ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

新学術キックオフミーティング

昨日,今日と新学術のキックオフミーティングがありました。加えてより切実な別件があり,2日間T大へ通いました。

キックオフミーティングで私にとって一番面白かったのは,KEKのKさんの話でした。ダークマターの色々な可能性をレビューと見せかけて,自分の仕事を幾つか披露してくれたのですが,ある模型を盲目的に信じるのではなく色々な可能性を考え,調べていて非常に面白かったです。なかでも私にとって一番興味深かったのは,標準模型にWのanomolous couplingを入れるだけでダークマターを作れちゃうという話です。たとえばSUSYみたいに,その先のある話ではないので見方によってはつまらないかもしれませんが,そういう可能性があることを知らなかった私にとっては興味深かったです。

ただ,なんでWの4点結合という異常項を入れるだけでダークマターを作れちゃうのかという肝心の部分については,残念なことに理解できていません。ソリトンが...とか言われてしまうとアホな実験屋にとっては太刀打ちできなくなってしまいます。論文に纏めているみたいなので読んでみたいところですが,その時間があるかどうか。。

あとこの話が面白いと思った点は,結局電弱対称性の破れに関連があり,実験での測定と関連づけられるところです。どこぞの研究室の人がよくやっている無い物探しではなく,WW散乱という実在する物理現象をきちんと測定することでダークマターと繋がるというところが面白いなぁ,と思ったのでした。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |

D論添削など

クロスアポイントメントの関係上,1ヶ月に1回は阪大勤務の必要があり,先週の金曜から今日まで阪大にいます。

金曜のメインイベントはD論の添削。というか,直接会って話をできる貴重な機会なので,今D論を書いているJくんとこれまでに書いた箇所,全体の構成,これからの予定などについてじっくり議論しました。標準的なペースで書き進めているとは思うのですが,D論は分量も多いですし,内容も濃いので,書き進めるのは忍耐力を要する作業です。Jくんは頑張っていますし,一般論的にもDを書いてる学生というのはよく頑張っているものだと思ってしまいます。

そして週末はゆっくり休み,気合がみなぎった(?)状態で月曜を迎えた今日は,締め切りが迫っている資料作成に集中しています。

で,明日と明後日は東大で新学術のキックオフミーティングがあるのでそれに出席予定なのですが,その移動が明日の朝イチの予定。台風が接近するタイミングとどんぴしゃりっぽいので,どうなることかと気を揉んでいます。この前の移動でも台風の影響を少し受けました。私移動が多いのでこの時期は気をもむことが多いです。。

大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |

I-URICコロキウム

今日は,I-URICコロキウムというのでトークをしてきました。

I-URICといってもピンとこないかと思います。私もわかりませんでしたが,Inter-University Research Institute Corporation の略だそうで,大学共同利用機関法人のことです。偉そうに書いてますが,私もウィキペディアで今調べて書いているのですが,大学共同利用機関は,KEKの他に,人間文化研究機構,自然科学研究機構,情報システム研究機構とあわせて4つあるのだそうです。

今回のコロキウムはその4機構で分野横断的に行っているものらしく,私はその委員ではないのであまりよくわかっていないのですが,今回は委員である理論のIさんにトークを依頼されたのでとにかくトークをしてきた次第です。全体のテーマはビッグデータ解析みたいな感じで,私はLHC実験のイントロとデータ解析のovewview的なこと,ニューラルネットなどの多変数解析の話をしました。ちなみに,参加者は上で書いたように様々な分野の人たちなので,トークの構成には苦労しました。

私が講演のトップバッター。次の人が情報系でまさにビッグデータ解析と呼ばれるデータマイニングをやってる人でした。異分野だけど実は同じようなことをやってる人の話で興味深かったですし,質疑応答する人も生理学や生物の人など多様でそれぞれの観点から面白い質問やコメントをするので,結構楽しかったです。おもいっきり異分野同士の人で盛り上がるのかと思っていましたが,なかなかに楽しい催しでした。

それにしてもこういう催しに参加するといつも感じるのですが,自分の研究以外の研究分野の人の話は,へーって思うことが多くて楽しいですね。仕事というより純粋に好奇心だけで話を聞けるから余計なんだと思いますし,講演する人も多分野の人にわかるように工夫をしてくれるからなんでしょうけど,忙しぶってなかなかこういうのには参加できませんが参加してみるといつも面白かった,ということになる気がします。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |

水没寸前

KEK近辺は物凄い大雨になっています。昨日の台風よりも今日というか今の夕立のほうが威力があるくらいで,わかる人にしかわからない説明で申し訳ありませんが,私のオフィスのある3号館前の道路は水没寸前です。

昨日からKEKに来ているIくんたちと車で晩飯を食べに行き,出かける時点でもすごい大雨だったのですが,そのまま降り続けたため水はけの悪いところがあるKEK内では局地的に道路が水没しています。帰りにIくんを宿舎まで送り,自分のオフィスに戻ってくる途中本当に車が止まりそうになってしまい焦りました。いくらアクセルを踏んでも加速せず,エンジンに水が入ったかとヒヤリとしたのですが,道路が水没しているところをなんとか突っ切るとエンジンは快調に回るようになり一安心。水がタイヤだけでなくフロントバンパー下部にまで当たり大きな抵抗になっていたようです。それでも安心できなかったので,3号館前に車を止めてしばらくアイドリング。空ぶかしも何度かしてみてエンジンには水が入ってなさそうなことを確認し,今オフィスで水が引くのを待っています。

というか,今日はこれからミーティングだったので雨が降っていようがいまいがまだオフィスにいなければならなかったので,タイミング的には悪くなかったともいえます。いや,しかし,雨もすごいけど,KEKの水はけの悪さに驚きました。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

リオオリンピック雑感

前回のエントリーで書いた通り,子供が体調を崩したことでこの夏のお盆休み前後はほぼ家に閉じこもっていました。そのため,通常は見ることのない高校野球やオリンピックを長い時間テレビで見ました。普段ほとんどテレビを見ないので,あ,今年は真田丸だけは見ています,1年分くらいはこの1,2週間で見たのではないかと思います。

そんなわけで,世間でも多くの人がつぶやいたりブログに書いてるかと思いますが,私もオリンピック雑感を幾つか書いてみます。

レスリング女子の吉田選手。登場前日に女子3人が揃って金メダルを取ったことで,そうでなくても大変なプレッシャーなのにさらにプレッシャーがかかって大変だという中での銀メダルは見事でした。私は家族に,さすがにプレッシャーがきつすぎるので,かつ全盛期は過ぎていますから,メダルすら無理ではないかと言ってました。銀メダルでもたいしたものだし,テレビの報道を信じるなら,彼女を目指してレスリングを始めた人ばかり。そういう意味ではレスリング女子にとって彼女の功績は偉大すぎです。素晴らしい。

卓球男子の水谷選手。彼を最初に見たときからギター侍に似てると思っていました。ようやく最近になって(?)そういう話題が出てくるようになりましたが,かなり似ているように思います。

そっくりといえば,競泳平泳ぎ女子で金メダルをとった金藤選手(だったかな)。女子サッカーの澤穂希さんにそっくりですね。

オリンピックの雑感が顔の話題ばかりになってきましたが,競技自体で印象的だったのは,長距離のアフリカ勢の強さ。今回に限ったことではありませんが,エチオピアとかケニアの国内大会の方がオリンピックよりレベル高かったりしそうです。。

あとオリンピック自体の感想ではありませんが,今日の新聞の見出しに「41個の感動」というのがあって,ちょっと驚きました。41はもちろん日本が獲得したメダル数ですが。。。メダルを取っていなくても十分感動する日本選手のプレーはありましたし,感動するのは日本選手のプレーだけではありません。ちゃんとした新聞社の見出しだったので余計に驚きました。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

休みボケ

KEKは昨日まで盆休みでした。避暑を兼ねてカミさんの実家に帰省する予定でしたが,子供が2人とも大きく体調を崩し,帰省はおろか家から出ることがほとんどできず,この3日4日ひたすら家でダラダラとしていました。おかげで私自身はゆっくりと休むことができましたが,休み明けの今日になってもそのダラダラ感から抜け出せず,夏休み明け子供のように休みぼけです。

社会復帰するまでにしばらく時間がかかりそう...と言いたいところなのですが,締め切りに追われる案件が幾つかあるのと,来週はちょっと変わった会合でのトークがあるためその準備もしなければならず,いい具合に休みボケを解消できそうです。。

それにしてもつくばは涼しい。というか,関東は涼しい。というか,関西は暑いです。


日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ICHEP2016関連の与太話

ICHEP関連のエントリーの連投になります。先週の慌ただしさから解放され,ICHEPのスライドを眺める時間を作れたためにネタを見つけました。

まず前フリですが,ダークマターの直接探索実験の多さは凄いですね。しかも,spin independentと呼ばれるほうでは検出器の大きさ勝負になるので,各国が巨大化を競っています。しかもテクノロジーはみなキセノン。それらの結果を全部足せば実効体積を大きくできますから,足せばいいのにと思うのですが,検出技術が違うので単純には足せない=系統誤差の取り扱いが違うの足せないのですかね。

さて,昨日からICHEPはプレナリーになり,LHC関連ではATLASとCMSのスポークスパーソンが話をしました。いろいろな結果を見せていましたが,気づいたことを幾つか。あ,以下は,タイトルにあるように酒の席でのネタ的な与太話なので真面目な話ではありません。

まずはATLASが見せた標準模型粒子の生成断面積のプロット。
ICHEP2016 ATLAS SM summary
いやー,美しいですね。私個人的にはこの重心系エネルギー依存性のプロットが好きでして,このプロットの一番上のttbar(やWやZ)の断面積だとTevatronのエネルギーまで依存性を見ることができて,普通の人は標準模型すげーということになるのかと思います。私の場合は少しだけ違う視線で,もちろん標準模型すげーとは思うのですが,このような綺麗な一致を得るには検出器の理解やPDFの理解などが必要だし,それから,標準模型の一部なのかもしれませんがNNLOまで計算してあったりと,つまり,実験屋や地味な(?)計算をしっかりやってくれる理論屋さんなど多くの人の成果の積み重ねでこの美しいプロットが得られているのだと思うと,リオのオリンピックに負けない感動があります。ただ,いつも言ってますが,χ二乗が小さすぎなのではないかと,それは気になっています。

そして次はこれ。H→γγのプロット2発を見てください。左がATLASで右がCMSです。
ICHEP2016 ATLAS H→γγ ICHEP2016 CMS H→γγ

どのタイミングだったか覚えていませんが,前にCMSのプロットを見たときも気になっていたのですが,130から150ないしは160GeVくらいのところまで滑らかにうねっていませんか。133か134でピーク,143GeVでピークみたいな感じに。あるいは言い方を変えると,130,140弱,150弱,160弱というように一定間隔で下がっているというか。。

そういうバイアスのある目で見ると,ATLASのほうにもほぼ同じくらいの周期でうねりがあるように見えなくもありません。というか,私幽霊を見たことはありませんし,これからも見えないと思いますが,見える人には見えるように,一回そう見えてしまうと一定周期のうねりあるように見えて仕方ありません。

はい,繰り返しですが,ブログのネタの与太話ですから,7,8TeVの結果を調べたり,H→ZZを調べて,真面目に反論したりしないようお願いします。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |

KEK予定停電

KEKはこの週末停電です。整備のための予定されていた停電で,メールサーバーと,ウェブサーバーは立ち上がっていますが,その他は何にもできないので,家で今日はゆっくりとしています。ICHEPのスライドを眺めるなどリラックスしています。

というように今日はのんびりしているのですが,先週は私にとっては極めて慌ただしい週でした。その山場は金曜の夜から土曜の未明にかけてで,都内某所でICHEPの結果の一部についての解説を行いました。この解説会にいたるまでの経緯には大きな紆余曲折があり,また,CERNのプレスリリースの内容がなかなか私たちのところにまで届いてこなかったため,オフィシャルな見解をどのようにどのタイミングで伝えるべきなのか,その対応に苦慮した数日間でした。水曜くらいからこの対応に追われ,落ち着いて他のことをやる時間が全くなかったので,今日の休みは本当によい休養日となっています。

さて,ICHEPですが,ヒッグスやSUSY探索などLHC関連の主な発表はだいぶ済みました。前回のエントリーでも書きましたが,ヒッグス関連ではγγとZZへの崩壊は綺麗に見えているのですが,相変わらずbbはハッキリしません。自分自身が昔から特に興味をもっているチャンネルで,自分の学生やポスドクもこのチャンネルをやっているのですが,未だに信号を有意に観測できていません。統計的に若干不利な方向に振れているということもありますが,ヒッグスが125GeVに存在することはすでにわかっているので,統計的な上振れでラッキーな観測をするよりも,測定精度を上げることが何より重要です。その意味ではもっとデータを貯める必要があります。

SUSY関連では,一番重要なinclusiveな探索ではグルイーノ質量の制限が1.8TeV付近にまで達しています。ATLASではstopの1レプトンチャンネルにかすかな事象過多があったのですが,CMSにはそういうのは見られず,stop質量の制限が800GeV近辺に来ています。チャージーノ系の探索も,8TeVでは700GeV近辺だった制限が1TeV越えかというところまで来ていますが,有意な信号は得られていません。LHCの調子はいいので,これからさらにデータを貯めて探索感度を上げていくしかありませんね。

ついでに書いておくと,Z'は4TeV,W'は4.7TeVくらいまで棄却しました。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ICHEP2016とか

昨日からシカゴで始まったICHEP2016では,色々な結果が公表され始めています。

初日の昨日はまずヒッグスのセッションがあり,ATLAS,CMSともにγγとZZで綺麗に信号が見えています。こうなると次にやるのは,WやZ,そしてttbarが見つかるとその後やってきたように,生成断面積の重心系エネルギー依存性です。もちろん,まだまだ誤差は大きいのですが,それでもなんとなく理論予想通りの依存性が見えてきています。

一方で今日はKEKでニュートリノのセミナーがあり京大のIさんが最新結果について話をしました。私個人的に興味深かったのは,トークの後の雑談で聞いたのですが,Novaはparticle IDに画像分析の技術を取り入れてDeep learningを使っているんだとか。囲碁でプロに勝ったことで話題になったアルゴリズムですね。それが導入されているのだそうです。私,近々,素粒子物理学とビッグデータの処理,あるいは画像処理といった異分野融合関連の話をしなければならないのですが,いいネタを仕入れることができました。トークの準備をするときには調べてみることにします。

しかし,ニュートリノセクターで大きくCPが破れているのですかね。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |