ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

教育は公共財ではないのか

少し前に書いた通り,今学期は月火水と授業。今週からは全ての授業が本格的に始まり,学期の初めということで慣れていないせいもあり,毎日授業が終わったあとは喉がカラカラでした。その後,昨日と今日は大学の委員会,というか会議の連続。昨日は午前中が湯川記念室委員会なる委員会,午後は物理学専攻の運営会議。そして今日の午前は物理学科の広報委員会なるものに出席しました。広報委員というのは今年度からなのですが,他の学科は委員全てが教授。なぜか物理学科だけは准教授。と書いてて気づきましたが,昨日の委員会も私以外は教授だけ。よく言われていますが,私たちの大学の理学部は,他の大学に比べて権利というか権力が教授に集中しています。大講座制というのもありますが,准教授は博士課程学生の学位論文の主査になれなかったり,大学院入試時に学生を選ぶ会議には加われなかったりと,教授と准教授の間に大きな権力差があります。というわけで,身分も権力も給料も教授と准教授では違うはずなのに,私の態度があまりにデカ過ぎるからなのか,雑用負担は教授ばりです。とほほ。

まあ,引き受けている雑用は大したことありませんし,見えないところで教授たちは数えきれない雑用を抱えているのでしょう。と,タイムリーなことに,今年度の物理学専攻の役割分担(なんちゃら委員みたいなもの)の一覧が昨日配られたのでそれを眺めると,なんと役割の数だけで84。しかも1つの担当が複数の役割もありますから,延べ人数では100人くらい必要。それに対して教授と准教授の数を合わせても30人程度。しかも,まあ,ぶっちゃけ何にもしない人も何人かいます。話が脇道に逸れますが,こういうのが不思議なんですよね,大学って。100の仕事を30人で分けようとしたら一人で3つか4つの仕事をこなさないとなりませんが,そういう風に均等に仕事が割り振られていません。全然やってない人もいるんですよね。おっと,それは置いとくとして(良くないけど),目に見える雑用だけでもこんだけあるんですよね。私も今日は,午前の委員会で決まったことの処理のために時間を費やしています。

おっと,だいぶ前置き(=愚痴)が長くなりましたが,言いたいのは何かというと,やっぱり大学はスタッフの数が少な過ぎます。大学だけじゃない,どこも人手不足だと言ってる人の姿が目に浮かぶようですが,とりあえず異業種間の比較はやめて違う国と比較すると,日本は驚くほど大学教員数が少なそうです。少なくとも国が高等教育に使っている予算は,GDP比でも国家予算比でもOECD諸国中最下位。正確にはどっちかがビリで,どっちかがブービー。見事です。でもって,小学校から高校までに対して使っている予算はそれほど少なくありません。というか,ほぼ平均的。ですが大学以上に対しては欧米先進国のほぼ半分。悲惨な状況です。よくアメリカの大学は私立有意だと言われますが,そんなアメリカに比べても半分くらいです。あと,大学同様悲惨なのは小学校就学前,つまり幼稚園とか保育園に対する予算。むしろ大学よりも酷くて,先進国の半分どころか数分の一しか金をつぎ込んでいないようです。

日本では公共の予算をなんでここまで教育に使わないんでしょうね。大学教員の勝手な言い草だとわかってますが,国力を保つためには他の国と同じくらいの予算はやっぱり必要です。国際競争で頑張っている会社だって,開発費はやはり他の国のライバル会社と同様の規模で使っているのではないでしょうか。もちろん例外的に少ない資金で頑張ってる企業もありますが,逆に資金はあっても競争に勝ってない会社もあって,結局,身もふたもない言い方になってしまいますが,競争では資金がモノを言うのではないでしょうか。しかも,教育って企業人にだって必須の要素で,よく大学生は勉強してないとか,大学は何にも教えてないとか言いますが,だったらなんで高校3年生を企業では雇わないのですか。いや,極論なのはわかりますが,やはり,大学1年生と修士を卒業した学生では,少なくとも物理学科の学生の場合,全く比べ物にならない能力差です。でも,そこに投資している資本が他の国の半分,下手すると半分にも届いてないというのは,本当に国として将来ヤバいのではないかと不安になります。

少し前にこのテの話題を取り扱った本を読んだのですが,日本には教育が公共財だという考えがないんだそうです。教育を受けるには身銭を払えと,確かにそういうところがあると感じます。でも,なんでなんでしょうか。教育って,国防とか,道路とかと教育って同じじゃないんですかね。いや,書いてて思いましたが,国を守るという観点で国防と同じですよ。それに,言いたいことの本筋からは微妙に外れるかもしれませんが,少なくとも,金持ちでも貧乏人でも同じ能力があれば同じだけ教育を受けられるようなシステムがあるのが普通だと思うし,多くの先進国ではそうなっているのに,なんで日本ではそうなっていないんだろう,と悩みます。そういう教育をしてこなかった教育のせいなんでしょうかね…。
大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |

一般(学生)向け講演

今さっき物理学科のS教授から,一般向け講演のようなものを依頼されました。残念ながら,種々の事情によりこの話は引き受けることができませんでした。すみません,Sさん。

代わりにと言ってはなんですが,2つ告知を思いつきました。

フロムページという会社がやってる大学案内に夢ナビというのがあります。依頼を受けて,どういう研究をしているのかウェブ上で紹介したことがあったのですが(実際には,取材に来られて,私が説明した内容を原稿に焼き直してもらい,それがウェブに載るというスタイルでした),今度は高校生向けの合同進学ガイダンスで30分ほど何やら話をすることになりました。6月23日(土)にインデックス大阪です。坊主頭を見たい高校生の方は,進学ガイダンスを覗きに来てください。

もう一つは,去年の12月に佐賀でやった平成基礎科学財団主催の講演会の第2弾を東京でやることになりました。って,上の合同進学ガイダンスもですが,決まったのはだいぶ前のことで,ブログに書くのを忘れていました。時期は12月,会場は今度はT大学の小柴ホールです。ただし,基本的には高校生と大学生向けなので,残念ながら一般の方は申し込めません。けど,佐賀のときはそれなりに大人もいました。全部,学生の引率者だったんでしょうかね。

どちらも高校生あるいは大学生向けの企画ですので,このブログをご覧になってる大人の方には,周りの学生さんに勧めていただけると幸いです。高校生,大学生の参加,お待ちしております。

研究 | コメント:1 | トラックバック:0 |

D論公聴会

Kaon実験をやっているIくんの博士論文公聴会でした。私たちの大学というか学部(学科?)では,公聴会の前に審査委員だけで内審査を行い,その内審査をクリアできないと公聴会へ進めません。逆に言うと,内審査をクリアしているのですから,よっぽどのことがないかぎり,つまり,審査員以外がおもいっきり反対することはあまりありませんから,公聴会でもめることはありません。まあぶっちゃけてしまうとformalityではあるのですが,そうは言っても公聴会で承認が得られなければ博士課程を終了できませんから,学生にとってはそれなりに緊張感のある催しではあるのでしょう。めでたく博士になったIくんを祝い,学生とポスドク連中は飲みに出かけたようです。おめでとう,Iくん。

ちなみに,この内審査は博士論文の審査だけではなく,色々な場面で理学部あるいは物理学科で使われています。たとえば,博士課程に編入(あるいは他の大学の修士課程から私たちの大学の博士課程に進学)する場合や留学生が大学院に入学するなど,例外処理的な事象を取り扱う際は大抵内審査で実質的な判断がくだされます。この審査は通称5人委員会と呼ばれ,その名の通り5人(以上)の審査員で構成されます。主査が1人に副査が4人以上。この5人以上というのは曲者で,急ぎで何かを進めたいときに,たとえば博士論文の審査を急ぎで行いたい場合とか,この委員会を招集するのが難しくてなかなか物事が進められないなんていう事態がおこったりします。教授,准教授を5人集めるというのは至難の業で,毎回本当に日程調整には苦労します。私は自分が直接指導する学生のための博士論文関連の日程調整をしたことはまだありませんが,博士課程への入学,あるいは留学生のための委員会を招集したことがあり,そのときも本当に苦労しました。でも,博士論文審査のためならそういう苦労も早くしてみたいものです。

しかし,今気づきましたが,私が現職についてから他の研究室の学生の審査員になったことはありましたが,私たちの研究室の学生が博士論文を仕上げたのは初めてなんですね。Y研究室にとって久しぶりの博士誕生ということになります。博士課程在籍中の学生が非常に多いので忘れていましたが,Iくんはまさに博士課程学生のバンチ構造の先頭だったのですね。何事も先頭を引っ張るというのは大変なわけで,学生の親分として頑張ってきたのではないかと思います。そういう意味では,ATLASグループのHくんもグループの先頭の学生として色々負荷がかかっているのでしょうね。頑張ってください。

大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |

新メンバーとか

研究室の新M1のプロジェクトが数日前に決まりました。4人のうち,IくんとWくんが私たちATLASグループ,2人のTくんがKaon実験と,きれいに2対2に分かれました。今年は去年のような白熱した議論がなく,本人たちの希望通りにすんなりと決まりました。とはいえ,修士課程1年の前期は,授業に出て単位を取ることにプライオリティを置いてもらっているので,本格的な研究は夏休みくらいからということになります。

全く関係ない話題ですが,今日は英語漬けでした。修士課程2年でピクセルの信号読み出しをやっているJくん(伏せ字の意味がほとんどない。。)と研究のことについて話をすること1時間半。日常会話は日本語OKですが,研究の話になると英語になるJくんに対応してずっと英語での会話。その後に,国際スクールの委員の一人とSkypeでさらに1時間みっちりと会話。合計2時間半ずっと英語のマンツーマンというのは,なかなかに疲れました。いつも書いてますが,英語で長時間ミーティングやってるだけでも意識がかすれることあります。でもマンツーマンで話をしているときは,意識を失っていられないので本当に集中力が要求されます。さらにその後にあった日本語でミーティングは,まるでオアシスでした。

大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |

スクールの宣伝

今日はスクールの宣伝です。前にもしましたが,reminderです。

まず一つ目は,私を含めた数人で企画運営している琵琶湖畔で5月に行うスクールです。去年,彦根でやり好評だったので,今年もやろうということになりました。去年に引き続き今年も講師は充実しています。単に講師が充実しているだけでなく,去年の反省を踏まえ,講師の方にはよりスクールらしい内容の講義をお願いしました。去年は最新実験のレビュー的なものが多かったので,講師の話が面白かったこともあり,スタッフは非常に楽しめたのですが,学生,特に修士の学生には厳しい内容だったかもというのが反省内容です。また,学生の講演が盛り上がるように,今年は賞金を用意します(もちろんポケットマネーです)。15+5分の講演で,学生だったら数回飲みに行けるくらいの賞金を稼げる可能性があるので,かなりオイシイのではないかと思います。学生のみなさん,参加だけでなく,講演の申し込みを考えてはいかがでしょうか。

そしてもう一つが,AEPSという10月に福岡で開催する国際スクールです。すでに何度もこのブログでも取り上げているので,これ以上書くことありませんが,申し込みの締め切りが23日に迫っています。推薦書も必要ですので,23日の締切りというのは実はかなり差し迫った締切りです。興味のある方はぜひお早めにご応募ください。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |

この数日の色々

前回のエントリーでルミノシティが順調に伸びてるということを書きましたが,週末もさらに順調に加速器動いています。1000バンチはやらずにいきなり1380という話を聞いていましたが,私の誤認なのか,1000バンチちょいで週末は走ったようです。その結果ルミノシティは4E33に近づきました。過去最高記録かもしれません。しかも1日あたりの積分ルミノシティも100pb^{-1}を越える日があったようです。前回の簡単な概算に基づくと,この調子ならやはり15fb^{-1}今年中に集められそうな勢いです。素晴らしいですね。ただし,相変わらずの50nsバンチ間隔なので,陽子陽子衝突あたりの相互作用の数は平均で20個を超え,最高では30くらいにまでなっています。検出器にとっては,どんどん厳しい状況になっています。

LHCの再開と並行して,大学も新学期,新年度。これも先週くらいのエントリーで書きましたが,授業が始まっています。先週水曜は大学院生を相手に高エネルギー物理学。これは基本的に自分が好きなことを喋るので,無理しなくてもテンションを保てます。一方,今日からは基礎工学部の2年生を相手に電磁気学の講義。電磁気学という基礎科目であることや,受講者数が100名近いということがあって(=学生とのコミュニケーションを取りづらい),意識してテンションを高めないとどんよりとした授業になってしまいます。何かいいことがあった後だと自然にテンション上がるのですが,今日はちとその逆だったので,自分をハイに持っていくのにちょっと苦労しました。

それから,もう一つ別件。
コメントを貰い思い出したのですが,素粒子物理学関連のちょっとした解説をしたエントリーをリンク集として纏めています。誰も気づかないかと思いますが,ブログのトップ,右のプロフィールやら何やらの一番下に素粒子物理を物理屋でない人に説明しよとした足跡としてもリンク張ってあります。今日ちょっとだけ整理したのですが,自分自身,こういうエントリーを作っておきながら,自分で何を説明したのか全く把握していません。はい,思いつきで毎日即興でエントリー書いていますので…。ということで,そこのリンクに纏めておくとよいかもしれない(?)エントリーがありましたら,私に教えていただけると助かります。私自身でフィルターかけますので,教えていただいたからといって必ずリンク張るということはありませんが,参考にさせてもらいますので,気になるエントリーがある方はぜひお知らせください。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ルミノシティここ数日

私の体調はよくありませんが,LHCの調子は良いです。順調にバンチ数を増やし,それに伴いルミノシティも上昇。3弱×10^{33}くらいまでルミノシティ上がっています。今のバンチ数は800ちょいだと思うのですが,来週には現段階での最高バンチ数1380(だったかな?)まで増やす予定みたいです。

ピークルミノシティだけでなく,安定してここ数日はデータ収集ができており,積分ルミノシティも1日あたり50pb^{-1}程度に到達しており,今年の合計で300pb^{-1}くらいになりました。このままのペースだと1ヶ月で1.5fb^{-1}ですから,トータルで5ヶ月間データ収集できたとして7.5fb^{-1}になります。予定ではルミノシティをさらに2倍にしますから,その予定・目標を達成できたとすると,目標の積分ルミノシティである15fb^{-1}に到達できるということになります。

今のところ,万事予定通りといった感じで,この調子でさらにルミノシティ上がっていって欲しいですね。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |

肺炎

病院に行ってきました。ここ1ヶ月半以上咳が止まらず,かつ,微熱が続いていました。微熱ならいいですが,周期的にかなりの熱も出て,しかも出張続きだったので修論の頃から体力的に相当しんどかったのですが,病院に行く暇がなかったので自分の体調のことは考えないようにしていました。

でも,ようやく無茶苦茶な忙しさから解放され,また,Y教授の勧めもあって,授業が本格的に始まる前に医者に見てもらうことにしたのでした。その結果は,肺炎,マイコプラズマかな,もしかすると気管支炎になってるかもしれないね。という医者の見立てでした。しんどさからして,ま,それくらいは当然だろうなと思っていたので驚きはしませんでした。というか,逆に,肺炎くらいでよかったというのが本音です。レントゲンを撮って,その映像を医者が真剣に見ること約10秒か20秒。第一声が「だいたいいいんですけど,この辺りにちょっと影がありますね」だったので,もしかすると,と思っていたこともあり,あーやっぱり癌か,と思ってしまいました。でも説明を聞くと先の解釈。ということで,肺炎くらいでよかったという感想になったのでした。

しっかし,病院というのは相変わらず込んでいますね。大学教員も足りてませんが,医者も足りてないんでしょうね。朝病院に行ったのに,病院を出たのは14時過ぎになっていました。その間ただひたすら待ち続けです。コンピュータ持ってたので多少仕事はできましたが,ネットワークがないのはつらかったです。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

そういう結論になぜなるのか

数学受験の文系大卒は高収入,物理得意の文系もという記事を見つけました。その記事によると,「数学になじむと論理的な思考が身に着き,様々な仕事に適応できる」のだそうです。いや,その記事は,研究者グループの発表内容を引用しているだけで,その主張をしているのは研究者グループなのかもしれません。ついでに,「生物や化学より高い論理性が要求される物理を得意とした人は、年収が高かった」そうです。

おーっ,めでたい。常々多くの人に論理的な思考を身に付けて欲しい,自分もより論理的な考えができるようになりたいと思っている私にとっては,素晴らしい研究結果,記事…と言いたいところですが,この記事からだけだと思いっきりダウトじゃないですか。だって,数学受験する文系大学ってどこですか。国内外で調べたということですが,とりあえず国外の仕組みは日本とは全く違うので忘れてしまうと,日本国内で文系なのに数学の試験が課されている大学ってT大学をはじめ,いわゆるデキル人が母集団の大学なんじゃないんですかね。もちろん,数学ができると高収入という因果関係があるのかもしれませんが,そう簡単には確信が持てる因果関係ではありません。

このテの話って,マスコミに限らず,学者と呼ばれている人でも平気で展開する分野ってあるのですかね。直近そう感じたのは,先月末にスタンフォードに行ったとき。食堂で見知らぬ日本人女性,本人いわく社会学者,の人に話しかけられて少しだけ会話したのですが,彼女の言ってるはまさにこのテの話で,結論ありき,それにどうやって理由付けしようかという内容なのです。たとえば,最近海外に留学する日本人の数が減ったというわけですね。スタンフォードでも減っている,と。いつといつを比べているのか知りませんが,物理屋としては当然,留学する年代の人口で規格化して,かつ,その差が統計的に有意か,あるいは何か突発的な事態(たとえばテロの直後とか)=系統誤差がないか,を考えてから結論を導こうとします。しかし,その人は系統誤差,いえ,統計誤差どころか,人口で規格化しないで自分の結論を押し通そうとするのですよ。短気な私はその時点でその人の相手をしませんでしたが,周りにいた私よりも遥かに包容力のあるATLAS日本グループのメンバーを相手に,私たちから見たら全く根拠がないように思える自説を彼女は延々と展開していました。いや,きっと,彼女は自称社会学者かなんかで,本物の社会学者はそんなことないんでしょうけど,今日の新聞記事を読むと,このエピソードを瞬間想起してしまいました。

別の例をもう一つ。わりと最近読んだ本の話です。その著者は有名な(ビッグな)経済学者らしいのですが,論理の展開がはちゃむちゃ。というか,論理がないんです。ある資料をもとにAという事象とBという事象に相関があることを見つけました。それだけで,Bの原因がAだと結論づけようとするのです。これも先の話と同じで,そういう因果関係がもしかするとあるのかもしれません。けど,相関があるからと言ってA→BなのかB→Aなのかを特定するには,また別の角度から解析しないとわからないじゃないですか。その人の主張は毎回この同じパターンで,何か相関を見つけると,自分の主張したい方向に矢印をひくのです。前の段落のエピソードは,自称社会学者の話なのかもしれませんが,この本を書いているのはゴーストライターでなければれっきとした学者なわけで,私としてはかなり驚きました。

まあ,どちらも,たまたまそういう人がいたというだけで,ステレオタイプ的に社会学者,あるいは経済学者の人々が論理的な思考を苦手にしてるわけじゃないんでしょうけど,とにかく驚きました。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

新学期

最近ブログの更新頻度が下がっています。毎年1月から3月にかけては,修論,4年生の卒業研究,学会,年度末の事務処理等々が重なってパニックの日々になるのですが,今年はその余波を4月になってもかぶっています。でも,その余波もだいぶやわらぎ,今週後半からは少し落ち着いた生活に戻れそうです。

一方,そんな私のパニックとは関係なく,世間は新学期。私たちの大学では今日から授業開始です。なぜ昨日からではなく今日という半端なところから新学期がスタートするのは謎ですが,まあとにかく今日から新学期の授業開始なのです。私は今学期は授業の担当がかなりヘビーで,月曜は電磁気学の講義,火曜は午後を全部潰してしまう実験の授業,水曜は初めての担当である大学院生向けの高エネルギー物理学。ということで,授業に縛られ今学期の出張は国内,それも週の後半だけに限られそうです。

世間が新学期になったのですから,当然,私たちの研究室も人の入れ替えがありました。研究室を去ったのは,KOTOの研究員をやっていたRくん。この業界を去って,産業界に就職しました。それから修士課程を卒業したYさん。そしてもう一人,4年生だったHくん。彼は役者を目指して修士課程にも行かず,就職もせず,劇団に入る(?)というユニークな道を選びました。以上の3人に変わって新しく入って来たのは,新4年生のAくん,Iさん,Kくん,新M1のIくんにWくん,2人のポスドクOくんとSくん,そして秘書のCさん。Y教授もこの前言ってましたが,この時期に人の入れ替えが大きくあると,大学ってのは教育機関なんだなぁと感慨にふけります。

そんなこんなで,研究室のメンバーが少し入れ替わり,授業も始まるということで,私もギヤを変えて新学期モードに移行しようとしてるところです。

大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |

8TeVでの衝突

私が今週いかにテンパっているかなんていう話よりも重要なニュースがありました。

先週末に4+4TeVでの初めての陽子陽子衝突に成功し,昨日くらい(正確な時間を知りません)に,物理用データ収集を開始しました。4月第1週に物理データ収集開始という予定でしたが,きちんとその予定通りに加速器を仕上げてくるLHC関係者流石です。もちろんルミノシティはまだ低いですが,この分なら今年度目標とするデータ収集量に到達できそうと予感させる上々の立ち上がりです。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ここ数日

日曜日にスタンフォードから帰って来ましたが,その後,今週はずーっと聴牌状態が続いています。

月曜は事務処理と,IくんのD論の内審査。いつものことですが,RCNPのNさんは非常に熱心にD論を読んできて,非常に熱心に質問をするので,彼がいると通常は1時間半くらいの委員会が平気で3時間くらいになります。でもIくんは,ほとんどの質問にきちんと答え,問題なく内審査をクリアしました。公聴会が再来週開かれることになったはずです。その審査委員会の後は,ATLASグループの定例ミーティング。

火曜と水曜は,大阪より北東のK大学にてATLAS日本グループの会合。K大学はバスを使わないとならなくて交通の便が非常に悪く,また,距離がそれほど離れていないために出張での宿泊が許されておらず,会合場所としては我々にとって最悪の部類で,そこへ2日間日帰り出張するのには辟易としました。でも会合では,自分の関連分野以外の動向がよくわかり(やはり日本語でのミーティングは,英語でのミーティングよりも遥かに多くの情報を収集できます),また,普段顔を合わせない人と直接色んな相談ができたので,私にとっては非常に有用でした。

そして昨日は,新しく研究室に配属された学部4年生と修士課程1年生に対するオリエンテーション。そして,高校生(受験生)にサービスを提供している会社の人とのミーティング。

これだけならそれなりに予定ぎっしりですが聴牌するほどのことではありません。問題なのは,科研費その他の競争的資金の交付内定の連絡を受けるにともない,交付申請書を書かなければならないことです。毎度言ってますが,大きな財布1つの場合は申請書1つですみますが,私は小さな財布が幾つかあるので,申請書を幾つも準備しなければなりません。で,毎回のことですが,日程が超タイト。一つの財源なんて,出張中の3日に交付内定の決定の通知がメールで来て,計画書の提出が5日。3日,4日と出張してミーティングをぎっちりこなしてましたから,実質,5日に通知が来てその日のうちに計画書を提出せよ,と言われたのと等価です。科研費に関しては,昨日の晩通知が来て,提出期限は10日。まあ,これは週末を挟んでいるので教員は休日も働くことを仮定すると,それなりに余裕のある通知かもしれません。あ,一つだけ学振に進歩がありました。今年は科研費の交付申請書をWordではなく,ウェブ入力できるようになってました。これは非常に嬉しい変化です。

そんなこんなで慌ただしく過ごしていますが,来週からはいよいよ授業が始まります。今セメスターは授業3つ。2つが講義で,1つが午後まるまるの実験。そのうちの1つの講義が来週から始まるのですが,講義の準備どころか,全体計画についてまだ吟味する時間を作れていません。今週末は体を休めつつ,講義内容についてゆっくり考えたいところです。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ぼうけん

aprilfool2012
この右上の「ぼうけん」というのはApril Fool仕様なんでしょうか。

やっと家に帰って来ました。今回の出張は時差ボケがひどく,かつ,風邪をひいて体調を壊してしんどくてさらに寝られず,ということで,体調的にはきつい出張でした。一緒に晩飯を食いに行ったTさんとTくんにも風邪をうつしてしまったみたいで,2人ともダウンさせてしまい申し訳ないことをしてしました。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |