FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

研究室に人が溢れる

昨日は、重要な物理解析のミーティングが、日本時間の夜遅くにありました。ヨーロッパ、日本、そしてアメリカから参加者がいますので、そういう時間設定になってしまいます。ま、それは、よくあることで仕方ないのですが、議論は私たちのグループにとって有利に進まず、いえ、私が進めることができず、解析を実際に行っている博士課程の学生への負担が少し大きくなってしまったかもしれません。いずれはやらなければならないことだったのですが、タイムスケールに関して予想よりも厳しくしてしまいました。解析の状況からしてある程度予想はしていたことなのですが、やっぱりか、という感じで、ちと無念でした。

100%言い訳なのですが、外国人との議論・交渉で思ったようにコトを進められなかったときは、自分の語学力のなさに脱力してしまいます。後になって、あー言っておけばよかった、こう言えばもっと有利に話を進められた…と、日本人同士の会議の後には感じることの無い自戒の念で一杯になってしまいます。日本人同士の議論でも少しは反省しろよ、というツッコミもあるかもしれませんが、私の場合、本当に英語での議論の後に特有の感覚です。いえ、もしかすると、多くの日本人に共通の悔しさなのかもしれませんが、ロジックで負けたとは思えないだけに、悔しさが長引きます。

そんなストレスフルなミーティングでしたが、一夜明けた今日は、研究室の雰囲気が良くて心が和みました。

修論の提出期限が今月末。私たちの研究室には博士論文を書いている学生はいませんが、いたとしたら、今が提出の時期。そして学部4年生の卒業研究も佳境。ということで、いつになく(?)大勢の学生で研究室がにぎわっていました。それだけでも私にとってはいい雰囲気なのですが、さらに、当然のこととはいえ、締め切りに追われた学生たちはいつも以上に集中して研究と、論文書きに望んでいます。微妙な緊張感と和気あいあいとした雰囲気が、どう表現したらいいのかわかりませんが、私にとっては非常に心地よいものでした。お祭りみたいな感覚ですかね。

ただ、逆に思うのは(毎年この時期に感じるのですが)、この勢いの半分でいいからもうちょっと前から研究をやっていてくれよ、ということです。って、私自身も追い詰められなければ逃避行動ばかりに走ってしまうわけですが、このペースの7、8割でいいから継続して研究をしていれば、みんな物凄い勢いで成長するのですが…人間そういうわけにはいかないのでしょうね。

大学 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |