FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

科研費いろいろ

新聞等でも報道されているように,今年度の科研費は交付額の7割しか今のところ振り込まれていません。申請額ではなく,”交付決定”額の7割です。第3次補正予算で減額されるおそれがあるので,当面7割しか振り込まないのだそうです。

ということは,色々なソースから知っていましたが,紙ベースで数値が自分のところに送られてくると,振り込まれた金額の少なさに愕然としました。単に私がバカなだけなのですが,頭の中で数字を思い浮かべるよりも,目で数字を見たらほうがショックが大きかったです。ただ不幸中の幸いは,科研費をフルに使って人を雇っていなかったことです。一昨年までは自分の科研費をほぼ全額投入で研究員の雇用経費と出張費にあてていました。もしそういう状況だと,3割も減額されたら大変なことになります。そういう雇用問題は発生していないんでしょうかね。

一応,補正予算で減額される恐れがある,ということなので減額決定ではないわけですが,どうなるのか当たり前ですが非常に気になるところです。しかし,震災が大変なのはわかりますが,その痛みは公務員だけにかぶらせるつもりなんでしょうか。民間ではボーナスが上がったというニュースを聞きましたが,ボーナスが上がるどころか給料は減らされ(るんでしょうか?),研究費も突然ストップ。なかなかに素晴らしいガス抜きですね。

そんな暗いニュースに修士課程の学生の出張旅費が心配になり,KEKに助けを求めようとしていた矢先に,ATLAS日本グループ全体で出していた大型科研費が採択されたというニュースが飛び込んできました。EPSでそこそこ話題性のある結果を発表したタイミングと重なり,久々の嬉しいニュースです。採択されたという事実以外は,交付予定額も知らないのですが,とにかくまあめでたいことです。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<μ→eγの結果など | HOME | EPSのハイライト>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |