FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

MINOSでも

昔,ニュートリノの速度を測っていたのですね。arXivの0706.0437にありました。2007年の論文です。その結果は,(v-c)/c=(5.1+/-2.9)x10^{-5}で,誤差がデカイので何にも言えませんが,とりあえず中心値はタキオン領域だったのですね。1.8σなので,ゼロとconsistentと見るのがまあ普通でしょうけど。

ところで,MINOSの時間分解能は系統誤差分だけで64ns。一方,OPERAでは7.4nsですから,OPERAの分解能の良さが際立ちます。さらに,T2K関係者に聞いたところ,T2Kでは一声100nsくらの系統誤差がありそうなので,結果を出すにはこれから色々と頑張らなければならないそうです。ちなみに,スーパーカミオカンデは非常に大きいので,ニュートリノが反応した地点からPMTに光が届くための時間も数10nsから場所によっては100nsオーダーになります。って,偉そうに書いてますが今までそんなことを気にしたことはなく,これまたT2K関係者に指摘されました。ですので,ニュートリノが水と反応した地点からPMTまでの距離の補正が必要で,そこら辺も頑張らないとならないのかもしれません。GPSという私にとってのブラックボックスもきっと重要でしょうし,10nsくらいにまで分解能を上げるのは結構時間がかかるのかもしれません。

それから,今回のタキオン問題の反証として,素粒子物理屋はすぐに1987年の超新星爆発のニュートリノ観測を引き合いに出します。数日前のコメントにも書いた通り,光とニュートリノが同時に放射されたら,ニュートリノの方が4年早く地球に到達してしまうが,実際にはほぼ同時に観測された。よって,ニュートリノがタキオンのはずない,というものです。しかし,天文の友達は超新星爆発のメカニズムに間違いがないのか,というようなことを言っていて,私にとっては目から鱗でした。普段は何でも疑うくせに,他分野の専門知識,ここでは超新星爆発のメカニズム,について全然疑いを持たなかった自分に気づいて驚きました。実際問題としては,光だけが先に放出されてその数年後にニュートリノが放射されるという超新星爆発のメカニズムを考えるのは難しいのでしょうが,そのメカニズムを知らないくせに疑わなかったというのはダメダメですね。

ところで,今回のマスコミ報道の盛り上がりが恣意的と感じるのは私だけなのでしょうか。世間のSF好きが喜ぶのはわかりますが,新聞報道とかを見ると,原発問題と同じように扱われているように感じてしまいます。科学(彼らの言葉では科学技術)の世界で正しいと考えられていたことが覆って(は,いないのですが),それを喜んでいるかのような印象を受けてしまいます。公務員イジメから科学技術イジメに方向転換したかのような,いや,公務員イジメに科学技術イジメを加えたような,印象です。私がひねくれているからそう見えてしまうだけで,素直に大々的な報道を喜んでいればいいのかもしれませんが。

研究 | コメント:13 | トラックバック:0 |
| HOME |