FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

ピンチをチャンスに

CERNのスタッフとユーザー全員に流れるメーリングリストに流れていた今日のメールの内容には,色々と考えさせられました。内容を一言で言うと,新型コロナ対策としてCERNが社会に対して貢献したい,そのためのチームを作るので,何か良いアイデアがないかを募集する,というものです。

私のような石頭は,世間の流れについていくのでさえ難しくて,世の中から批判されないような対応策を考えるだけで精一杯なのに,CERNでは,ピンチをチャンスに変えようとしているのです。もちろん,社会に対して貢献したいという偉い道徳心もモチベーションになっていますが,こういう時だからこそ,インターネットをフルに使う仕事のスタイルなど,CERNの培った技術と経験を世間で役立ててもらい,CERNの凄さを宣伝して,CERNに対する評価を上げよう,という一石二鳥的な考えも見え隠れしていて,その強かさに舌を巻きます。

同時に感じるのは,組織全体が余裕を持っているんですよね。日本の組織は,会社のことは自分は属したことがないのでわかりませんが,学校も役所も研究所も公的機関の多くは,もう能力いっぱいいっぱいの状態で通常営業をしているため,想定外の事態に対応するだけの余裕を持っているところなんてほとんどないのではないでしょうか。身近な例だと,KEKの加速器の運転計画とCERNのそれでは大きな違いがあります。LHCだと瞬間ルミノシティにしても,積分ルミノシティにしても,通常はそれなりの余裕を持った状態で走っています。頑張ればもっと頑張れるんだけど,機械も人間もそこまで無理はせず,将来のさらなる改良のための時間を取るなどして,比較的リラックスした状態で運転します。一方,KEKでは,機械のことは直接携わっているわけではないのでコメントを控えますが,横から見ている限り,人間も予算ももう限界いっぱいまで頑張っているように見えます。さらに,自分が直接関係するATLAS日本グループの計画にしても,人,予算ともに外国に比べたら無理に無理を重ねてやっと生き延びている,という感覚です。ピンチをチャンスに変えるポジティブ思想を持っていても,それを実行するだけの時間も予算も人も全くありません。

日本人はいつまでインパール作戦なんですかね。と言いつつ,計画を決める立場に自分もそろそろ来ているので,自分自身で変えていかないとならないのかもしれません。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

異動の時期

年度末を迎え,異動の時期ですね。4月から新天地に異動する人々は,今頃引っ越しで忙しいことでしょう。頑張ってください。また,研究者には組織内での部署の異動というのはありませんが,事務方の人々にとっては部署異動の季節でもあります。KEK内でも文科省内でも異動人事が公表されつつあります。お世話になった人々には感謝の気持ちでいっぱいです。

一方で,研究者にも定年退職はありますので,そういう意味での異動はあります。また,定年後も延長雇用される方々もいて,そういう人たちは部署はほとんど変わらなくても,オフィスの移動はあります。新しく入る人のために部屋は早く空けてもらわないとなりませんので,出ていく人に催促するという嫌な役回りも私の職務の一つです。KEKに私が異動してきてから,何人かの人にこの催促をしてきたのですが,人によって対応が千差万別である意味興味深いです。実験物理屋として腕がいいなぁと思っていた人は,物を片付けたり移動させるのも非常に手際が良く,つい最近もある人の片付け具合を見ていて感心していました。こう書いているからには当然逆の人もいて,私の頭痛の種の一つとなっています。

以前いた人は,自分のごくわずかな私物以外は,ぜーんぶ一切合切なんにも片付けない,という飛び抜けた人もいました。書類,ゴミ,さらには処分に困る薬品類まで全部そのまま。何度も片付けてくれと言ったのですが,KEKの金で買ったものだから自分のものではない。ゴミも薬品もKEKのものだから我々が片付けろ,という屁理屈をこねられて,本当に往生しました。家まで行って捕まえてきて片付けさせることもできないので,結局泣き寝入り。辛い思い出の一つです。今回,そのデジャブにならないかと心配中。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |

春らしくなってきましたが

新型コロナ騒ぎでなんとなく気分が鬱々した毎日です。ですが,先々週と先週は日本の経済に少しでも貢献すべく飲みに行ったところ,いつも通りというか,思っていた以上に混んでいてなんとなく安心。この週末は,お彼岸だったこともあり,長らく行ってなかった実家に日帰り帰省。高速道路も含めて道がこれまた普通に混んでいて安心というか,イライラ。少しは空いているかという予想もあっての帰省だったのですが,全くアテが外れました。

しかし,1カ所だけいつもよりも圧倒的に空いているところがありました。病院です。薬をもらうために定期的に通院しているのですが,こんなの見たことないっていうくらいガラガラ。待ち時間ゼロでした。受付の人も「コロナ騒ぎで全然人が来ない。病院にはみんな来たくないですよね。」とのコメント。ずっこけました。病院っていつも混んでるイメージですが,予想はしていましたが,ほとんどの人は病院に行くほどの症状ではないのですね。。医療費の無駄遣い何とかして欲しいです。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

良いニュースの続いた先週

先週は,非常に良いニュースが2つありました。

1つ目は,KEKに対して要求していたテストビームライン建設の予算が措置されたことです。阪大からKEKに異動するにあたり,2つ大きな目標があって,1つはもちろんATLAS日本グループの活躍の継続で,もう一つがテストビームラインの実現でした。欲を言うと,J-PARCとPF-AR双方に,ハドロンと電子のテストビームラインが欲しいのですが,予算の都合上まずはPF-ARに建設する要求を出していました。過去何年間もHさんが予算要求しながらも実現する気配がなかったので,今回は私が要望を出しましたが,正直,予算がつくとは思っていませんでした。なので,予算化されるというニュースを聞いた時には本当に驚きました。同時に,これまで全く経験のなかった研究内容なので,プレッシャーが大きくかかっています。PF-ARは放射光の施設なので物構研の人々の理解と協力が必須ですし,建設にあたっては当然加速器の人々の協力がなければ何にも動きません。新たなビームラインですから放射線管理の人とも連携が必要です。未経験な上に,KEK内では顔が広くありませんから,誰と話をすればよいのか,というところからスタートしています。

2つ目は,プライベートなことなので詳しくは書きませんが,これまたテストビームラインと同じくらい嬉しいニュースでした。

ということで,先週の週末は普通のビールが異常に旨い週末でした。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

コロナ一色ですが

タイトルの通りで,ストレスがたまります。KEK内も対策に追われている人が続出しています。我々レベルでもかなりの面倒臭さなので,立場が上の人の苦労は想像に難くありません。CERNでも日々新たな方針が出されるので,それについていく,というか,その情報を取り込んで,ATLAS日本グループの人に最低限の周知を流さないとならないので,かなりの労力を費やしています。

一方で,この2ヶ月強は,KEK内の予算を巡る厳しい戦いが続いていましたが,ようやくそれが終息に近付きつつあります。予算のことなので詳細は書けませんが,今年に入ってからずっと主計課のお世話になって対策を考え続けてきたので,結果はともかく終わりが見えてきたことでようやく一息つけます。

そんな中でも幸いにも私の体調はここ最近全く問題ありません。先月は2回のCERN往復があったので,体力的にも厳しい月ではありましたが,大きく体調を崩すこともありませんでしたし,世間を騒がす風邪のような症状もありません。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |