FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

できないものはできない

昨日の夜は家からテレビ会議でした。深夜のテレビ会議を断らないと,24時間体制になってしまうので,私は極力深夜のテレビ会議は出ないのですが,昨日はシリコンストリップセンサーに関して重要な議論があったので,やむなく出席しました。

センサーを購入したあとの試験内容について議論されているのですが,ATLASグループ,というか,正確にはシリコンストリップセンサーコミュニティが,やろうとしている試験項目があまりに濃密すぎて,センサー全体の約3割を供給予定の日本グループでは,そんな試験をやるリソースが全くありません。個人的にはむしろそんなに試験をやったら検出器として組み立てる前に壊してしまう可能性が高く,むしろ,やらないほうが正解だと思っています。また,シリコン検出器全体を取り仕切るリーダーに苦情を言った際も,そんな試験はクレージーだという一言。それくらい無茶な試験なのですが,空気というのは恐ろしいもので,一旦その方向に向かって進むと後戻りは難しいみたいで,私が一人強硬に反対しています。それに,もし実際それをやろうと思うと,センサー購入代金の2割程度の費用が必要になる可能性があり,予算の面からも全くもって不可能な内容です。

という無茶苦茶な状況なのですが,ストリップセンサーのほうは私自身が目を光らせていなかったために,日本グループでもセンサー開発に関与して定期的にミーティングで発表している人もいるのですが,試験に関する日本グループ内の相談がなくここまで来てしまいました。そこで,試験項目に気づいた私が,ストリップセンサーコミュニティに文句を言い始めて,昨日はそれ関連の議論だったので仕方なくミーティングに参加したというわけです。このままでは,試験実施費用がゼロなのにとてつもない量の試験をやらなければならなくなってしまいますから。

最近の私の仕事は予算関係ばかりだというようなことをよくこのブログで書いていますが,もう一つの仕事は,あらゆる方面で,そんなことはできない,できないものはできない,と突っぱねることになってきています。今回のストリップセンサーのことだけでなく,日本グループの分担に関しても,私がKEKに来る前に想定していたものからはかなり縮小していて,ATLASグループに対して,日本はここまでしかできない,とにかく予算分担を減らしてくれ,というネガティブな交渉ばかりです。

ATLASグループ全体だけでなく,現場の人間が日本グループのリソースを使う約束を勝手に約束してしまうことがあり,それを修正するのも私の重要な役割になっています。向こうは日本に頼みたいのですから,それを安請け合いするのは気持ちよいでしょうが,一旦約束したものを反故にする交渉は難しいし,完全に嫌われ役です。まさに「ノーと言えない日本人」が多くて,その日本人たちが本来言うべき「ノー」の全てを私が代弁しています。

このストレスを私の周りの研究者は感じてくれていて,最近は,安易に仕事を引き受けないようになってきてくれているので,個人的には助かっています。けど,物事を引き受けないで私個人がハッピーになるのは本意ではなく,本当は,振られた研究仕事内容をどんどん引き受けられるようなリソース(金,人両方)が欲しいところです。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |

国際会議とか,教科書とか

今週は東京でHiggs Coupling 2018という国際会議をやっています。ICEPPと理論屋さんがLocal Organizerとして取り仕切っているものです。せっかく東京なので顔を出したいところだったのですが,行けるのは今日だけで,その1日だけのために参加費を払うのは勿体ないなぁと思い,躊躇してる間に申し込み締め切りが過ぎました。

日本は比較的物価が低いし,Local Organizerが頑張ってコストを抑えるのですが,海外だと驚くほど高いことがあります。基本物価が2倍だと思うと,会場費がどうしても高くなるので仕方ないとは思うのですが,尻込みしてしまうことが多々あります。バブルの頃に強かったジャパンマネーが弱くなり,海外と違って物価が上がらない国に住んでいると,どんどん世界から置いて行かれる感があります。。

話は全く変わりますが,昨日,ある物理の教科書が献本されてきました。ATLASの写真をいくつか使っていて,その使用許諾を取る手伝い(というほどのことでもなかったのですが)をしたお礼として貰いました。大学生の基礎教育用ということで,範囲としてはほぼ高校物理の内容です。ですが,力学で微分を使っていたり,電磁気学ではガウスの法則をちゃんとやっていたり,と,高校の教科書では取り扱えないけれども,物理を教える立場としては説明したい,という内容が含まれています。

で,この教科書を見て思ったのですが,高校物理は痒いところに手が届かないところがありますよね。数学のカリキュラムとの整合性の問題なのかもしれませんが,微積なしで本質に迫るのはなかなか難しいし,学ぶ側としても微積を使ったほうがわかりやすいと思うのですが,大昔から高校物理では微積を使わないという方針が堅持されています。今日見た教科書では,微積を使うと言ってもそこまで深くはやっていなくて,高校生でも理解できると思える内容で,本当に高校の教科書としてピッタリだと感じるものでした。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

エキスポセンタープラネタリウム企画終了

24日のエキスポセンターでのアウトリーチ企画を無事終えることができました。
有料にもかかわらず,現地まで足を運んでくださったみなさま,誠にありがとうございます。また,今回の企画は全面的にエキスポセンターのお世話になりました。関係者のみなさまにお礼申し上げます。

ふと気づくと今年度は半分以上終わり,というか,もうすぐ12月になってしまいますが,今年度は珍しいことに一度も一般向け講演をやっていませんでした。毎年かなりの数をこなすのですが,今年はアップグレードの予算関係の作業に忙殺されて,1回もアウトリーチをやっていませんでした。その影響が出たかどうかわかりませんが,24日の自分の講演は自分のテンションが今ひとつで不出来だったように思います。毎回安定して盛り上げられないのでは,プロ失格です。。それでも,プラネタリウムを使ったムービーを中心とした企画そのもにには比較的満足してもらえた様子がアンケートから伺えてほっとしています。機会があれば,また同様の企画をやりたいと思っています。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

電車やバスの待ち方

日産のゴーン会長のニュースですが...
隠していた給料があればATLASアップグレードの日本担当分は余裕で賄える,とまずは思ってしまいました。しかし,隠さずに堂々と貰えばいいのにとか,そんだけの金をどうやって使うんだろうとか,色々謎です。

それはさておき,今朝見たウェブのニュースでこれが気になりました。京都のバスの停留所で地面に線を引いたら,バスを待つ人がその線に沿って行儀よく並んで快適になった,というものです。たったそれだけのことでマナー改善に役立ったという内容なのですが,このニュースの何が気になったかというと,私が大阪にいたとき通勤で使っていた大阪モノレールでは全然役立っていなかったな,ということを思い出しました。

モノレールを待つ人々を誘導すべく,やはり,線が引いてあったのですが,人々はその線を無視して敢えて全員が点字ブロック上に並んでいました。。当然,誘導線は点字ブロック上に人が並ばないように引いてあるのですが,列は必ず点字ブロック上にできるのです。線が引いてあっても,右側通行あるいは左側通行を大きな矢印等で誘導してもそれを無視するのが大阪流だということはわかっています。モノレールから伊丹空港へ向かう通路でも,施設側は歩行者の交通整理をすべく多分工夫をこらして右側通行だか左側通行だったか忘れましたが,とにかく歩く向きを定めようとしていました。けど,全くのケイオスなんですね。そういうのが大阪の典型だったので,誘導線に従わないのはまあそんなもんだろうな,とは思っていたのですが,わざわざ点字ブロックをみんなで塞ぐという意図は理解できませんでした。

しかも,誘導線に従わずに点字ブロックを塞ぐという行為は,たまたまではありません。いつも使ってない人なら気づかずにある意味ランダムに列を作ると思いますが,通勤時間帯ほどその横暴行為の確率が高く,さらに,私が列の先頭だと誘導線に従う(=点字ブロックを避ける)ように並ぶのですが,それを無視して点字ブロックに並ぶ人が現れますし,凄いのは,私を先頭にした数人がすでに点字ブロックを避けて列を作っているのに,強い悪意を持ったとしか言いようのない人は,その列には揃わずに途中からまた敢えて点字ブロック上に列を作り直すのです。その強い悪意を持った人から後ろはまた点字ブロック上です。

あるときなんて,私と同様に点字ブロックを避けるように列を作ろうとしていた人が,その人の後ろの人が点字ブロック上に並ぼうとしたら,点字ブロックを避けてた人が口頭で丁寧に「点字ブロックは避けましょう」というようなことを言ったんですね。でも,その後ろの人は強い意志で点字ブロック上から動こうとしません。

大阪モノレール利用者の多くは,点字ブロックに強い悪意を持っているとしか考えられない,と思っていたことを今朝のニュースで思い出しました。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

CERN今回は寒くありません

先々週CERNに来た時は,季節外れに寒かったのコートを持って来なくて寒い思いをしました。その上,CERN hostelはシャワーの湯量が通常は多くて快適なのに,その時の部屋はたまたま湯量が極度に少なくて,シャワーでも毎日寒い思いをしました。そのせいなのか,単に出張が多くて体力的にキツかったからなのか,先週はずっと体調が悪く,特に水曜と木曜はフラフラでした。

それでも,金曜にはだいぶ回復。土曜は,大学時代の親友と久しぶりに会って一杯やれました。ずっと前から約束していたし,久しぶりに会えるので楽しみにしていたのですが,体調が相当悪かったのでどうなることかと思ったのですが,なんとか回復して楽しい時間を過ごすことができました。その前の週は,高校時代の親友たちから飲みを打診されていたのですが,都合がつかずに残念な思いをしたので,2週続けてとならずによかったです。しかし,偶然とはいえ,旧友とものすごく久しぶりに会う可能性のあるイベントが短期間に集中したものです。

そして,今週は,ATLASアップグレードのcollaboration meetingのためにまたCERNです。今回はタイトルの通り,寒い思いを全くしていません。気温も低くありませんし,服もそれなりに持ってきました。また,前回のことがあったのでシャワーとちょっと心配しましたが,いつものCERN hostel標準で潤沢な湯量でした。ここ1年くらいは,この手のミーティングがあると,日本グループの金の分担のことで色々な人と頭の痛くなる話ばかりしていたので,CERNに来るのが苦痛というか,来ると本当に疲労困憊だったのですが,最近は,MoU締結に向けて,分担の議論が収束してきているのでそういうヘビーな打ち合わせも少なくなり,今回も比較的リラックスしてCERNに来ています。とはいえ,日本の予算について厳しいことには変わりがありませんので,目の前の苦痛がなくなっただけではあるのですが。。

今回はまだ昨日1日ミーティングに参加しただけですが,ピクセル検出器の開発および製造予定が大幅に遅れていることが強く意識され始めていることを随所に感じます。実機製造時の金の分担を決めるときも,ピクセルグループはorganizationがほぼなくて,結局は危機感を募らせた各国の物理屋代表が集まって自分たちで分担をどうするか議論を重ね,ようやく今のレベルの収束状態にまで持ち込むことができました。私にとってはこの議論も相当面倒くさくて頭痛のタネの一つでした。そして今は,大規模な試作品を作るのですが,それについてもまたまたorganizationがなく,こちらからどうするのか議論しようと持ちかけてもなかなか議論が始まらず,今度は金だけではなく実際にそこそこ大規模な製造がありますので,日本グループとしても製造分担をどのようにこなすかそれなりの準備をしなければなりません。ですから,現場レベルでも,何をどこからどこまで分担してスケジュールがどうなっているのかを早急に知りたいというのがあります。このフラストレーションは日本グループだけではなく,その当然の帰結として,スケジュールが大幅にずれ込み,もはや,あらゆる局面で遅れが許されないという状態にまでなっています。

現場では物事が全く纏まらないということをずっと感じていたのですが,検出器グループのマネージメントだけではなく,ATLASグループあるいはCERNの上層部もそれを感じ始めているようで,今回のミーティングでは随所でこの手の話題があがっています。アップグレード計画全体の取りまとめ役もシリコン検出器グループ全体のリーダーも,今回の幾つかの発言ではかなり危機感を滲ませていました。日本グループとしてもorganizationについて改善を図れるような方策を考えているところです。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

28GeV dimuon

恥ずかしながら私は知りませんでしたが,CMSは8月に28GeVのdimuon peakっぽいものがあると発表していたのですね。「CMS 28GeV」でググると,arXivの論文が見つかります。この話題がなぜかウェブか何かで最近取り上げられたらしく,偉い人が偉い人にこの話題を振り,話題を振られた偉い人がさらに私に話を振ってきて,この話を知りました。

内容は,bjetと一緒にその共鳴っぽいものがあるというのですが,その信ぴょう性については論文を見てご自分で判断してください。私自身が真面目にその論文を読んでいないのですが,単に28GeVの共鳴だと大昔に見つかってないとなりませんから,bとカップルする変なものと解釈するのですかね。と思ったら, 「CMS 28GeV」でググったときにまっさきにヒットしていたのが,このanomalyを解釈する理論屋の論文でした。その発表日は,CMSがarXivに発表したその翌日。750GeVのγγ共鳴騒ぎのときは,日本人の理論屋がこぞってすごい速さで論文を出したことが話題になりましたが,理論屋さんの対応の早さには本当に驚きます。

ちなみに,28GeVってどういう加速器のエネルギー領域だったのかなと思い,調べてみると,PEP,PETRAの時代でした。トリスタンよりもさらに前でした。

あ,CMSのために言っておくと,タイトルは「Search for なんちゃら」 で何かをクレームしているわけではありません。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

DOHC VTEC

今年1番の大きなニュースです。と言っても,ATLASや研究に関連した話ではありません。

DOHC VTECを搭載する,某友人の赤い車がなんと盗まれました。住んでいるのは,つくばのなかでは街中なほうですが,朝出かけようとしたら車がなくなっていたそうです。。つくばでは車の盗難が多いという話を別経路でも聞いていましたし,プロの自転車泥棒(道端に置いてあるママチャリを足代わりに盗られるのではなく,家に置いてある高級車を盗まれる)が多いというのも身をもって実感していましたが,まさか,身近に自動車を盗まれる人がいるとは想像したことありませんでした。ここら辺は車の運転マナーが悪いとしょっちゅう書いていますし,毎日のように家族でも運転マナーの悪さが話題に上がりますが,悪いのはマナーだけでないようです。家にもセコムのようなセキュリティシステムを付けようかと思ってしまいました。

治安に関しては,つくばは街全体がとにかく暗いのが大問題だと思っています。治安だけじゃなくて,自転車に乗っていても,歩いていても,夜あまりに暗すぎて,ちょっとした段差とかむっちゃ危険です。こんなにも街灯のない街に住むのは初めてですし,住人も夜電気をつけたがらない人が多くて驚きます。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |