FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

物理解析のミーティングにて思うこと

今週はまたCERNに来ています。そのついでと言ってはなんですが,ATLASグループの物理解析に関するワークショップをやってるので,それにも顔を出しています。この手のミーティングに出るのは久しぶりですが,私が普段出ているミーティングと違って,物理の話なので楽しいですし,気が楽です。

内容は,新しい解析手法を考えて測定精度や探索感度の向上をしましょう,というものです。ATLASはたくさん人がいて,物理解析に関しては人があふれているので,色々な話題があります。そんなこと言われなくても当たり前だよ,という発表もあれば,そんなこともできるんだ,と感心するアイデアもあります。でも,実際にはアイデアそのものが凄いわけじゃなく,大抵は,検出器の性能の向上のおかげ,あるいは加速器のおかげで高統計のデータが得られているおかげ,あるいは計算機の演算能力の劇的な向上のおかげ,のことが多くて,結局は,実験物理屋としては,物理解析にとってどういう要素が重要で,どういう技術革新が必要なのかを考えることが一番重要なんだよなぁ,という感想に至ります。学生や若いポスドクに口を酸っぱくして言ってることの再確認の連続です。

一昔前だったら,思いついても検出器的に無理と諦めてしまうことをできてしまってたり,できてるとまでは言えないまでもやれそう,というテーマがあるのを見ると,技術革新の凄さに驚きます。って,まあ,だからこそ,個人的にはシリコン検出器開発をやってるわけですが,そういう検出器開発が役に立つんだということを実感できるのは重要です。検出器開発をやってる学生もそういう認識を肌を持って感じることができると,検出器開発のモチベーションがより高くなれるのですが,そういう感触を持てるようになるにはかなりの経験が必要なのも事実で...難しいものです。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |