ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

第8回春の学校

5月に入ってから,日々,報告書と申請書に追われています。書いても書いても処理が追いつかず,締め切りに間に合わない報告書が日々積み上がっています。。突然降ってわいたように,今まで予定していなかった資料の提出をしょっちゅう求められている,というのもあって,本当に書類書きマシーンの日々を過ごしています。

そんな中,先週は春の学校でした。今回で8回目。毎年盛り上りますが,いつも,始まる前は「今回は盛り上がるだろうか?」と不安になります。ですが,そんな心配は杞憂に終わり,今回も,昼夜ともに大盛り上がりでした。元気のいい学生と楽しく過ごすのは体調にもいいようで,朝から深夜過ぎまでぎっちり詰まった3日間でしたが,その3日間だけはエラく元気でした。学校を盛り上げてくれた学生と,学生旅費をサポートしてくれた方々には深く感謝します。いやー,それにしても楽しかった。

そんな元気のいい学生と楽しく過ごした後に,今日は,日大のアメフト選手の記者会見を見ました。我々からみると大学院生はまだ研究者としては卵。人間としても極めて若く感じるわけですが,そんな学生たちよりもさらに若い20歳の学生があんな記者会見を開いたのかと思うと涙が出そうでした。

大学 | コメント:1 | トラックバック:0 |

お知らせ幾つか

今日はお知らせを幾つか。

直前ですが,明日3/10に東京で総研大の説明会があります。興味を持ちそうな学生さんがいたら教えてあげてください。私も顔を出す予定です。
http://kek.soken.ac.jp//sokendai/admission/setsumeikai/

すでにアナウンスが回っていますが,スクール関連2つ募集中です。

第8回高エネルギー物理春の学校

ベトナムで開催する第4回AEPSHEP

奮ってご応募ください。あるいは,周囲の学生ポスドクにオススメください。

大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |

おめでとうなニュース

昨日と今日は,阪大でATLAS日本グループのシリコンワークショップをやっています。そのついでに,私の元学生だったIくんに会えたのは僥倖でした。帰りにはぐれてしまってちゃんと挨拶して別れられなかったのは失敗でしたが。。

ワークショップとは関係のない話ですが,今朝はよい知らせがありました。自分の元ポスドクだったYくんの就職が公になりました。今月初めのJくんの就職先決定に続く,嬉しいニュースです。自分の元学生やら元ポスドクという関係者の就職が決まっていくのは本当に嬉しいものです。Yくん,おめでとう。

大学 | コメント:1 | トラックバック:0 |

プチ就職祝い

非常に嬉しい話だったのでブログにもすぐ書こうと思っていたのですが,ちょっと日が経ってしまいました。

3日前のこと,数ヶ月前にDの学位を取得していたJくんが,ポスドクのオファーをもらいました。ヨーロッパのそれなりに大きな研究所で,彼が修士のときにやっていたピクセルDAQの研究内容が高く評価されてのオファーでした。もともと応募した公募での採用ではなく,彼の経験・専門性が,その研究所が推進したいプロジェクトのニーズとマッチしたために,元々の公募案とは別枠でいきなりのオファーという流れでした。Jくん本人も職探しをしていて強く実感したようですが,物理解析は基本誰でもできるという前提のもとで,検出器の保守運転,開発,建設などを任せられる人材が職を得やすいというのは洋の東西を問わないようです。今回は,FPGAを使ったDAQシステムの経験がモノを言った結果になりましたが,必要とされる専門性は時代によって変化しますので,それをタイムリーに身につけていけるかどうか,その嗅覚が職探しの明暗を分けることになると感じています。まあ,私みたいな凡人に当てはまる話であって,天才であればそんなことを考える必要がなく唯我独尊で職が見つかってしまうのかもしれませんが,なかなかそういう人に会ったことはありません。

前置きが長くなりましたが,その知らせを聞いて,その晩は彼と二人で祝杯をあげにいきました。私にとって2人目のDの学位取得者で,人数があまり多くないだけに私としても嬉しさひとしおです。本当に嬉しくて嬉しくて,その日は酒の量はたいしたことなかったのに,だいぶ酔いました。でも,心地よい酔いで,日頃のストレスが吹っ飛びました。Jくん,何度も言いましたが,本当におめでとう。

大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |

学生パワー

昨日,今日は九州大学出張でした。

私が指導する総研大の学生Fくんが,九州大学が中心となって行っている研究を共同でやることになったので,その顔合わせと打ち合わせを兼ねて私も九州へ行ってきました。九州大学の高エネルギーグループは,ATLASだけでなく,ミューオン関連の実験2つ,ILC,中性子など,たくさんの実験に参画しており,スタッフの数が多いので,学生の数も膨大です。人数が多いと勢いも生まれるので,なんというか学生の(良い意味での)圧力を非常に感じます。若い力が充実していて羨ましいところですし,Fくんもその中で研究をすることで刺激を受け,これまで以上に元気になってくれることを期待しています。

ちなみに,こういう学生の勢いを感じるのは早稲田です。Yくんの研究室は私立ならではで,教員数に比べて学生数が桁違いに多く,1つの研究室なのに人数が1つのクラス並みにたくさんいて,本当に学生の圧力というかパワーを感じます。どこの世界も若い人が多いところほど活気がありますね。

大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT