FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

ここ数日の出来事

世間(というか私たち物理屋だけ?)がノーベル賞で盛り上がっているここ数日も、私の生活は、当たり前ですが普段と変わらないものでした。相変わらず授業の準備に追われていますが、すでに2回授業を行い、セメスターを通しての計画が大まかに出来てきたので、先月末の混沌とした状況よりは先を見通しながら淡々と準備をしています。やることが見えればあとはやるだけなのである意味気楽です。ただ、今年度は板書ではなくコンピューター+プロジェクターで授業をやることにしたので、その手間は例年の比ではなくなっています。これで来年度以降も同じ授業の担当ならいいのですが、もしそうではないと先行投資の大失敗です…。

ちなみに、授業を板書でやるかコンピューター+ブロジェクターでやるかは、色々意見の分かれるところです。私も相当迷って、今年度は実験的な意味も込めてコンピューターを使う事にしました。

研究に関しては、超対称性が存在した時の軽いヒッグスのシミュレーションをちょっと始めました。標準理論では電気的に中性なヒッグスが1種類予言されていますが、超対称性では最低5種類のヒッグスが必要になります。中性ヒッグス3種類、荷電ヒッグス2種類が最低存在するはずなのですが、一番軽い中性ヒッグスのシミュレーションを試しにやってみています。ただここで問題が…。

シミュレーションなので、ヒッグスの質量はinput parameterとしてユーザーである自分が勝手に入れるわけですが、生成されたシミュレーションを見ると、自分がinput parameter として入れた値とは違う質量のヒッグスが質量されてしまいます。いつもお世話になっている解析エキスパートのJTくんにアドバイスを求めメールで議論するも、今ひとつはっきりした結論が得られず、とりあえず対処療法的な対応をとることにしました。

とまあ、こんな感じで日々を過ごしています。


日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<降水確率 | HOME | 研究室>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |