FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

物理解析のミーティングにて思うこと

今週はまたCERNに来ています。そのついでと言ってはなんですが,ATLASグループの物理解析に関するワークショップをやってるので,それにも顔を出しています。この手のミーティングに出るのは久しぶりですが,私が普段出ているミーティングと違って,物理の話なので楽しいですし,気が楽です。

内容は,新しい解析手法を考えて測定精度や探索感度の向上をしましょう,というものです。ATLASはたくさん人がいて,物理解析に関しては人があふれているので,色々な話題があります。そんなこと言われなくても当たり前だよ,という発表もあれば,そんなこともできるんだ,と感心するアイデアもあります。でも,実際にはアイデアそのものが凄いわけじゃなく,大抵は,検出器の性能の向上のおかげ,あるいは加速器のおかげで高統計のデータが得られているおかげ,あるいは計算機の演算能力の劇的な向上のおかげ,のことが多くて,結局は,実験物理屋としては,物理解析にとってどういう要素が重要で,どういう技術革新が必要なのかを考えることが一番重要なんだよなぁ,という感想に至ります。学生や若いポスドクに口を酸っぱくして言ってることの再確認の連続です。

一昔前だったら,思いついても検出器的に無理と諦めてしまうことをできてしまってたり,できてるとまでは言えないまでもやれそう,というテーマがあるのを見ると,技術革新の凄さに驚きます。って,まあ,だからこそ,個人的にはシリコン検出器開発をやってるわけですが,そういう検出器開発が役に立つんだということを実感できるのは重要です。検出器開発をやってる学生もそういう認識を肌を持って感じることができると,検出器開発のモチベーションがより高くなれるのですが,そういう感触を持てるようになるにはかなりの経験が必要なのも事実で...難しいものです。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |

見慣れない単語ばかり

前回のエントリーでも書きましたが,最近は,研究推進のために事務の人たちと一緒に仕事をする機会が多いです。たぶん多くの方がすぐに想像するのは,予算獲得のための手続きやら相談やら書類書きやらではないかと思います。確かにそういうことも多いのですが,KEKに来て初めてやるようになり,測定器の建設を控えて増えているのが,契約書関連です。

たとえば,日本が建設のどこを分担するのかを定めた覚書(MoU)に始まり,共同研究を進めるためには,国内外の研究機関とagreementやらcontractを結ばなければならない案件が結構たくさんあります。国内のは日本語だからまだしも,外国の研究機関との間に締結するものは,単語からして見たことのないものが多い上に,輸出入の段取りなどを細かく規定する場合もあり,事務の人におんぶにだっことはいえ,自分自身でもかなり苦労しています。これまでに知らなかった概念が英語で書かれていると本当にちんぷんかんぷんで,今日も,あるagreementの草稿を試みていたのですが,英和辞典とgoogle先生のお世話になりっぱなしでした。

しかも,国が違うと法律や予算執行のルールも異なり,やりたいこと,大枠は合意できても,細かいところで文章の調整に時間がかかります。さらに面倒なのは,私もKEKに来る前そうだったように,こういうことがないとお金を送金できないことや,この手のことに時間が物凄くかかることを多くの物理屋が理解していないことです。実際,物品調達にCERNでは膨大な時間がかかっていて,それをプロジェクトが遅れてしまうことの言い訳にする人がたくさんいます。各プロジェクトを任されているコーディネーター的な立場の人だったら,そういう事情を踏まえた上で計画を立案して,かつ,事務手続きを数ヶ月,半年あるいは1年オーダーで前もって準備を進めてもらわないと,大きなプロジェクトはなかなか進みません。

かく言う私も,先に書いた通り,KEKに来る前はこういうことを全く知らず,KEK事務の各部署にお世話になりっぱなしだったくせに,最近になって,こんな偉そうなことを言うようになりました。で,わかったのは,この手の事務遂行能力がKEKは高いということです。経験豊富だということが一因ではありますが,本当に各方面にお世話になり頭が上がりません。先週出たミーティングの一つでも,海外との協定の類の話題が出て,面倒なことを言っていつも迷惑をかけている一人としては感謝の気持ちでいっぱいでした。予算係にも相当無理を言ってますし。ありがたいことです。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |

盛況

今日の大阪市立科学館でのイベントは非常に盛況でした。土地柄なのか,学芸員のEくんの人徳なのか,それとも他の要因があるのかわかりませんが,お客さんが優しくて(?),バンバン質問をしてもらえました。質問の多さは,盛り上がりの指標なので,講演をやらせてもらった側としては責任を果たせた感があります。ご来場のみなさん,ありがとうございました。

この企画は,今までもそうでしたが,プラネタリウム側の全面的なサポートがないとやれない企画なので,こういう企画をやらせてもらえて本当にありがたいです。加えて,直前のお願いだったにもかかわらず,宣伝をしてくださった方々にもお礼申し上げます。

しかし...くどいですけど,この映像は何回見ても迫力満点です。機会をうまく作って,全国津々浦々を回ってみたいと思っています。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |

日立とか

一昨日はCERN-KEK委員会というものをやりました。毎年1回,CERNとKEKのどちらかでやっていて,今年はKEKの年でした。通常は熱い議論になるような話題は出なくて,金のやりとりがあるので,その報告やら承認をするのが主な目的です。今回も基本的にはそうだったのですが(そうしたかったのですが),CERN側が少し前からKEKにある打診をしてきていたこと,加えて,その委員会の冒頭でCERN理事会で新たに決まったことを突然伝えられたので,私を含むKEK側の人間はかなり驚きました。

そんなこんなの後の昨日は,日立市にある日立の工場に見学に行ってきました。HL-LHC用の超伝導双極磁石をKEKが作るのですが,それを受注したのが日立。CERN-KEK委員会に来ていたメンバーとKEKで電磁石を開発している人間と私とで実際に発注した電磁石を作る工場を見てきた,というわけです。私は素人なので詳しい内容はわからなかったのですが,驚いた,というか嬉しかったことがありました。

その電磁石開発チームに,阪大のY研究室の卒業生とK研究室のが学生がいたのです。いやー,驚きました。Y研究室の学生の一人が日立で加速器関連の仕事をしてるというのは聞いたことがありましたが,今回会ったのはそいつではなく,別の卒業生Sくんでした。ゼミや卒業研究を一緒にやったこともありますし,CERNの夏の学校にも行ったことがあります。私たちが使う(?)重要なパーツをそういう知り合いが作るということを想像もしていなかったので,なんだか不思議な気分になりました。自分が関係した学生が活躍している姿を見るのは非常に嬉しいものです。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |

11月24日大阪市立科学館にて

またやります。プラネタリウムを使ったATLASムービーの上映会(+講演)をタイトルの通り,11月24日(日)に大阪市立科学館にて行います。

ウェブサイト
http://www.sci-museum.jp/event/#pl560
ツイッター
https://twitter.com/gakugei_osm/status/1191338677361709057
https://twitter.com/gakugei_osm/status/1191339081403256832

同じことをこのブログで繰り返していますが,このムービーはプラネタリウムで見ると迫力満点です。何度見ても私は感激してしまいます。大阪市立科学館は30周年を迎え最近リニューアルしたとのことですので,この企画だけでなく科学館のほうもぜひご覧いただければと思います。

これまで東京で2回,つくばで1回やりましたが,関西では初です。大阪周辺の方,ぜひ足をお運びください。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT