ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

とある契約終了

年度をまたいでいた契約があったのですが,それがようやく終わりそうです。数日前に,全ての物品が納品され,めでたく契約終了ということになりそうです。この件では,入札やその後の製造トラブルでの対応で契約係に非常にお世話になりました。また,財源がややこしいものを使ったために,とある研究契約の締結を結ぶ必要があり,それについては国際企画係という部署にこれまた非常にお世話になりました。こういう案件を扱った経験が皆無な上にKEKに異動直後だったので,自分自身苦労しましたし,関係部署の担当者には本当にご迷惑をおかけしたのではないかと思います。

大きなプロジェクトを動かしていると,研究の現場だけではなく,買い物ひとつにしても後方支援が極めて重要だということを身を持って経験し,自分にとっては非常によい勉強になりました。ロジスティクスが重要であることを頭ではわかっていても,当事者になってみないとわからない大変さもあるし,実務面でどうすればいいかを全く知らない白紙状態だったので,本当に学ぶことが多かったです。大昔に自分がポスドクだったときのスーパーバイザーDMが,当時一緒にBelleをやっていたKEK所属のある人について「彼はKEK内のどういう部署に働きかければモノが動くのかを一番よく知っていて,そういう面では頼り甲斐がある」という趣旨の発言をしていたことを思い出しました。当時はピンとこなかったのですが,最近は彼が言いたかったことがよくわかるようになりました。

いずれにせよ,長い時間のかかった契約がようやく終了できそうで,ホッと一安心しています。関係各所の担当者のみなさんには本当にお世話になりました。ありがとうございます。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |