ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

J博士誕生

公聴会無事終わりました。J博士誕生です。おめでとう。

次は職探しです。

大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |

台風に向かって移動中

今は大阪に向かう新幹線の中です。今日の夕方にJくんのD論公聴会があるので,それに出席するためです。

私は飛行機派ですし,阪大は飛行機が便利なので,今回も航空券を手配していました。しかし,台風5号が接近中。おそらく飛行機でも問題なかったと思うのですが,万一,私が公聴会に参加できないと審査員が揃わず公聴会が成立しません。ですので,安全策で飛行機をキャンセルして,新幹線移動に切り替えたというわけです。

ちなみに,私が買う航空券は変更はおろかキャンセルも基本的にはできない安チケットなのですが,今回のように天候のせいで,飛行機が飛ぶか飛ばないかわからない,あるいは到着空港が変更になってしまう可能性のある便については,ただでキャンセルあるいは変更できます。今回の場合だと,すでに昨日の段階で,私の乗る予定だった便はそのような条件付きフライトに指定されていました。

というわけで,予定よりもかなり早く阪大に着けそうなのですが,台風の動きが非常に遅いので明日の帰りの便が影響を受けないか少し心配になってきました。というか,それよりも,今日の公聴会が成立するのかが一番不安です。審査員の人には万難を排して出席してもらわないとなりません。公聴会が終わるまでは,大阪の天気が激しく荒れない事を祈るばかりです。


大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |

高校生向け講演連チャン

昨日と今日の連日,KEKに見学&実習に来ていた高校生向けの講演を行いました。

昨日は,私の話がつまらなかったようで,開始早々,というか開始の瞬間から寝ている高校生が続出。日程を調べてみると,朝早く宿を出発し,朝イチから施設見学やら実習をこなし,夕方最後のプログラムが講演でした。。ちょっと厳しいですよね。実習やら見学なら寝られませんが,講義を最後の持ってこられるのは辛いです。普通の流れだと,全体の概要紹介,講義,実習&見学という流れだと思うのですが,きっとスケジュールの都合上そうできなかったのでしょうね。

と思ったら,今日も全く同じスケジュールで,プラグラムの最後が私の講義。これはやばいな,と思っていましたが,昨日の高校生と違って,宿泊したのがつくばで朝の出発が昨日の高校生よりもだいぶ遅かったからなのか,いや,それだけかどうかはわかりませんが,とにかく昨日よりは寝ている生徒が少なく,多少ホッとしました。

最近は,今回の高校生講演も含めて,アウトリーチの際はヒッグスの話はあまりしないで超対称性の話をメインに持ってきています。超対称性,ダークマター,力の統一という流れで,もともと素粒子物理に興味を持っていた人にとっては面白い流れみたいですが,そうではない人にとってはヒッグスの話のほうがわかりやすいのかな,という印象を受けています。単に私の経験値が,ヒッグスのほうが多いからなのかもしれませんが,いずれにせよ,今の話の構成だと改善が必要なのかなという気がしています。ただ,この前KEKでやった公開講座では全く同じ内容だったにもかかわらず,物凄く食いつきがよかったので,聴衆によってfine tuningが必要ということなのかもしれません。

大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |

公聴会へ

Jくんの金曜日のD論予備審査は無事クリア。公聴会へ進めることになりました。色々な宿題が出されましたが,9月卒業のためには公聴会開催日程の自由度がほとんどなく,8/7が公聴会となりました。いつものことですが,教員を5人集めるというのは至難の業で,今回も予備審査と公聴会の両方に同じ5人を揃えるのにおもいっきり苦労しました。

それはさておき,道半ばですが,公聴会へ進めることになり良かったです。ここまで来たからには,なんとか9月卒業に成功してほしいものです。ということで,昨日の深夜,というか今朝未明に送られてきた修正原稿と格闘していたので,今日は寝不足です。

公聴会翌日の土曜日は,Yくん宅に家族で招かれ花火鑑賞。イニシャルがかぶりますが,Yくん家族も招待され,楽しいひと時を過ごしました。大きな花火大会を見たことありませんでしたが,最新の花火の技術の凄さに驚きました。それをマンションから眺めるというのは贅沢でしたし,たくさんの美味しい料理を準備してもらい感激でした。

大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |

マンツーマン

今日は,Jくんとマンツーマンでかなりの時間D論に関する議論を重ねました。D論のiterationの2回目をやっているところで,どこをどう直すべきか,あるいは内容がはっきりと理解できないところがあるのでそれを聞いたり...まあ,論文添削の過程でよくあることなのですが,今日のように長時間熱い議論を続けることは稀です。私が学生から離れているためにちょこちょことアドバイスできないためで,集中指導をするためにJくんにKEKに来てもらうのは今回で2回目になります。

わかったつもりで1回目読んでいても,本人から詳しく話を聞いてみると,自分が考えていたのと違う方法でsystematicsを評価していることがわかったりして,やっぱり,複数回のiterationは重要です。相当長時間やったので途中気が遠くなりそうになりましたが,Jくんのほうが私から主に質問される立場なので,きっとより疲れたでしょう。でも,これを乗り越えないとD論になりませんから頑張るしかありませんし,Jくんはこれまでも飄々とこういう難関を乗り越えてきているので,きっとやってくれることでしょう。

大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT