ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

インフルエンザにかからない人がいて当然

自治体とかでやっていた餅つきをやめることにした自治体が最近増えているというニュースを目にしました。なんでだろう?と思って記事を読むと,ノロウィルスだかの感染が怖いからとのこと。声高々に食中毒の恐れがあるからやめろと言う人がいるそうで,自治体としてはクレーマーの相手はしたくありませんから,そりゃあ止める方向になります。公務員とか,店員とか,文句を言われても反論できない立場の人に文句を言うのが好きな人が多いので,世の中の色々な催しがどんどんなくなりますね。

おっと,今日のエントリーではそういうことを言いたいのではなく,冬になるとノロウィルスやらインフルエンザの話題が年毎に増えているような気がして,それについて書こうと思ったのでした。まず,断っておきますが,今日のエントリーを書くにあたり色々な統計情報をウェブから拾ってきました。なるべく信用のおけそうなところから数字を引用しましたが,私の見間違い,計算間違いが大いにありうりますので,以下の話で出てきた数字や結論を鵜呑みにせず,興味がある人は自分で調べて計算してみてください。

そういうわけで,まずは,ノロウィルスとインフルエンザの感染者数をググってみました。「感染者数 年間」とかを加えると色々なデータができてます。信用のおけそうな厚労省のデータを見ると,まあ,予想通りですが最近になって感染者数が増えているという傾向は読み取れません。もちろん統計処理していないので,数字,あるいはグラフを見ただけの印象ですが,年毎の推移は統計誤差の範囲内で,特に顕著な傾向があるようには見えません。人々が喰いつく話題を見つけるとそれをこれでもか,と繰り返す,あるいはヒートアップさせるのはマスコミの常套手段ですし,人々が喰いつくのですから営利団体としてはそのテーマを使わない手はありません。逆に言うと,日本人は本当に健康ネタ,安全ネタが大好きなだけという当たり前の結論になってしまいそうです。

それだけではツマラナイので,もう少し別のことも考えました。これだけマスコミや世間がノロウィルスやインフルエンザのことを目の敵に取り上げるのに,有意に年間の感染者数が減っていってるようには見えないのも事実です。これはなんでなんでしょうね。仮説1は,高齢化。衛生状態や感染防止策は年々向上してるのに,高齢化によって感染しやすい人の数が相対的に増えている。仮説1は,年々医者に行く人の数が増えている。高齢化という意味ではなく,同じ年齢層を比べても昔よりもすぐ医者に行く人が増えていて,かつ,検査がすぐにできるようになったことがあり,実数は減っているが,見つけられる感染者数が増えたというもの。最後の仮説は,結局気にしても大して変わらない。本当に感染を防ぐにはそれはもう相当の覚悟で臨まない限り無理。私が思いついた仮説はこれくらいなのですが,当然,答えは知りません。

それからもう一つ,予防接種なんてうたなくてもインフルエンザにかからない(と言い張ってる)人がよくいます。かくいう私もその1人です。インフルエンザにかかった子供と毎日一緒に寝ていた時はさすがに感染しましたが,そのとき以外はかかったことがありません。逆にインフルエンザにしょっちゅうかかる人もチラホラいます。これって何故だろう?という話です。

一つには,感染してるけどそれに気づかない鈍感な人,あるいは本当に症状の軽い人がいるとか,そういう議論もあると思うのですが,今ここではそういう話にしないで,本当にかかってない人がいたとします。じゃあ何を考えたかというと,統計です。たとえば単純には,年間1000万人がインフルエンザにかかるそうなので,毎年インフルエンザにかかる確率は1/12=8%。子供の頃は予防接種を受けていた人が圧倒的に多だろうし(私は,上記のように子供の頃から一切受けていませんが),記憶もあやふやなので,10歳以降から計算を始めるとすると,40歳までにインフルエンザにかからない確率は92%^(30)=7%あるいは8%くらいあります。

なんだ,これだったらインフルエンザにかかったことがない奴がいても全く不思議じゃないという話になります。ですが,私は予防接種を受けていませんが,きっと多くの人は予防接種を受けているからこの数字なのかもしれない,と思い,予防接種受診者数も調べてみました。日本公衛誌という学会誌っぽい記事を見つけ,そこにある表から13歳から65歳までの人が約8400万人いて,(推定)受診率が28%程度だということがわかりました。受診者数は約2400万人。遊びの世界ですから,受信した2400万人はインフルエンザにかからず,のこりの6000万人を母集団と考えます。次に知りたいのは,年間1000万人感染者がいるそうですが,このうち13歳から65歳までの人がどれくらいを占めているかです。

これもグーグル先生に尋ねると色々なデータがあって,全体の感染者の中でこの年齢層に入ってるのは年によっても違うのですがざっと30%から35%程度。本線から脱線しますが,感染してるのは圧倒的に子供が多いです。高齢者は案外少ない。話を戻すと, 感染者数1000万人の33%程度が13-65歳ということで330万人。予防接種を受けてない母集団は6000万人でしたから,330万/6000万ということで感染率はもともと使った数字8%より低くなって5.5%です。さっきは10歳からインフルエンザにかからない確率を計算したのですが,15歳以下の感染が圧倒的に多いということがわかったあとなので,15歳から計算を初めて,15歳から45歳までの30年間に予防接種を受けなくてもインフルエンザにかからない確率は95.5%^30=25%もあります。55歳までの40年間にしても16%もあります。

ということで,結論は,予防接種を受けなくてもインフルエンザにかかったことがない人がいるのは当然。インフルエンザにかかりやすい人,かかりにくい人というのがあるのかどうかわかりませんが,みんな同じ体だとすると,統計的に一回も感染したことのない人が周りに相当数いるのが当然みたいです。

気づいていませんでしたが,というか,考えていませんでしたが,これだけ子供にインフルエンザが多く,インフルエンザ感染者に強いバイアスがあるとすると,上記のように母集団にバイアスがないと仮定した場合と,そうではない場合に大きな違いがありますね。子供を相手にする職業の人は大人でも感染リスクが桁違いに高いのでしょうね。って,こんなの真面目に考えなくても誰でもそう思ってましたよね。ははは。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

反水素分光

昨日,CERNのALPHA実験で反水素のスペクトラム測定に成功したというプレスリリースがありました。読売新聞にも記事になったそうで,とある部署から,この結果についての解釈を求められました。水素は量子力学の格好の題材で,その後は,QEDの試験に多く使われてきました。ALPHAでは大量の反水素を作るので,反水素で分光を行い水素と比較してCPTの破れがないかを検証するみたいです。

今回の結果では,K中間子系でのCPTの破れの制限にまでは到達していないということなので,意義としては反水素を単に作るだけではなく当初の目的通り,生成した大量の反水素を使って物理測定を行う実用レベルに到達してきた,ということなのだと思います。そういえば,以前,反水素の重力のテストと称してむっちゃ緩い制限を与えていましたが,こちらについては最新のデータを使うとどれくらいの感度にまで到達するんでしょうね。

そうだ。ALPHA実験のことを書いていて,少し前にAMSが1TeVダークマター発見かというセミナー発表があったというエントリーを書いたことを思い出しました。この話題がCERN内でどんな感じなのかを人に聞いてみましたが,現地ではそれほどは話題になっていないみたいですね。前から言われていた通り,陽電子の宇宙空間中での伝播モデルが正しくないのではないかということがセミナー中にも指摘されたそうで,ダークマターだったら面白いなとは多くの人が当然思っていますが,ダークマターによるexcessだろうと思ってる人は少ないみたいです。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ジュネーブ→ロンドン便

昨日の夜CERNから日本に戻って来たのですが,今回の移動は,私の無数の経験の中でもトップランクに入る最悪の移動でした。というのは,もともとロンドン経由で羽田に飛ぶ予定だったのですが,ジュネーブ→ロンドン便がヒースロー周辺の悪天候のため大幅な遅れ。乗り継ぎのない人は単に出発が大幅に遅れるだけですが,乗り継ぎのある人は乗り継ぎ便に間に合わないからということで欠航扱い。振替便の手続きを強制されました。

経験のある方ならご存知かと思いますが,振替便というのは当日に別の便を探すわけですから,その手配に非常に時間がかかります。また,悪天候だから文句を言っても仕方がないのに必要以上にクレームをつけて手配の時間を余計に使わせる輩が欧米人には多くいます。そしてここが日本との一番大きな違いで,これまた海外旅行をする方は気になる方が多いと思いますが,どんなに凄い行列ができていても,処理する側は通常時と一切変わらず,チケットカウンターの人員数はいつもと一緒。いつもと同様に休憩。油断すると誰1人担当者がいなくなる瞬間さえあります。そして,私の出発地はジュネーブ。スイスとはいえ人柄はどちらかというとラテン系。仕事をする側の人のペースはゆっくりです。

ということで,4時間弱,立ったまま延々と待たされました。3時間は覚悟したのですが,それ以上でした。。周囲の人にいつも漏らしていますが,私は腰痛持ち(+酷い肩こり)で,大学の90分の講義でも終わりのほうは腰が痛くなってきます。もう昨日は本当に拷問でした。最初のうちは本を読んでいたのですが,後半はもう腰が痛くて本なんて読んでいられません。学校で立たせることすら体罰として人権問題になっていますが,この拷問は人権問題に触れないのでしょうか。しかも,私は1人旅なので,何か買いに行くことはおろか,トイレに行くことすらできません。どう考えてもこれは拷問でしょう。

結局,代わりに見つかった便はフランクフルト経由のANAでした。これもいつも言ってますが,日本の航空会社のほうが座席幅が広いし,サービスも格段に上なので,ANAが見つかったのは幸いでした。本題とはズレますが,いつも使っているJALと大きく客層が違うのは意外というか驚きでした。出張風の人の比率が圧倒的に少ないのがまず最初に感じたことで,もう一つは,観光客風の人の年齢層がJALよりも低いことでした。私の単なる感想なのでまったく見当違いかもしれませんが,一目雰囲気が違いました。

そんなわけで,Fermilab,CERNという出張のはしごのフィナーレはかなり辛いものとなりました。今朝は起きるのが本当に辛かったです。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

implicitとexplicit

英文を日本語に訳すときに,日本語でなんと書けばよいのかいつも悩む言葉が幾つかあります。多くの場合,意味のない相槌的な言葉だったり,慣用句的なものだったりするのですが,この業界でわりとよく使う言葉で悩むのが,implicitとexplicitです。特にimplicitのほうは悩むことが多いです。

This result implicitly relies on the assumption above.

とかいう文章が仮にあったとしましょう。この結果は上記の過程の上にimplicitに立脚してる,とかなんとかそういう感じだと思うのですが,implicitをどういう日本語にするか迷ってしまいます。辞書をひくと,「言外に」,「暗示的に」,というような言葉が出てきますが,何かしっくりきません。顕には言ってないんだけど,その文脈ではみんなの決まりごとしてそういうことになってるんだよね,というニュアンスを一言で伝えたいのですが,どうもしっくりする日本語を思いつきません。文章の構造からそんな感じで説明できればいいのですが,副詞だとどうしても一言で言い換えたい時があって,そういうときに困っています。

いい日本語ないですかね。

日常 | コメント:4 | トラックバック:0 |

ビームタイムゼロ

昨日はCERN-KEK委員会に出席。自分の発表もなんとかこなし,HL-LHCに向けた予算獲得の努力が必要ということが再確認されたこと以外では,予算の使い方に大きなクレームはつかず,想定の範囲内とはいえホッとしました。

私が委員会仕事をしている一方で,Fermilabからは悪い知らせが届きました。なんと,今回の私たちのビームタイム中にビームが一切来ないことがわかりました。ビーム取り出し用のセプタムのワイヤの交換が必要というのは前回だかのエントリーに書いた通りですが,どうも本格的な修復をするにはメインインジェクターを止める必要があり,それが何を意味するかというとNovaにニュートリノビームを出せないということになり,DOEとFermilab上層部の議論で,最優先であるNovaへのビームを止めることはまかりならん。という決定がくだされたそうで,FTBFの担当者は一生懸命かけあってくれたみたいですが,結局本格的な修理は年明け以降になる公算が大きく,私たちのビームタイムではビームなしということになってしまいました。。とほほ。

加速器の故障を嘆いても仕方ないことはわかっていますが,それでも,今回はかなり力を入れた遠征だったので,本当に力が抜けます。でも,がっかりしていても前には進めませんので,加速器修理のスケジュールの確認,ビームタイムを貰えないかの交渉,そして,予算をかき集める努力を始めました。ただ問題は,ビームテストを実施する人員の確保です。みんな色々なスケジュールに追われているので,ビームタイムをもらえる可能性のあるタイミングで人を派遣できるかどうかが強い境界条件となります。さて,どうなることか。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ビームの取り出し不調

昨日Fermilabから戻ってきて,明日からはCERNという日程なので,今日は少しのんびりしたかったのですが,今日締め切りの提出物があり,また,今週のCERN出張は理事会とCERN-KEK委員会というものに出席するためなのですが,CERN-KEK委員会では私もトークをしないとならず,ですがスライドの準備を全くできていなかったので,今日は朝からガリガリ仕事をしています。夏の盆休み明けからスケジュールがぎっしりで,綱渡り的にそのスケジュールをこなす日々が続いていましたが,今週を乗り切るとその後しばらくして年末年始の休みもあり,少し休めそうです。その休みを楽しみにして,もう一踏ん張りです。

以上のようなイベントがあるのでFermilabでのビームテストの半ばで私は一旦帰国したのですが,どうも加速器の調子がよくないみたいです。ビームテスト施設のコーディネータがずっと心配はしていたのですが,メインインジェクターからビームを取り出しにトラブルがあってしばらくビームが止まっています。よくわかっていないのですが,セプタムのところにワイヤがありそのワイヤを交換する必要があるとかなんとか,そういう議論になっていて,しかも予備があるにはあるが現状で使っているものとはちょっと違うので,その予備に交換してうまくいくかどうかわからない,という結構危険な状況になっているようです。

去年は極めて安定してビームを使えたので,また,テスト施設の応対が非常にユーザーフレンドリーだったことから気を良くして,それで今年もまたビームタイムを確保したのですが,なんだかだいぶ雲行きが怪しくなってきました。今回は参加者数も格段に多いですし,試験するデバイスも大幅に増えています。加えて,自分自身のことになりますが,このビームテストのための予算を少し今年は獲得していて,その予算(+他の予算)を使ってのビームテストですから,何らかの結果を出せないと非常に辛いものがあります。

そんなわけで,Fermilabを離れてしまった私は,というかFermilabにいても加速器のことなので同じことですが,とにかく加速器が復旧してわずかでもいいからデータ収集できることを祈るばかりです。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |

AMSの結果

色々なところで話題になっていますね。ビームテストをやって遊んでいたので,TingがCERN seminarをやることは知っていましたがそれが昨日だとは気づいていませんでした。まあ,気づいていても見ることはできませんでしたが。

と言いつつ,こうしてエントリーを書いているのにまだ詳しい中身は見ていません。陽電子のフラックスが1TeVダークマターとあっているとか,PAMELAでは観測できていなかった反陽子過剰を観測してるとか,気になる情報を断片的に受け取っているのですが,まだ発表内容をちゃんと理解していません。1TeVダークマターだとしたらその素性に対する仮説が何なのかさえわかっていません。今から飛行機に乗り日本に戻るので,戻ったらちょっと調べてみます。って,日本には1日しかいなくて,すぐにまたCERNに向けて移動ですが。。

そうなのです。ビームテストではその準備段階だけしか付き合えませんでした。でも,残っているみなさんがバンバンやってくれること間違いなしの印象を持っているので,安心して移動できます。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ビームテスト備忘録

Fermilabのビームテスト施設で実験を行うためには,ビームラインに持ち込む機材の安全検査を受けなければなりません。去年苦労したので,その経験を今回の試験を中心になって行う人たちに伝えたつもりでしたが,実際に苦労していなかった人たちにはその忠告はあまり響いていなかったみたいで,昨日の検査でもかなり苦戦しました。というわけで備忘録第2弾は,安全検査で特に気をつけなければならない点です。

- 1番厳しくチェックされるのは,ケーブルに流れる可能性のある最大電流とケーブルの太さの関係です。たとえば,LV電源の最大出力電流値が10Aだったとしたら,普段0.5Aで使っていたとしても10Aに耐えられる太さのケーブルを使用することが義務付けられます。家庭用の電源なんかだと15Aのブレーカーが付いているので,その辺に転がっている電源ケーブルの規格は15Aというのが多いはずです。それと同じですね。

- 昨日厳しくチェックされたのは,HVを使っている場合は浮いている金属がないようにせよ,ということでした。グラウンドに落としているつもりでも,アルミの表面は酸化していて電気抵抗が大きい場合があったりします。なので,いちいちデジボルでその辺のシャーシとグラウンド間の抵抗を測り,十分低い抵抗になるまでグラウンドとの接続を強化しました。

上記2つは去年も同じことを経験していたので,私自身は予想してた通りだったのですが,今年はさらに新しい項目が加わりました。

- 発泡スチロールのような断熱材をむき出しで使わせてくれません。可燃物だからという理由なのですが,これは予想していませんでした。むき出しはまずいのでアルミフォイルのような金属であらゆる表面を覆うよう指導されました。これはノーガードだったので対処法を考えていませんでした。

以上のように色々ありましたが,安全検査に合格してあとはビームを待つだけ。と言いたいところですが,デバッグと調整がまだ完全に終わっていないので,もう一踏ん張りといったところです。

(このエントリーを書いてから1日後にアップロードしました。アップロードしたと思っていたのですが,ネットワークの不調でアップデートてきていませんでした。)

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Fermilab備忘録

Fermilabでユーザーとしてビームテストを行うには,Visitor登録をしたり,ビームテスト施設を使うために必要な安全講習を受けたり,まあ,やらなければならないことが幾つかあります。どこの研究所にもある類のものです。去年Fermilabに来た時にも同じことを経験したはずですが,すっかり忘れてしまっていたので,備忘録として必要なこと,気になったことをリストアップしておきます。

- Visitorとしてユーザー登録するには,入国の際にbusinessを選ばなければなりません(別の選択肢はsightseeing)。一般的には,国によってはbusinessというと物を売ると捉えられることがあるので,sightseeingと言うほうが諸々の厄介を減らせることが多いのですが,アメリカでは(?)研究はbusinessとみなされるそうで,正しくbusinessと選んでないと少しだけapproveが遅れます。私は去年と同じ間違いを犯して,Fermilabから移民局へ訂正依頼が出されました。その訂正が済むとユーザー登録のapprovalが出ます。まあ,2,3時間待っただけですが。

- どこの研究所でもそうですが,ユーザーになるには保険に入ってる必要があります。Policy numberがわかる書類が必要です。大人は常識として知ってるのでいいですが,学生は知らない場合があるので,明示的に前もって教えておかないとなりません。

- 順番が前後しますが,ユーザー登録のためにはFermiabに来る前にcomputer accountの申請をしてアカウントを作ってもらいます。これは予めやっておいたほうがよいです。その後,現地へ来たらUser Officeで申し込み。この際に保険証書が必要になります。あと当然IDとしてパスポートも。ここで申し込みをした後,数時間でapprovalの連絡がメールで来るので(この際にcomputer accountが必要になります),approvalが来たら原理的にはユーザー登録は終了。実際にはphoto IDカードが色々な場所へ入る際の鍵の役割を果たすので,IDカードの申請。これは,Key&IDオフィスへ行くだけです。Approvalを確認するので名前を名乗るだけ。写真を撮ってIDカードを発行してくれます。これでユーザー登録は終了。

- ネットワークは,eduroam, fgz, guestの3つが利用可能。ただし,fgzはfermilab内のネットワークで登録が必要。マニュアル的なものには,とりあえずネットワークを捕まえてブラウザでどこかに行こうとすると登録のサイトにredirectされるとあるのですが,どうもこれが怪しくて,実はMACアドレスの登録が必要っぽいです。しかも,その登録のためにはfgz内に入らないとならない,ということで,その辺にあるfermilabのデスクトップか何かでFermilab内のネットワークに入り,登録をする必要がありそうです。去年はやったはずなのですが,この手順をすっかり忘れていてYくんに思い出させてもらいました。

やったこと,これくらいだったかな。。あ,そうだ。あと,これはFermilabで実験するのとは関係ありませんが,海外旅行の際には,
- 海外旅行保険へ入ること
- クレジットカード,それもvisaかmaster cardを持つこと
この2点は必須だと学生さんには強く言っておいたほうがよいということがわかりました。JCBは海外では使い物にならないことが多々有ります。海外旅行保険は言わずもがなですね。

さてこの備忘録。次回以降に役立つことがあるのかどうか。これを書いたことすら忘れてしまいそうです。。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |

大雪Fermilab

シリコン検出器のビームテストをやるためにFermilabに来ています。というか,今日移動してきたところです。ちょうど1年前の同時期にFermilabに久々にやってきて,10年以上前にFermilabにいたときのことを思い出して昔を懐かしみましたが,それがもう1年前とは驚きです。

そしてもう一つの驚きは,シカゴに着いた早々雪が降り始め,その後もシンシンと降り積もってシカゴにしてはかなりの大雪になったことです。いや,日本にだいぶ長いこといたのでシカゴで雪がどれくらい降るのかを忘れてしまったのかもしれませんが,とにかく日本から来た自分にとっては今日はかなりの大雪です。日曜だということもあって,なんか本当に静かなFermilabです。

と,呑気なことを言ってますが,今回は去年よりも試験するものが格段に増えている上に,去年はYくんがシステムを熟知した上で色々と作りこんでくれたのでだいぶ枯れたシステムになっていましたが,今回は突貫工事的な準備で臨んでいる部分も結構あるので,不安な部分が去年よりも多々あります。ただし,今回は現場監督としてNくんが来ているので,私は現場の指揮をとる必要がありません。なので正直来るかどうかわりと直前まで悩んだのですが,ビームテスト以外にもちょっと人と会って相談したい案件を思いついたのと,ビームテスト施設関連の状況をチェックしたいというのがあって,結局やって来ることにしました。

さて,そんなわけで去年とは違う関与の仕方で臨んでいるビームテストがうまくいくかどうか,乞うご期待です。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |