FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

LHCここ数日

30日にメディアデイと称してマスコミを集め、華々しく3.5+3.5TeVの衝突を行ったLHCですが、その後は地道な調整作業が続いています。ビームを加速するための調整、加速したあとビームを失うことなく長い時間周回させるための調整、ビームをLHCに入射する際の最適化、ビームをいかに安全に捨てるかの調整、そして数日前のエントリーに書いたように非常に重要な安全装置のテスト、等々、加速器サイドではやることが山のようにあります。予定表を見ると、今週末から3.5+3.5TeVの衝突が連続的に行われるはずですが、さてどうなることか。

ちなみに、今週末は確かイースター。Tevatronでは、祝祭日は加速器の人がアクティブに仕事をしないので、比較的安定して物理データの収集を行うことができました。加速器の人にとっては色々な調整作業がメインで、そういう調整作業を行っている間は物理データを収集できません。逆に、祝祭日はその時点でベストと思われているパラメータで淡々と加速器を走らせる、結果として物理データの収集時間が長くなりより多くのデータを収集できる、ということが結構ありました。特に実験初期にはそういう傾向になります。ということで、今週末のLHCに注目です。って、まだそこまで調整が進んでいないかな。

さて実験サイドですが、わずかな3.5+3.5TeV衝突データをそれこそしゃぶり尽くすような解析が始まりました。Tevatron同様、ジェットが見えたとか、高い運動量のミューオンが見えたとか、に始まり、Wっぽいものが見えたとか、トップっぽいものが見えたとか、気の早い宣伝合戦が始まっています。いや、Yさんが言うように、誰もデータを見ないよりはずっといいのですが、なんというか…宣伝合戦がとうとう始まったか、という感じです。まあ、お祭りですかね。


研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |

集金

大学の入学式は来週なのですが、それより一足早く、理学部では新入生のオリエンテーションが今日ありました。朝9時からみっちり3時間学部別のオリエンテーション。そして、午後は1時から3時くらいまで学科別のオリエンテーション。実際には事務手続きを含んでいて、入学早々新入生にとってはヘビーな1日だったのではないでしょうか。

この新入生を対象としたオリエンテーションは実は私にとっても重要でした。というのは、そこで、新入生研修旅行の説明を行い、さらに参加者数の確定、そして集金を行ったからです。旅行前の1大イベントで、これを乗り越えられてだいぶ楽になりました。今までは参加者数が確定できなかったので、幾つかの予約を確定できていませんでした。参加者数が確定したことで、全ての予約を行いホッと一安心というところです。

にしても、今日感じたのは、人間の承認欲(という言葉であってるのかちょっと自信ありませんが)です。というのは、この企画の準備って大学の雑務の中でもかなり大変なほうだと思うのですが、今まではそれを人知れずやっていました。ですが、今日の集金作業を手伝ってもらった秘書の人や他の引率教員の方から、この旅行の担当はキツい仕事だと声をかけてもらい、「あー、この仕事の大変さをわかってくれてる人が結構いるんだ」とわかると、精神的に凄く楽になるのを自分で感じました。人間って他の人にわかってもらいたい動物なんだなぁ、とつくづく感じたのでした。


大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |