FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

日々,これなんだろ,と不思議に思うことが色々ありますが,たまに新聞で見る消費税だかの議論を読んでいつも不思議だなと思うのは,日本では消費税の税率が何でも同じという点です。米やパン,トイレットペーパーといった生活必需品と,バカ丸出しのブランド品,性能の10%くらいしか使っていない高級外国車等々の税率が同じというのは摩訶不思議です。

収入が少なければ支出を抑える。支出を抑えられないなら収入を増やす。というのが当たり前の原則だと私は考えているので,それを国に当て嵌めると,増税するか歳出を減らすかのどちらかを今の日本は選ばないとならない,と非常に単純に考えます。借金を踏み倒すのは許せません。たまに毒を吐いていますが,税収に比べて無茶な社会福祉をやっているのですからこれを減らすのは当然だと思うし,とてつもない借金があるのですから増税もやむを得ないと考えてしまいます。消費税を上げるのも仕方ないとは思うのですが,トイレットペーパーとベンツの税率が同じというのはやっぱり変だと感じてしまいます。

それから不思議なのは,相続税の税率の低さ。そもそも控除額が大きくて億近いウン千万円までいかないと税金ってかからないのですね。で,日本の平均では10%が税率なんだそうです。パンの税率と親だか祖父母からもらう金の税率がほぼ同じ。私なんて相続税100%でも全く困らない人間なので,常々相続税を100%にしたらいいのにと言っているのですが,そういう数字を真面目に調べると冗談抜きで相続税100%くらいにしろよ,とか思っていまいます。それこそ,富の再分配です。きっと,税金になってしまうくらいならと死ぬ前に使ってしまうでしょうから,景気刺激策にもなります。

そういえば,年収の分布ってlogを取ると正規分布になるとか。あ,いや,どういう形だったかはよく覚えていませんが,普通の給与所得者の分布っていうのは,ある関数形をもっているのだそうです。ところが,全ての人間の年収の分布をとると,日本の場合年収2000-3000万円くらいのところまではその関数形で,それより上はベキ分布になるのだそうです。つまり,年収2000万円というのは羨ましい限りですが,そこらへんまでは頑張って高給取りになった人たちなんですね。ところが,それより上は,そういうまっとうな方法ではない方法で金を稼いでいる人たちというわけです。で,そのベキ分布になってる人たちの人数と,相続税を払っている人の人数というのがほぼ同じなんだそうです。そう,つまり,資産家が普通の分布から乖離した年収を得ているということらしいのです。

資産家が年収も桁外れに高いってあまりに当たり前のことになってしまいますが,やはり,釈然としません。頑張って働いた人が金持ちになるのなら納得いきますが,親から金をもらった人でないと人並み外れた金持ちにはなれないということを言ってるのですから。やっぱり,相続税100%にすべきです。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<シフト中 | HOME | 役立っているもの>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |