時間後の始発で羽田に向かい,朝イチに大学で行われる研究会で発表をしなければなりません。ベッドに倒れ込んだらアウトです。あと30分ちょい意識を失わずに電車に乗るべく頑張っているところです。

って,そんなことはどうでもいいですが,記者会見。初めてのことで非常に良い経験になりました。私なんかは,枯れ木も山のなんとか,なので大したことは全くやっていませんが,それでも色々と勉強になりました。マスコミの人々との対応,文科省からのプレッシャー等々,私のような下っ端とは縁遠い世界があることがわかりました。

肝心の発表内容は,CERNで行われたセミナーを元にしていたのですが,なんというか微妙な結果です。今フラフラなので間違ったことを書かないように数字は書きませんが,発見と言うには統計的な有意さが足りないけど,信号っぽいものが見えてるじゃん,という本当に灰色な結果です。研究者自身もどう判断してよいのか迷う結果です。でも,灰色があるのが科学なんだということを一般の方にはわかって欲しいと常々思っているので,そういう意味では教育的な結果かもしれません。

ただ,研究をやっている側の人間としてはencouragingな結果で,ますますやる気が出てくる,そういう楽しみのある結果でした。

詳しいことはまたそのうち書きます。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<宣伝 | HOME | メンバー近況>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |