FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

集金

大学の入学式は来週なのですが、それより一足早く、理学部では新入生のオリエンテーションが今日ありました。朝9時からみっちり3時間学部別のオリエンテーション。そして、午後は1時から3時くらいまで学科別のオリエンテーション。実際には事務手続きを含んでいて、入学早々新入生にとってはヘビーな1日だったのではないでしょうか。

この新入生を対象としたオリエンテーションは実は私にとっても重要でした。というのは、そこで、新入生研修旅行の説明を行い、さらに参加者数の確定、そして集金を行ったからです。旅行前の1大イベントで、これを乗り越えられてだいぶ楽になりました。今までは参加者数が確定できなかったので、幾つかの予約を確定できていませんでした。参加者数が確定したことで、全ての予約を行いホッと一安心というところです。

にしても、今日感じたのは、人間の承認欲(という言葉であってるのかちょっと自信ありませんが)です。というのは、この企画の準備って大学の雑務の中でもかなり大変なほうだと思うのですが、今まではそれを人知れずやっていました。ですが、今日の集金作業を手伝ってもらった秘書の人や他の引率教員の方から、この旅行の担当はキツい仕事だと声をかけてもらい、「あー、この仕事の大変さをわかってくれてる人が結構いるんだ」とわかると、精神的に凄く楽になるのを自分で感じました。人間って他の人にわかってもらいたい動物なんだなぁ、とつくづく感じたのでした。


大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |

混沌

何をしたから、というのが明白にわからないのに尋常ではなく忙しい1日でした。このブログを書こうと、今日1日を振り返ろうとしているのですが、何をしたのか思い出せません。それぐらい忙しかったのか、あるいは…脳の病気でしょうか。ははは。

朝大学に来て、まずはメールのチェック。緊急度の高い案件については返信。それから、6月のアウトリーチ活動のウェブサイトの整備。その後、研究員が書いている解析ノートの原稿に目を通していたらもうお昼。

学食から帰って来てからは、今後の研究活動に関する打ち合わせの素となる内容を少し調べ、そうこうしているうちにアウトリーチ活動に関する懸案事項が発生。その対応についてしばらく考えた後、テンポラリーな対応をしました。ついでに、ポスターやチラシをどこで発注するか、値段はどれくらいか、などの調査。休む間もなく午前中の続きの解析ノートの赤ペン作業。今日中に終わらせたかったのですが、テレビ会議と電話を使っての打ち合わせが連続で入っていたので、赤ペン作業は一旦中断。打ち合わせを2本こなした後、物理学科新入生研修旅行の準備をひたすら行い今に至っています。

うーん、こうやって振り返ってみても、やっぱり何をしたのかわからない混沌とした1日ですね…。これからさらに、もう少し雑務です。


大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK| HOME |