ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

豪華解説陣

昨日は午前中が高エネルギー委員会,午後が高エネルギー物理将来計画検討小委員会でした。

名前は似てますし,扱うテーマも大きく言えば午前も午後もに同じなのですが,議論する内容はかなり違っています。高エネルギー委員会では予算やら組織の話などなど,生臭い話が多いのですが,将来計画検討のほうは物理が主な議論内容で,両方出席すると同じものを扱っているのに料理法が違うとこうも違うかというくらい心証というか楽しさが違いました。当然,午後のほうが楽しく,長い委員会の1日となってしまいましたが,それなりに楽しい1日でした。

特に,私には豪華解説陣がいたので物理を楽しめました。右隣にはKEKのKさん,左隣がIPMUのMさん。二人とも現象論で活躍する日本を代表する第1人者で,私が何かわからないことをボソッと言うと,二人がすぐにきっちりと教えてくれるのです。最初は独り言のようにわからないことをつぶやいていたのですが,味をしめた私はだんだん調子にのって,二人が教えてくれるのを期待してどんどんつぶやくようになり,さらに二人はどんどん教えてくれるという構図でした。いやー,これ素晴らしいです。二人のおかげでいつもよりも議論の内容を深く理解できました。

もともと物理だから楽しめるわけですが,これが物理ではない会議とかでも,こういう風にデキる人が自分のつぶやいた疑問にどんどん答えてくれると,会議の内容を深く理解でき,つまらない会議でも少しは楽しくなりそうです。

豪華解説陣,最高でした。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |

委員会続き

J-PARCのPACを終えてさきほどKEKに戻ってきました。毎度のことですが,この委員会は朝早くから夜中まで休みなく働かないとならないので,非常に疲れます。外国から来てる委員は本当に大変だろうなぁと毎回思います。私自身は徐々にこの委員会にも慣れてきて,口数は多くありませんがそれなりに言いたいことを段々言えるようになってきています。

ちなみに,委員会では3日間缶詰のような状態なのでメールの対応をこなせず,処理しきれなかったメールの対応をKEKに戻ってからずっとやっています。こういう委員会や飛行機で長旅をするなど,ある一定時間メールを読めない,返事を書けないときに来たメールは,その返事を忘れてしまう確率が上がります。メールに目は通せても,返事すべき全てに返事を書けないので先送りになるものがあり,それが増えると後でリカバリーしきれずに返事しそこねてしまいます。そうならないように,一生懸命返事を書いているところです。

そんなわけでPACを終えたところなのですが,明日はまた別の委員会です。今週は,週の大半を委員会で過ごすことになりました。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |

論文添削

今日は,D論を書いているJくんの原稿添削をしています。テーマはLHCを使ったダークマター探索で,ヒッグスのbb対への崩壊と消失エネルギー(陽子陽子衝突で生成されたダークマターは物質との相互作用が弱いのでニュートリノのように検出器で検出されません)が信号というモードです。

実験の内容そのものについては特別変わった解析をしているわけではないので,そこらへんまでいけばどんどん読めるしコメントを出すのも楽なはずなのですが,今見ているのはイントロダクション部分で,ダークマターそのものに関する記述がほとんどなのですが,そこらへんについては専門なわけではないので苦労しながら読んでいます。解析テーマとしては面白いと思ったのですが,こんな罠があるとは。。って,それを書いてるJくんにとってはもっと災難なのかもしれませんが,若いのできっと私よりも遥かに早く知識を吸収しているに違いありません。

ただ,知らなかったことを色々と勉強できるので,そういう意味では時間さえあれば論文添削は楽しい作業ではあります。ということで,今日は珍しく物理に触れて楽しい1日でした。が,それもつかの間。明日から3日間はJ-PARCで缶詰委員会です。。

大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |

高校生への講義

KEKの施設見学に訪れていた高校生にATLASの話,というかヒッグスの話をしてきました。最近はアウトリーチというか,高校生相手の講義が若干減っていて,割と久しぶりに若者相手に話をしました。

その施設見学に来てくれた高校は毎年同じ時期に来ているらしくて,実は,去年も同じ高校の生徒相手にヒッグスの話をしました。参加する学年が違うのでまあ同じ話でも問題はなさげなのですが,全く同じというのも申し訳ない気がするので,昨日はスライドに幾つかの手直しを入れました。同じ時間でほぼ同じ内容を話すので,去年の経験をもとに手直しを入れたわけですが,その甲斐があって時間配分が去年よりもだいぶマシでした。最後に質疑応答の時間をちょうどいいくらい残せて,かつ,生徒さんが熱心に話を聞いてくれたのでたくさんの質問が出て楽しい講義をやらせてもらいました。質問が多いと講演者はやはり嬉しいものです。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

名古屋でのミーティング

前回のエントリーで書いたように,一昨日と昨日は名古屋でATLAS関連のミーティングでした。ATLAS日本グループは,検出器的には,主にシリコン検出器とミューオントリガー関係が担当なのですが,自分がシリコンをやっている関係上,ミューオン関係の話は週一のKEK内のミーティングで軽く現状報告を聞くだけで,あまり詳しくフォローできていません。ですが,このミーティングではミューオン関係の話を多く聞けるので,特にアップグレード関係がどのような進捗状況なのかがわかり勉強になります。加えて,普段は,自分が指導する学生以外の話を聞く機会はほぼないので,たくさんの学生の話を聞けてミーティングを大いに楽しむことができました。

ミーティングだけでなく,夜の飲み会と名古屋メシも含めて充実した2日間でした。かなり疲れましたが,面白かったので疲労感が少なく,今日もちゃんと休みを取れているので不思議と元気に新しい週を迎えられそうです。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |

涼しい

つくばは涼しいです。天気予報によると今日の最高,最低気温はそれぞれ24℃と21℃。大阪に住んでいた私にとっては別世界です。ちなみに今日の大阪の最高最低気温は,33℃と24℃。大阪だけでなく西日本には夏の休みがなく,7月から9月までは猛暑日と熱帯夜に近い気温が休みなく続きますが,関東地方はそういう猛暑の日が圧倒的に少なく,昨日今日のような夏の休みがあるので本当に過ごしやすいです。暑いのって数日なら平気ですが,続くと体力的にしんどいので,こういう夏の休みがあるのは体力的に非常に楽です。

しかし,残念なことにこの涼しいつくばを明日明後日は離れなければなりません。行き先は名古屋。私がいつも言ってるように,統計を調べると,京都,大阪,神戸が沖縄を除くと日本で一番暑い都市で,それぞれ最高気温の高さ,平均気温の高さ,最低気温の高さのチャンピオンなのですが,名古屋も関東地方に比べるとだいぶ暑いので,この涼しいつくばを離れるのがもったいない気分です。って,たった2日間のことですけど。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ICHEPへ向けて佳境

8月の第1週にシカゴでICHEPという国際会議が開催されます。夏の国際会議ではLepton-Photonと並んで最重要の会議で(ICHEPとLepton-Photonは隔年でそれぞれ交互に開催されます),今はその会議での発表に向けて各種物理解析が佳境を迎えています。現地に滞在する博士課程の学生やポスドクを中心に(たぶん)昼夜を問わず精力的に解析作業が進められています。

今朝はポスドクのYくんに幾つかハイライトを教えてもらい,解析ノートや各種発表のスライドを眺めていました。当然,ICHEPまでは結果については何も喋れませんが,いやー,やっぱり現場は楽しそうです。そういう私も久々に物理をやってる気分になって楽しみました。ただ,極めて多人数で解析をしてるのでここまでやるかというくらい色々調べられていたり,解析手順が複雑で,実験の全体像を若い学生がつかめるのだろうかと不安にもなります。それくらい,しらみつぶしに色々なことがやられていて,大きな会議でのレビュートークに使われるプロット1枚を作るにも大勢による莫大な労力がつぎ込まれていることを実感します。

ICHEPでの発表に使う予定のデータ全ての結果はまだ出ていないので,現段階よりもさらに統計を増やした結果などもこれから出てくるはずで,どんな結果が出てくるか非常に楽しみです。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |

毎日20,000個のヒッグス

LHC順調です。淡々とデータ収集を行い,ATLASでは今年だけで13/fb近くのデータを収集しました。普通にデータ収集を行っていると,1日あたり400/pb程度のデータを貯めています。

400/pbだとどれくらいのヒッグスが生成されているのかを試しに計算してみると,ヒッグスの生成断面積の正確な数字を覚えていないので概数で50pbとします。すると,毎日ATLASだけで約2万個ものヒッグスが生成されていることになります。いやー,結構の数になるものですね。

グルーオン融合で生成されるのがメインなので,崩壊モードとしてγγを考えるとその崩壊比は約0.2%。ということは,毎日40個のH→γγが生成されていることになります。これに検出効率をかけると...うっ,信号の検出効率を私知りません。そのうち現場で解析してる人に数字を聞くとして,今はお遊びなので,γ1本で60%として2本あるから36%。計算しやすくするために30%とすると,1日あたり10個ちょいのH→γγが事象選別で残ることになります。(数字はいい加減なので信用しないでください。オーダーこんなもんだろう,という感じです。)

じゃあどれけの事象がトータルで生成されているかというと,全断面積はオーダー100mbですから,1日あたりに4E13個。えーと40兆回ですか。。40兆個の中から生成される2万個ですから,20億回に1回生成されるヒッグスを見つけ出していることになります。一般公開のときなんかのトークのためによく計算するのですが,こうやって計算してみると,1日に2万個も生成されていてもそれを効率良く探し出すのが難しいということがなんとなくわかるかと思います。

にしても,1日に2万個も生成されているのですから,当然のことながら分岐比の大きい崩壊モードを使えれば統計的にはずいぶん有利になります。でもそれが難しいんですよね。だからこそ解析好きの人には面白いとも言えるのですが。

話が発散しましたが,そんなわけでATLASでは日々2万個のヒッグスを生成するだけの陽子・陽子衝突が起こっています。この調子でいったら,今年中に30/fbくらい行きそうな勢いですね。小動物が変電施設に入るとか,木と電線が当たってショートするとか,その手の単純な自然災害的なものがなく順調に動き続けて欲しいものです。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |

久々の休日

1ヶ月ちょいぶりの休日を有意義に過ごしています。あ,いや,先週は半休を取らないとならない事情があったのですが,実際に休みとして休むのは約1ヶ月ぶりです。

どれだけ有意義かというと,金曜はKEKの飲み仲間3人と飲みに行き,家に帰ったのは朝4時過ぎ。私が酒好きなのは有名ですが,仲間と飲む酒はさらにうまいです。そして昨日は爆睡。ほぼ1日ずっと寝ていました。今日も朝寝坊をして,その後は久々の休日&梅雨の合間の晴れ間という貴重なチャンスを生かすべく,洗濯,掃除三昧。これぞまさしく久々の休日という過ごし方をしています。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

危ないよっ

今朝KEKに来る途中ヒヤッとすることがありました。車での通勤途中,片側2車線の道で信号待ちしていました。私は前から3台目。信号が青になったので動き出すと,すでに赤になった直行する道から右折車が飛び出してきて,私も含めて発進し始めていた車が一斉にブレーキ。つくばは信号が赤になってもしばらくは突っ込んで来る車が多いといつも愚痴っていますが,今日のは輪をかけてひどかった。。無茶苦茶ですよ。停止していた車がすべて動き出すタイミングですから,ヨーロッパと違って(ヨーロッパだと青になった瞬間にみんな猛ダッシュで発進します)日本では青になってからの反応が遅いことを勘案すると,赤になった直後に突っ込むなんていうもんじゃなくて,赤になってさらに一呼吸置いてからなのに突っ込んで来てるのです。狂ってる。

で,思い出したのは昨日の朝のことです。これまた車での通勤途中,私の前を走るハッチバックの車のハッチバックドアが全開。しかも荷室にはがらくたみたいなものが山ほど積んであり,今にも落ちてきそう。減速は大丈夫でしょうけど加速時は何かが落ちてきそうなので,加速時にはあまり近づかないように気をつけつつなるべく接近してうまいことその車の横に入ろうと試みました。しばらくすると,運良く信号待ちでその車の横に並べたので窓を開けて大声で後ろのドアが開いていることを教えました。運転手はドアが開いていなかったことに驚いた様子で,信号が青になり車が動き出すと傍道に入ったのできっとそこでドアを閉めたのでしょう。ちなみにドライバーは高齢者。。。

つくばで車を運転してると,油断ならないことがホントに多いです。マナーの悪さはKEKの敷地内でも一緒で,30km/h制限の道をガンガン走る車が結構います。私がいつも文句を言ってるのは,そういう車は30km/h制限の道でも60km/hくらい,60km/h制限のお大通りでも60km/hくらい。歩道が分離されかつ中央分離帯のある60km/h制限の道と,市街地で歩道がなくチャリや歩行者が脇を通っている30km/h制限の道でも,同じくらいの速さで走ろうとする輩がいます。私これが信じられないんですよね。で,それが,KEK内のドライバーにも多くいるってことが嘆かわしいです。私のオフィスの周りだと歩行者やチャリが道を横断しますし,横断歩道の連発ですから,正常な神経の持ち主ならそれなりにゆっくり走ります。なのに東大通りと同じ速さで走ろうとする車が多いので,スピード防止のための段差が設けられて走りにくい道になっています。マナーの悪い奴がいるためにその他大勢が迷惑を被る例ですが,そういうマナーの悪い奴が自分の職場内にいるのは悲しいですね。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ニューヨークでの写真追加

今頃になってニューヨークでの写真を追加してみます。

まずは,宿泊していた大学の宿舎の窓からの眺め。この前のエントリーで載せたのとほぼ同じアングルですが,時間が違います。1日を覗いて,時差ぼけで超早起きしていたので晴れている日は綺麗な朝焼けを見ることができました。
窓からの眺めその2

もう一つは,ATLASをやってる人間としては外せない一枚です。
NYのATLAS像
金曜日にミーティングを終えたあと,この像を見ようと私を含む4人で出かけました。ロックフェラーセンターの近くなのですが,一緒に行ったOくんの心許ない記憶を頼りにようやく見つけて記念撮影をしたのでした。すごく大きなATLAS像で,実はこの写真の下のほうに私が写っているのですが,自分の不細工な顔を載せるのは恥ずかしいのでカットしてあります。

ニューヨークは物価は高いとはいえ,慣れてくるとそれなりに安いものもあり,また食べ物に関しては私の第二あるいは第三の故郷とも言えるFermilab界隈よりはるかにましだし,何と言ってもパブのような飲み屋が多いので,個人的には遊びに行くにはそれなりに楽しそうなところでした。残念ながら,唯一の観光はこのATLAS像を見に行っただけでしたが。。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

いまさっき見事な虹を見ました。明日,総研大のオープンキャンパスで見学学生に見てもらうポスターを展示するために,オフィスのある建物から別の建物に歩いていると,夕日を背に東側に本当に見事な虹が見えました。ほぼ半円を描くような長さの上で,かつ,よく見えるほうの七色の外側に,内側とは色の向きが反対のやつまで内側のと同じ長さで見えました。外側のやつが見えるのはまれだし,見えてもほんの一部分だけですが,今日のはホントに立派な虹でした。

私のブログっぽくない出だしでした。いや,だからといって本題があるわけではなく,あまりに見事だったのでおもわざず記事にしてしまいました。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |