FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

温度計

今年の冬は例年より寒く感じるのですが、それは、私が年を取って寒がりになっているからなのか、本当に気温が低いのか、定かではありません。がっ、昨日、今日は、相当寒いと自信を持って言えるくらい寒かったのではないでしょうか。

寒いこと自体は、いくら寒いと言っても大阪ですから、たいしたことはありません。天気予報のサイトに行って、住んでる地区の最低気温を調べると-3℃。シカゴでも人間は普通に生活できるのですから、インフラさえ整っていれば、これくらい問題ありません。しかし、大学のオフィスは、冷暖房完備の、鉄筋コンクリートのしっかりとした建物にあるのですが、無茶苦茶寒いです。

というのは、オフィスの温度設定は各オフィスでできるようになっているのですが、実際の温度を暖房が正しく認識していません。暖房が認識す気温が設定温度を超えると暖房が止まり、設定温度は最高で30℃。だったら問題ないはずなのですが、暖房が認識している気温と、私が机の上に置いている(かなりまともな)温度計が指し示す気温には、今現在差が10℃以上あります。机の上で測って10℃以上ですから、足元はもっと寒いはずです。

ということで、部屋にもともとある大型の暖房は役に立たないので、それには期待せず、小型のファンヒータを足元に置き、さらに毛布をかぶって仕事をしています。

おっと、前置きがエラく長くなりましたが、冷暖房製品の認識する気温って、センサーの位置がダメダメなのか、較正がダメダメなのかわかりませんが、人間が感じてる気温を正しく認識してないことが多くて、この前物性理論のO教授に大笑いされましたが、短気な私はイライラしてしまいます。そのイライラが頂点に達したのは、家で風呂に入ったときです。シャワーの設定温度を最大にしてもぬるま湯しか出てこなくて、凍え死ぬかと思いました。

湯船に溜めて湧かす方にはセンサーがあって、水温を測り、それに応じて湯沸かし器が作動するのですが、シャワーのほうは、温度表示はあるものの、実際には単にガスの量を調整しているだけらしく、60℃とかいう最強の設定にしてもぬるま湯しか出ないのです。水温が下がっているだけでなく、外の湯沸かし器から蛇口までの管が冷たくなっているからかと思い、数分間お湯を出し続けますが、結局推定温度30℃代後半。いやー、参りました。

って、本当の問題は、温度の較正の問題うんぬんよりも、湯沸かし器の生成熱量が不足しているという、家がボロいという問題なんですけどね。ははは。

日常 | コメント:1 | トラックバック:0 |
| HOME |