FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

公聴会終了

めでたいです。

昨日,HくんがD論公聴会を無事終えて,合格となりました。論文にはまだまだ修正更新して欲しい部分がたくさんありますが,とにかく一区切りです。本当にめでたい。

平日でしたが,何人かで祝杯をあげに行き,しこたま飲みました。今日は,本人は疲れもあって家で休んでいるようです。おめでとう。

大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |

J-PARCハドロンホール近況

今日明日は,J-PARCのPACです。とはいえ,PACの委員でなくなったので私自身はPACへは出席しません。それでも,KOTOの結果の更新とか,J-PARC全体の動きとか,色々気になることがあるので,Indicoをちょっと眺めてみたところ,幾つかマイルストーン達成的なことがあったということを知りました。特にハドロンホール関係。

まずは,ターゲットの交換が無事終わったみたいです。大きな刷新です。これで,遅い取り出しの際のビーム強度をさらに上げることができるようになるはずです。

次にhigh-pラインと呼ばれる,主に原子核の人が実験に使うビームラインが完成して,今まさにコミッショニングを開始しようというそういうタイミング。原子核の人にとっては長らく待ち望んでいたビームラインで,いよいよ2020年からは物理の成果を出し始めることができるのですかね。他分野とはいえ,こういうマイルストーン達成を見るのは嬉しいものです。あ,運転時間が心配ではありますが。

日本中どこでも予算が厳しいのに提案されている研究計画が数多いため,それぞれの研究計画だけを見るとなかなか進んでいないように見えてしまうかもしれませんが,こうして眺めてみると,様々なプログラムがゆっくりではありますが,着々と進んでいることを感じます。KEK機構長の年頭の挨拶でも,ここ2年は雰囲気が若干上向いている感じがしましたし,各プロジェクトの状況も一時の最悪気を脱しつつあるのかな,という印象を受けます。

2020年度以降の計画ですが,J-PARCは主リングの電源交換の作業のために,2021年度はまるまるシャットダウン(スライドを眺めたところ,シャットダウン開始時期が少しだけ後ろに動きそうですが)。2022年度からは,電源交換の恩恵で,早い取り出しも遅い取り出しもより高いビーム強度で走れる予定。さらに,2023年度初めくらいには,COMETにもビームを出せそうとのこと。高エネルギーコミュニティが長ーーーい間待っていた幾つかの案件がようやく片付きそうです。楽観かもしれませんが,そうなるとよいなぁ,という私の願望です。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |

慌ただしい年末年始

この年末年始は,非常に慌ただしく過ごしました。

直近最後のCERN出張から12月半ばに帰国し,その後,東京で研究会が2回あったために,年末は相当の忙しさになりました。通常CERNから帰ってくると事務仕事で数日手いっぱいになってしまうのですが,そこに研究会があり,かつ,12月末には役所から予算の内示があるので,その対応に追われます。年明け早々にKEK内での予算調整のための予算要求資料を提出しなくてはならない上に,私の場合は,概算要求というもので特別な経費を措置してもらっているので,それに対する対応もしなければなりません。要求額がそのまま来るなら必要ありませんが,当然そういうことはないので,関係者との調整がたくさん必要です。

加えて,それ以外の雑務も溜まっていたため,カレンダー通りに休んだふりをしていても,家,あるいはKEKにまで行ってかなり仕事をしました。事務の人とかには「年末年始はゆっくりできましたか?」と挨拶されるのですが,到底「はい」という状況ではなく,でも,そういう挨拶に対して忙しく仕事してましたというのも野暮ですから「まあ,ぼちぼち」と答えています。でもって,仕事始めの今週もまた東京出張が3回もあり,息つく暇もない忙しい週でした。

でも,ようやく溜まっていた仕事が終わりつつあり,今日もう一踏ん張りすれば,明日明後日の連休はそれなりにゆっくり休めそうです。というわけで,最後の一踏ん張り中の息抜きでした。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |