FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

温室ガス?エコ?

数日前の新聞紙上ではCO2削減目標がどうしたこうしたというニュースをよく目にしました。それで思ったのですが、というか、前から思っていたのですが、二酸化炭素が増えるとなんで気温が上がるのか直感的に理解できません。

温室効果とか言ってビニールハウスを例に説明されることがありますが、その説明は全く理解不能です。地球の熱って放射によって宇宙空間に伝播されるので、対流によって熱が逃げて行くのを防ぐビニールハウスを例に出されても、何を説明してるのか謎です。しかも、二酸化炭素って空気(の主成分の窒素)より重いですよね?実際に二酸化炭素濃度を調べると上空よりも地表のほうが濃度高いわけで、ビニールハウスのイメージが全くわきません。ビニールハウスの例が悪いだけなのかもしれませんが、とにかく、直感的にイメージのわく理由を私は思いつくことができません。熱の放射量が窒素と二酸化炭素で無茶苦茶違うのかもしれませんが、それでも説明できるとは思えません(理由省略)。

まあ、私が知らないだけで、きちんとした理由があるのかもしれません。ただ、データも色々なデータがあって、理由はさておき現象を理解しようとしても、今ひとつ信憑性がないというか、その筋の関係者誰もが納得しているいわゆるコンセンサスの得られた解釈ではない、というのも気になります。もっと気になるのは、そういう状況でCO2の排出量を国ごとに定めたり、その排出権を売買とかいうのは、幽霊を売り買いするような話でとても正気の沙汰とは思えません。

ついでに不思議に思うというか、ちょっと考えてしまうのは、所謂エコ活動というのは本当にエコなんですかね。例えば電気代を1万円節約したとします。電気の消費量を減らし、化石燃料か何かを節約することになります。地球温暖化の原因に本当になっているかどうかはさておき、とにかくCO2の排出量も減らせるでしょう。ここまではハッキリしてます。

でも私が謎に思うのは節約した1万円の行方です。貯金なんかしたらエコになりませんよね。話をすごく単純化すると、銀行はその1万円を投資して社会活動を増やす方向に働きます。1万円がどう細分化されて経済活動に使われるかわかりませんが、結局のところ消費活動に使われてしまいます。最悪なのは、熱効率の悪い日本以外の国への投資ですが、これも間違いなく行われています。というか、日本の経済構造として1万円の多くは結局海外に流れるわけですよね。なので、貯金したらエコになりそうにありません。というか、下手すると1万円の電気を作るための化石燃料よりも多くの燃料を消費し、多くのCO2を排出してるかもしれません。

じゃあと、パーッと飲み屋で使ったとしましょう。これも経済活動にプラスになって、貯金するのと対して差はなさそうです。飲み屋の従業員の給料やら、原材料代になったり、土地所有者への地代になったりして、さらにそれがどう使われるかまで考えると、結局は巡り巡ってなんらかの消費活動になってしまいます。

つまり、議論の余地なくエコ活動をするためには浮いた1万円を現金のまま自分で持っておくしかありません。それでもまだ難関があります。みんなが倹約家になって、しかも銀行に金を預けることをしなくなると、経済活動はかなりヤバいですよね。銀行は倒産してしまいますし、その前にサブプライムローンどころではない不況の危機にさらされます。すると、経済対策と称してお金がばらまかれ、色んな所で消費活動が増やされてしまいます。

ということで、銀行が倒産しても構わない、今の経済活動は完全に諦める、人類が辿ってきた経済活動の歴史を逆行して、最終的に原始時代の生活に戻るような方向へ行かないと、エコにはならないような気がしてしまいます。

以上、浮いた1万円を消費活動にあてた場合と、1万円分の電気を作る場合とで、失った燃料と排出したCO2を実際に調べてるわけではないので、もちろんどっちが真のエコかはわかりません。正直そんなこと調べるつもりもありませんし。ただ、エコエコとブームに踊らされて所謂エコ商品に飛びついてしまう人々が、真の節約に寄与しているのか謎を感じてしまいます。


日常 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| HOME |