FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

OIST

OISTってご存知でしょうか?いきなり言われてもピンと来ない方がほとんどだと思います。私もその一人でした。

沖縄科学技術基盤整備機構の略称で(あってるかな?),詳しいことは知りませんが,沖縄にでっかい研究所を作ろうという構想です。いえ,構想ではなくすでにできてます。政府だかお役人主導で作られたんだと思いますが,海外の偉い人を集めて国際的な研究所を作ろうということで,そこにいる人たちは海外の人が多く,公用語(?)も英語だそうです。今のところ素粒子物理関連,すくなくとも高エネルギー物理はまだやっていません。ただ,大学院大学も作られる予定で,そこの学長が元SLAC所長のDorfanなので,高エネルギー物理もやりたいなんて言い出すかもしれません。というか,まあ,言い出すんでしょうね。

その証拠に,私が今関わっている国際スクールの設立にもプレッシャーをかけてきました。どこから嗅ぎ付けてきたのか知りませんが,来年秋に日本で第1回を開催するならOISTでやらせろと,私を含め3,4人にメールを送ってきたのです。そもそもこの国際スクールは規模がかなり大きいのでその設立には色んな人のどろどろとした思惑が複雑に絡み合っています。私みたいな何の政治的思惑もない下っ端(Dorfanのメールが送られているのは,私を除けばCERNの所長とかそういうクラスのお偉いさんです)がなぜかそこで踊らされているわけですが,そこにさらにDorfanのような大物の政治的圧力が加わってきたというわけです。明らかに高エネルギー物理を始めるための宣伝です。

しかし,大人というか政治家というのは,私なんかがこれっぽちも考えてないことをいつも考えていて,その方向性は人によって好き嫌いがあるでしょうが,ある意味凄いなと思います。OISTなんてまだ大学院大学できてない段階で,デカいスクールをホストしたいと言ってきてるのです。常に宣伝のことを考えているんでしょうね。って,実はその立場だったら当たり前かもしれませんが。

まあそんなわけで,OISTが何かは置いておくとして,私の悩みの種がまた一つ増えています…。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<警備員に呼び止められる | HOME | カスタマーサポート?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |