FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

成田から羽田

成田発着便がどんどん減ってますね。大多数の人にとっては羽田空港のほうが便利だし,羽田空港は夜間の発着ができますから,成田発着が羽田発着に移行していくのは,仕方ないといえば仕方ありません。が,つくばに住んでいる私にとっては,成田空港のほうが圧倒的にアクセスしやすいので,なんとも残念な気持ちです。成田空港としては,滑走路をガンガン増やして国際線のためのハブ空港化できなかったのが痛いですね。あと,個人的には,羽田空港の国際線ターミナルは保安検査場がいっつも混んでいる印象があって好きではありません。まあ,外国の空港ほど待たされるわけではないので,あくまで比較の問題ではありますが。

保安検査といえば,今回,CERNに来るときの経由地だったロンドンは大変でした。ヒースローの手荷物検査場ではいっつもイライラさせられる,ということを何度か書いているかと思いますが,今回もまたイライラしました。手荷物の中に液体あるいは怪しいものが入っていると中を開けて客と口頭で話をしながら一々確認するのですが,まあ,これはどこの空港でも同じです。今回,ある意味運が悪かったのは,私の何人か前のイタリア人家族(?)が無茶苦茶だったことです。家族全員のスーツケースの中に大量の液体があって,係員はそれら全てを何かの機会で確認するという作業をやってたため,私自身は金属探知機を問題なくクリアできたのですが,手荷物が一向に来ないのです。

日本の空港ではそうなってない気がしますが,外国の空港によくあるのは,手荷物検査のベルトコンベアの出口が2つに分かれています。乗客が自分の荷物をベルトコンベアに置くと,問題なければ乗客のほうに出てきて,問題があると中身を確認する係員のほうに出てきます。通常だったら,問題のある荷物が何個かあっても出口にバッファがあるので,問題のない荷物はすんなりと出てきます。ところが今回は,そのイタリア人家族の大量の荷物全てが問題のある荷物として仕分けられてしまい,分岐点まで彼らの荷物で溢れかえってしまい,その荷物が減らない限りはベルトコンベアが動かない状態になってしまったのです。

検査する係員が気を利かせて,イタリア人家族の荷物を脇に除けてくれればベルトコンベアは動きますが,当然,ヒースロー空港の係員はそんなことしてくれません。国際線をよく利用する方ならわかると思いますが,ダメダメ係員は誰が何を言っても言うことを聞かず,むしろ客と喧嘩になります。私もたまになるので,今回はもう諦めてひたすら荷物が出てくるのを待ちました。その時間約15分。驚きの長さでした。。どのベルトコンベアを選ぶかは,ヒースローの乗り継ぎではあまり選べなくて,係員にどこに行けと指示されるので今回もそれに従ったのですが,今回の場合は,並んだ時点ではまだ荷物が流れていたので,まさかそんな罠があるとは思ってもみませんでした。

しかし,外国の空港の手荷物検査だと,規定を超える液体を持ってると遠慮なしに捨てられることがよくありますが,どうもヒースローではそれをしてないみたいで,毎回流れが悪いのは,あまり物を捨てずに一々チェックしているからなのかもしれません。今までは,成田空港を使いたくてヘルシンキ経由を選んでいたのですが,これから成田発着がなくなると,ヘルシンキを選ぶ強い動機がなくなってしまうので,ますますヒースロー経由が増えてしまうかもしれません。

あ,ちなみに,ヘルシンキの手荷物検査および入国審査も時間がかかることが多いです。こちらはヒースローと違って係員の対応がタコ過ぎて遅いわけではなく,単に混み過ぎです。アジアからの便の中継地点として利用がどんどん増えているみたいで,中国人と思われる人で溢れかえっています。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |