FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

SVX4

今朝の研究室ミーティングでは,文献紹介/研究発表が私の担当で,SVX4というシリコンストリップ検出器の信号読み出し用のASCIの話をしました。

SVX4というのは,Tevatronの幻のRun2bでCDFとDzero双方がシリコン検出器アップグレードの際に使うべく開発したASICです。ところが,Run2b計画はご破算となり,Tevatronでは結局DzeroだけがLayer0という小さなシリコン検出器のために200個程度のチップを使うにとどまりました。ちなみに,Layer0というのは,すでに存在しているシリコン検出器の最内層に加えるレイヤーという意味で,Layer0という名前がついた検出器です。私はDzero時代にこのLayer0開発にかなり力を注ぎました。Fermilabを離れる際には仲間たちがプレゼントとしてLayer0の大きな写真を額に入れて送ってくれたくらいです。その写真は今も私の目の前に飾ってあります。おっと,脱線しましたが,そういうわけで結局SVX4はTevatronでは多数使われず,その後,ブルックヘブンで行われているPhenixという実験のシリコン検出器アップグレードで大量に使われることとなりました。

なんでまた突然SVX4の話をしたかというと,SVX4を使ってシリコンセンサー試験のための参照用検出器(テレスコープ)を作れないかと最近画策しているからです。シリコンセンサーの検出効率をマッピングしようと思うと,入射粒子の位置を精度よく測定しなければなりません。その入射位置の測定用検出器のことを上記のテレスコープと呼びます。そのテレスコープ用のシリコンセンサーからの信号読み出しにSVX4を使えないか調べ,使えるとしたらどのような読み出しボードが必要なのかを調べるために,これまた昔Fermilabにいた頃に自分で行ったSVX4の試験やら,その後同僚がまとめてくれたマニュアルやらテスト結果を最近復習していたので,その内容を一石二鳥とばかりに研究室ミーティングで発表したというわけです。

チップの中身については書きませんが,その名の通りSVXシリーズの第4世代ということで,実験現場で培われたノウハウがふんだんに詰め込まれた成熟したチップと言えます。チップの設計者であるエンジニアに振り回されるのではなく,実験をやっている物理屋の意見が多く取り入れられています。ほぼ10年前の研究内容だったので大部分を忘れていましたが,勉強し直すと,改めてよくできてるなぁと感心する部分が非常に多かったです。その私の感動を研究室のメンバーにも多少シェアしてもらえたようなので,それもまたよかったです。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<自転車の歩道通行 | HOME | 芋煮会>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |