FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

不正使用に関する自己申告

タイトル通りなのですが,研究費の不正使用に関する自己申告書なるものを昨日書いて事務に提出しました。研究費をどっかにプールしてますか,不正に使ってませんか,的な質問にイエスかノーで答えるというものなのですが…道行く人にあなたは泥棒ですかと尋ね続けると,はいと答える泥棒業の人がいるのでしょうか?

この類いの大学が組織あるいは事務を守るために実施している調査というのはたくさんあります。何か問題があった場合に,組織としてはこういう対応を取っていた,とうことを誰か(文科省?外部調査委員会?国大協?)に主張するためのものなので,実施の仕方が非常に嫌らしいです。何らかの安全確認の調査があったとします。でもそれは,調査を実施している主体が調査するのではなく,必ず各研究室の誰かが責任を持って調査しました,というスタイルなのです。安全のことを慮って実施しているのではなく,責任逃れするためですという強い(?)意志を感じる調査なわけです。ただ,嫌らしいとはいえ,安全に対して責任を持つ専門部署がないので,そういうやり方になってしまうのは仕方ないとも考えられます。各自が何事にも責任を持ちなさいという高い理想を押し付けるわけですね。そういうわけで,責任逃れのための調査が山ほどあります。

ただ,私が理解不能なのは,何か問題があった場合,こういう責任逃れの調査をしたことが本当に組織を守るために役立つものなのか,ということです。私が外部委員だったとしたら,実効力がなく責任の所在も明確でなく,さらには多大なリソースの無駄遣いということで,評価できる調査は多くありません。確かに少しは役立つかなと思うものもありますが,効果ゼロで時間だけ取られるというものが結構あります。

その最たるものが,冒頭の不正使用自己申告書です。こういうものを書かせて,不正防止に役立ったという定量的な証拠でもあるのでしょうか。私の中学時代の友人たちはみな潔い(?)ヤツばかりだったので,車の運転免許の筆記試験の前の適性検査というもので次々と落とされました。見通しのよい直線道路にある交差点の信号にさしかかったとします。夜中で交通は全くありません。見通しが良いので他の車がいないことを確認して信号無視しますか?的な質問に,正直に無視すると答える友達が多かったのです。こういう潔い友人たちと違って,大学で研究費をちょろまかしているようなヤツは,間違いなく卑怯極まりない上に,確信犯です(と勝手に断言)。自己申告書に私の友人たちのように正直に答える人がいるとは思えません。

と,長々と書いてますが,こんなこと書かずとも普通誰でも役に立つとは考えませんよね。さらに,この申告書は処理するのにはそれほど時間かかりませんが,それでも,封を切って中身を読んで,2,3の質問に答え,署名して,封筒に入れて糊付けして返信。という行為だけで数分は時間かかります。一声5分必要だったとすると,これを大学内の全スタッフが行ったら延べ時間で15,000分ほど必要です(今調べましたが私たちの大学の教員数は約3000人のようです)。さらに,この申告書に答えるのは教員だけでも,処理するには多くの職員が間に入っています。その莫大な時間に,教職員の平均の時給がいくらかは知りませんが,まあ常識的な時給を掛けるとかなりの金額になります。小さな研究費が一つすっとぶくらいはかかるのではないでしょうか。

研究費の不正を抑えるための効果があるとは思えないアンケートを実施するコストが,小さな研究費くらい…。やっぱり謎です。誰がやろうと言うのか,やらせるのか。

この調査に答えた昨日,偶然にも,医学部元教授の驚くほど多額の不正に関する記事が新聞に載っていました。前にも何度かこのブログでも書いたことのある事件ですが,大学が詐欺罪で告訴していて,それを受けて検察が起訴することにしたとかなんとか(違ったかな。。)。ホントにもう迷惑な話です。というか,医学部だけもっともっと厳しく会計を調査しろと言いたいです。

大学 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<今年の卒業研究 | HOME | 記念日>>

この記事のコメント

この調書私の所にも届きました。
しばらく放置していたらご丁寧に催促頂いたので提出しました。
と言うことは、きっと、上(文科省?)からの通達なのでしょう。
2011-10-20 Thu 17:50 | URL | 中村@Belle [ 編集]
うちの大学でも提出しました。
2011-10-26 Wed 12:24 | URL | なかの [ 編集]
中村@Belleさん,なかのさん,

とすると,やはり文科省の指導なんでしょうか。
役人というのは,いかに行動すればどう転んでも自分たちが
責任を取らないですむか,どうやって言質を取るか,ばかりを
考えているものですね。まあ,実験屋にもそういう人はたまに
いますけど。

2011-10-27 Thu 08:53 | URL | ExtraDimension [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |