FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

J-PARCハドロンホール近況

今日明日は,J-PARCのPACです。とはいえ,PACの委員でなくなったので私自身はPACへは出席しません。それでも,KOTOの結果の更新とか,J-PARC全体の動きとか,色々気になることがあるので,Indicoをちょっと眺めてみたところ,幾つかマイルストーン達成的なことがあったということを知りました。特にハドロンホール関係。

まずは,ターゲットの交換が無事終わったみたいです。大きな刷新です。これで,遅い取り出しの際のビーム強度をさらに上げることができるようになるはずです。

次にhigh-pラインと呼ばれる,主に原子核の人が実験に使うビームラインが完成して,今まさにコミッショニングを開始しようというそういうタイミング。原子核の人にとっては長らく待ち望んでいたビームラインで,いよいよ2020年からは物理の成果を出し始めることができるのですかね。他分野とはいえ,こういうマイルストーン達成を見るのは嬉しいものです。あ,運転時間が心配ではありますが。

日本中どこでも予算が厳しいのに提案されている研究計画が数多いため,それぞれの研究計画だけを見るとなかなか進んでいないように見えてしまうかもしれませんが,こうして眺めてみると,様々なプログラムがゆっくりではありますが,着々と進んでいることを感じます。KEK機構長の年頭の挨拶でも,ここ2年は雰囲気が若干上向いている感じがしましたし,各プロジェクトの状況も一時の最悪気を脱しつつあるのかな,という印象を受けます。

2020年度以降の計画ですが,J-PARCは主リングの電源交換の作業のために,2021年度はまるまるシャットダウン(スライドを眺めたところ,シャットダウン開始時期が少しだけ後ろに動きそうですが)。2022年度からは,電源交換の恩恵で,早い取り出しも遅い取り出しもより高いビーム強度で走れる予定。さらに,2023年度初めくらいには,COMETにもビームを出せそうとのこと。高エネルギーコミュニティが長ーーーい間待っていた幾つかの案件がようやく片付きそうです。楽観かもしれませんが,そうなるとよいなぁ,という私の願望です。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |