ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

学振とか

久々の更新になります。履歴を見ると,約2週間ぶりでした。その最後の更新の頃まで遡って以降何をしていたかというと...

CERNからの帰国。ゴールデンウィークの谷間で,日本人観光客の動きの反対だったからなのか,はたまたメーデーでヨーロッパ各地では仕事を休んでる人が多かったからなのか,ジュネーブ→ロンドン便,ロンドン→羽田便ともにかつてないくらいガラガラでした。私はJALを使っての週末移動が多いので,ほぼ常に満席のフライトばかりです。なので私にとっては未経験とも言えるくらいガラガラで,3人掛けのところを1人か2人で使っているところが多く,占有率はせいぜい40%くらいだったのではないかと思います。そのおかげで,体がだいぶ楽でした。

その後,ゴールデンウィークを満喫するつもりだったのですが,予算申請のために書いていた申請書に大きな問題があることが事務チェックにより発覚。その修正を家でコツコツとやり,ゴールデンウィーク明けも事務その他と,この申請書のための作業にだいぶ追われました。とはいえ,2,3日でしたが子供達と家の近くを散歩する日々は平穏で心身をリフレッシュすることができました。

ゴールデンウィーク明けは,3月末くらいから追われていた大量の書類作業が終結に向かいつつあります。まだ小さいのが幾つか残っていますが,それは定常レベルなので,まあ書類書きは終えたと言ってもよく,精神的にだいぶ楽になりました。その書類書きの終盤戦にやっていたことの一つが学振の評価書です。学振というのは,このブログを読んでる方ならほぼ知ってるかと思いますが,文科省の下に設置されているfunding agencyの一つです。私たちがお世話になる科研費も,種目によっては文科省直下ですが,多くの種目は学振の下ですね。なので,正確には学振というとその組織のことなのですが,私たちの周りで学振の申請というと,博士課程の学生もしくはポスドクを支援するための特別研究員への申請のことを指します。博士課程の学生の大半が応募するのではないかと思いますが,私が指導する学生も当然のごとく今回応募しています。ややこしい立場なので評価書を直接書いたのは1人ですが,実質的には2人が申請しています。2人とも優秀だし熱意もあるので,なんとか採用されて欲しいと祈っています。

全く別の話ですが,6月10日(土)にKEKの公開講座というものの講師をやります。その案内のウェブサイト(?)に私の紹介記事を載せるとかで,一昨日は,そのインタビューを小一時間受けました。その記事原稿がすでに送られてきたのでその確認をしようと思っていたところなのですが,最近,あまりに多くの人,特に新たに一緒に仕事をする事務方の人とのやりとりが多くて,失礼きわまりないのですが全員の名前を覚えきることができず,メールの検索に苦労しています。名刺をもらえると調べやすいのですが,そもそもメールのやりとりだけの人が極めて多いので,最近実は結構苦労しています。名前ではなく,件名でももちろん検索はかけるのですが,いずれにせよ,かなりの時間を費やしてしまっています。。あ,大事なこと忘れた。興味がある方はぜひお越しください。でも,まだ,ウェブサイトはできていないようです。私が早くインタビュー原稿をチェックして送り返さないとならないのかもしれません。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |