FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

このサイト凄い

このサイト凄いです。新型コロナ感染者数や死者数を単位人口あたりで見せてくれます。しかも,自分が見たい国や都道府県を選べます。あ,注意書にあるので繰り返しておきますが,正確な数字が必要なときは元データをご参照ください,とのことです。札幌医科大学医学部 附属フロンティア医学研究所 ゲノム医科学部門に感謝します。寄附金を募っているようなので,払いたくなってしまいました。けど,寄附金を払っているのに,税金控除の手続きをしてないと言われ続けているので,ちょっと整理をしてからかな。

今朝の新聞コラムに,海外メディアが,PCR検査率が低いことや外出制限の強制力があまりないことを指して,日本のコロナウィルス対策は見当違いに見えるけどうまくいっていると言ってることを紹介,その後,感染者数や死者数が少ないのは日本人の生活習慣や,他人の目を気にして外出を控えた結果だろう,日本人の文化のおかげだ,というような記事があり,条件反射的に単位人口あたりの死者数を調べようとして,上記のサイトに当たりました。

単位人口あたり死亡者数
これは,上記のサイトを利用して,日本,中国,インド,韓国,シンガポール,イラン,イラク,イギリス,イタリア,スイス,ドイツ,フランスの結果を表示させました。世間で言われているように,東から南アジアの死亡者数はヨーロッパに比べて劇的,2桁近く少ないです。遺伝的なものか,気候なのか,ウイルスが進化変性していく過程の広がり具合なのか,なんなのかわかりませんが,アジアの国々はコロナ被害が小さいというのは常識かと思っていました。ってか,日本は少ないと思っていましたが,アジアの中では有意に少ないというわけではないですね。中国や韓国に比べて多いのは知っていましたが,インドやシンガポールよりも多いです。それなのに,欧米よりも死亡者数が少ない理由を日本人の生活様式や,さらには文化に持っていきますかね。。まあ,文化は人々の行動様式の元になる部分なのであらゆる活動の原因となっているのは間違いありませんが,そういうロジックだとあらゆることが文化のせい,の一言で終わってしまいます。

記事の中で言及されていたので付け加えると,PCR検査も現状のefficiencyとfake rateでは,大規模検査は医療崩壊を招く弊害,実際には感染してる人が感染してないという結果が出たことで隔離できない弊害,それらを考慮してスクリーニングした後で検査を受けるほうが効果的だということをいい加減理解していただきたい。取材を受けたお医者さんとかが教えてあげていないのか。だーれも教えていないということはないと思うのですが,こう書きたい(=政府や役所の体制を批判するという前提)という結論ありきで話を聞いているので,何を説明しても無駄なんですかね。

ちなみに,上のグラフでは私が強いバイアスをかけて国を選んで,アジアと西欧の比較をしました。でも,上記のサイトで国を選んで比較してみると,色々と興味深いことがわかります。アメリカ大陸は見ていないのですが,地理的に西欧から離れれば離れるほど死亡者数が減っています。オーストラリアやニュージーランドも少ないし,アジアでも西欧に近づくほどなんとなくですが徐々に死亡者数が増えています。結局,人の流れとその国の医療レベルなのかとぼんやり思ってしまいます。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

黒川杯テンピン麻雀大会

最近一番感心した,笑える企画でしたが,人がホントに集まったのですね。

前回のエントリーで,めだいたいことがあってもみんなで酒を飲みに行けないことを気にしていると書きましたが,どうも,同じ懸念事項がもう1つ増えそうです。めでたいことがありそうなので,よいニュースではありますが,社会の雰囲気がまだイマイチです。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

めでたい話

この春にD論を終え,職探しをしていたHくんの就職が決まりました。めでたいです。この春,ATLAS KEKグループに加わった人たちの歓迎会をまだやっていないことが,最近の私の最大の懸念だったのですが,Hくんのお祝いをやりに行けてないことも,懸念事項に加わりました。でも,嬉しい懸念となりよかったです。おめでとう。

もう一つ,今朝新聞を見たら知ってる人の顔写真付きの記事がありました。どんな悪いことをして捕まったのかと思ったら,賞を受賞していました。Iさん,おめでとうございます。新型コロナそのものならまだしも,自粛警察とかギスギスした社会に向かって真っしぐらに進んでいることを思わせる鬱々としたニュースが多い中で,知ってる人にこういう明るいニュースがあると嬉しいもんです。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |

激しく紙ベース

某理事は,常々KEKのことを「CERN,Fermilabと並ぶ世界三大素粒子研究拠点」と宣伝せよと言ってます。三大なんちゃらが好きなのは日本人特有の概念だそうで,周囲のインテリの人たちにその概念についての蘊蓄を語ってもらったことがありますが,今書こうとしているのは日本人が「3」という数字にこだわりがあるかということではありません。

世界三大拠点(?)の一つなのに,KEKの計算機の管理が恐ろしいまでに紙ベースで多くの人が悲鳴をあげています。しかも,単に紙ベースなのは構わないのですが,あらゆるシステムが独立に紙ベースです。
- 中央計算機
- メール
- VPN
- 無線LAN
- Vidyo
- webシステム(恐ろしいことに,サイトごとに申請が必要)
- アジェンダシステム
- wiki(これもどうやら各々のスペースごとの申請が必要らしい)
すぐに思いつくだけでこれくらいあります。

さらに泣きたくなるのは,それぞれの申請に自分の自筆署名+管理者の署名が必要,かつ,申請が受け付けられた後にパスワードが送られてくるわけですが,それがまた紙。今は在宅勤務なのでメールでの受付が可能みたいですが,当初は,そうなっていたのかどうか下々は知らなかったため,在宅勤務をしたくても,申請をするために出勤(誰かのサインも必要),でもってアカウントができたかどうかを確認するために出勤(アカウントができたお知らせメールすらないので,所内便が来てるかどうかを確認しなければならない),という恐ろしく不条理な行動をしなければならない人が数多くいました。

webやらテレビ会議システムは大学の人も使うのですから,膨大な申請が必要です。たとえばATLAS日本グループだと100人オーダーの人が申請するわけですが,当初はそれ全ての申請書に私がサインをしなければならない,という恐ろしい障壁がありました。この点については,Hさんという人が担当部署と交渉をしてくれて,個々の申請に対してサインは不要,全体に対して一筆書くという特例措置を認めてもらいました(Hさん,ありがとうございます)。しかし,アカウントができあがると,パスワードの記された紙の束が私のところに届きますので,それを私がそれを大学の人に配らなければなりませんでした。パスワードの紙を郵送するのは微妙なので,研究会のときなどに手渡しするということをやったのですが,なかなかに辛い作業でした。

紙ベースの死守,アカウントを統合しない,この2点のうち,どちらか1つでいいから譲歩してもらえればユーザーの利便性は飛躍的に高くなりますので(もちろん,紙ベースではない統合アカウントが一番ですが),各方面から非常に多くの強い要望が出ていると思うのですが,いつになったらこの不便さから解放されるのか。。今回の在宅勤務で少し突破口が開けたようにも思うのですが,新型コロナ騒ぎが収束したらその先どうなるのか,興味深いところです。しかし,IT Division が紙大好きというのはなかなか面白い話です。安全度が高いと言えば高いのでしょうけど。。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |

のんびりしちゃいました

前回のエントリーで「今年のゴールデンウィークはのんびるするぞ」と書きましたが,まさにその通りになり,2日から6日まで本当に何もしない日々でした。ずーっと家にいてどこにも行かず,外出といえば買い物,あるいは子供と一緒に近所でチャリを乗り回すくらいでした。

今年のゴールデンウィークは何にもしなかったね,なんていう話を家族にしたところ,去年は何をしたっけという話になり...。よく考えると去年はゴールデンウィーク直前に自分が手術を受けて入院したので,すぐには退院したもののゴールデンウィーク中はまだ痛くて動けなかったので今年以上に何もせず,ただひたすら家でゴロゴロしていました。世間の動きとは無関係に,我が家のゴールデンウィークは巣ごもりのようです。というか,真面目な話,うちは私自身もカミさんも人混みが嫌いなので,ゴールデンウィークのように混む時期は外出をいつも控えています。なので,巣篭もりはある意味必然だったりします。

しかし,世間がこんなことになっていなければ,今週末は多摩六都科学館でまたプラネタリウム企画の予定でした。でもって,来週は毎年のお楽しみの春の学校のはずだったのですが... なんとか宣言が解除される県が出てくるらしいですが,さて,世間の自粛プレッシャーはいつまで続くのか。。とほほ。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

在宅勤務

在宅勤務が認められてから,KEKのATLASグループメンバーは私も含め在宅勤務を強く推奨実施しています。その在宅勤務第1週目は,年度変わりに伴う書類仕事がひと段落して,テストビームラインのことなどを勉強しつつ珍しく物理屋らしく過ごせたのですが,先週と今週はなんでそうなったのか謎ですが,とにかく忙しい2週間でした。せっかく物理屋に戻ったと思ったのに,一瞬で日常に戻ってしまいました。でも,明日からは5連休。のんびりと家族と過ごしたいと思っています。

ところで,3週間の在宅勤務で気づいたのは,仕事をするには良い椅子が欠かせないということ。ソファに座ってリラックスしちゃうとやる気が全然起きなくなるので,椅子に座って机に向かって仕事をしているのですが,オフィスで使っている椅子と違って長時間座りっぱなしだと尻と腰が辛く,集中力を落とす原因の一つになっています。あと,服装も,リラックスした家着,ジャージだと,なぜかやる気が起きないので,毎朝いつもKEKに行くときに来ているような服に着替えています。って,私の普段着はジャージと大して変わらないような気もするのですが,そのわずかの違いで集中力が変わるのは面白いものです。

さて,この在宅勤務,いつまで続くことになるのか。緊急事態宣言はまだ伸びそうなのでゴールデンウィーク明けもしばらくは在宅勤務になりそうです。ちなみに,CERNでは,新型コロナ対応を3段階で定義していて,今は,一番深刻なstage 1。ユーザーはCERNに入れないシャットダウン状態で,安全業務に関わるなど,特別な人以外は入構できません。この状態が確か3月半ばから続いていたのですが,スイスとフランスが落ち着きつつあることを受けて,5月半ばにはstage 2に戻すことを目指しています。ただ,stage 2でも誰もが入構できるわけではなく,私のような一般ユーザーが様々なコロナ対策をした上で入構できるようになるstage 3はまだまだ先で,9月中旬以降だと想定しています。一刻も早く,自由な研究活動をやれるようになりたいですが,まだしばらくは我慢が続きそうです。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |