FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

大学説明会

私たちの大学は,今日,大学説明会でした。最近は,オープンキャンパスと呼ぶようになり,多くの大学で大々的に行っています。

同じような感じで大学の施設を公開する日は文化祭などのときにもありますが,高校生をターゲットに絞っているというのは,他のオープンキャンパスとは趣を異にしているところでしょうか。昨日のエントリーで書いたように,私は研究室の紹介を一手に引き受けていたので,全体としてどれくらい賑わっていたのかわかりませんが,自分たちの研究室に来てくれた高校生の数から察するに,相当数の高校生が見学に来ていたのではないかと思います。

しかし,一人で午前中一杯,全ての見学者に対応するのは正直しんどかったです。見学に来る高校生は好き勝手な時間にバラバラとやって来るので,1回15分から20分くらいの短い講演を2時間半近く延々と繰り返しました。1回あたり一声10人以上は集まっていたと思うので,100人には届いていないと思いますが,それでもこういう催しとしてはかなり盛況だったと思います。ただ少し残念だったのは,研究室にいる人の数が非常に少なかったことです。Y教授をはじめKaonグループのスタッフは全員出張。ATLASグループの学生たちの多くも出張。その他諸々あって,研究室紹介のときに研究室にいたのは,私を手伝ってくれた学生はMさんとEくんだけで非常に寂しい研究室でした。

午後は,研究室紹介から全く休む間もなく模擬授業。一般向け,あるいは高校生向けによくやっているLHCというか,ATLASというか,素粒子物理学一般というか,まあ,そんな内容の話を1時間ほどしました。教室の広さの都合から整理券を配って対応しましたが,整理券を貰えない人の立ち見までいて,こちらもまた盛況でよかったです。

いやー,しかし,研究室紹介から模擬授業まで,色々コミコミで約4時間ぶっ続けで喋り続けるというのは,体力的にかなり厳しいものがあります。大勢の学生さんたちを前に模擬授業では意識してテンションを上げて講義を行ったので,余計に体力を消耗したというのもあったのかもしれませんが…コンサートを終えた歌手のような(?)気分です。でもまあ,なんだかよくわかりませんが,登山の後のように(?)達成感があります。ははは。

大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<研究室に人がいない | HOME | ビームテストとPAC>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |