ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

ここ数日

ここ1,2週間は出張がなく,KEKで落ち着いて仕事をしていましたが,一昨日は首都大に打ち合わせに行き,昨日は拡大高エネルギー委員会にてILCの議論,今日の休みを挟んで明日から3日間はJ-PARCのPACです。その後,金曜はJくんのD論内審査のために大阪へ日帰り出張,ということで,あまりKEKにいない週になります。

PACは年に2回のご奉公ですが,毎回書いているように,委員は3日間缶詰でその間レポートまで書かないとならないので,いつものようにハードな3日間になる予定です。。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

血の気が引く

自分の日程管理には,パソコンのカレンダーを使っています。MacBookAirを使っていまして,私の出張予定が他の人に見えるようにと,かなり昔からgoogleのカレンダーと同期を取っていました。ところが,ある人から私の予定が見えないと言われ調べたところ,私のパソコン上の予定がgoogleに反映されていないことが発覚。去年のある時点までは同期が取れていたらしく,パソコン上の予定が反映されているのですが,途中からぷっつりと予定が反映されていません。

そこで色々やってみると,secure connectionがそもそも確立されていないとかなんとか...その手の問題にあたり,グーグル先生に訊いたのですが,なかなか決定版が見つからず,それでも最終的にはgoogle側がセキュリティレベルの高いアクセスしか受け付けないように仕様変更したことがわかり,新たな設定やら登録やらを行い一件落着。(これに今頃気づくなという話ですね。。。)

のはずだったのですが,その過程で,自分のパソコン上のローカルな予定を全て削除してしまい,顔面蒼白。日程管理を一手にこのパソコンに任せていますので,もし,カレンダーの中身を失くしたら多くの仕事に支障が出るのは間違いありません。が,しかし,タイムマシンでバックアップも取っていますし,それとは独立に,定期的に別のアプリケーションでもバックアップを取っていますから,気を取り直してタイムマシンを使って復元を試みます。

それなのに...カレンダーが復元しないのです。これには本当に焦りました。血の気が引きました。データが入っているフォルダは確かに復元されているはずなのに,カレンダーがそれを読み込みません。一回カレンダーを終了して立ち上げ直しますが,それでも見えません。結局,最後のお願いとばかりに,コンピュータ自身を立ち上げなおすとようやく無事に復元された予定が現れ,胸を撫で下ろしました。

データ解析をしているときは,自分の書いたソースコードが生命線でしたが,今はメールとカレンダーが生命線となっていることを強く再認識しました。ところで,血の気が引くで思い出しましたが,採血するときに気分が悪くなる人がいるのはなんでなのでしょうね。この前CERNに行った時にYくんともこの話題になりました。大量に出血すれば血圧が下がるでしょうから気を失うのはわかりますが,採血の量ではそんなことが起こるとは思えません。Yくんいわく,何かをきっかけに脳内にスイッチができあがってしまい,一旦スイッチができあがってしまうと条件反射的に気分が悪くなるのだとか。

私が不思議に思うのは,生体反応として逆じゃないかと思う点です。出血するというのは,ある意味生命にとってはピンチの状態ですから,少しの出血なら気を失うよりもむしろアドレナって興奮状態になるのが保護回路として正しいのではないかと思うのです。瞼の動きや痛みって,自分を守ろうとする保護回路なわけですよね。それと同じで,血を見たらより正気になって対処しないとなりませんからから貧血になるのは逆だろう,と思うわけです。あ,でも,血圧が下がったほうが出血量を減らせるのかな。それだと保護回路として正しいですね。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

乗り越し精算

先週の浜松出張の帰り,秋葉原駅でJRからつくばエクスプレスへ乗り換えるときのことです。

出張の証明として,切符に無効印を押してもらい,切符を持ち帰る必要があります。最近だと,かなり多くの大学や官公庁で同様の処理が必要なのではないかと思います。どこかの駅みたいに駅員さんのいない改札だと面倒ですが(昔,そういう駅でプチトラブルを起こしたことがあり,それについてはこのブログで大昔に取り上げました),通常の大きな駅では自動改札の横に大抵駅員さんがいるので,私自身はそれほど面倒だとは感じていません。ただ,駅員さんには例外処理をしてもらうことになるので,迷惑だろうなぁ,とはいつも思っていました。

今回は,浜松から新幹線,そして山手線(京浜東北だったかもしれません)と乗り継いで来たので,秋葉原で無効印を押してもらわなければなりません。いつものように,自動改札脇の駅員さんのいるところへ行くと,外国人が長い行列を作っています。仕方がないのでその行列に並び,何事だろうと思って観察していると,なんのことはなくその長い行列の全員がどうやら乗り越しの精算をしているのです。いやー,最悪です。

正しい金額を探すのが難しいことはわかりますが,行列の人たちはみんな数人のグループなのだから,なんとかして正しい切符を買ってくれ。あるいはICカードを買ってくれ。あるいは自動精算機を使ってくれ。と,次々とオプションが頭に浮かびました。そういう手段ではなく,かなりの例外処理を揃いも揃ってみんなでやってるということは,いい加減に切符を買って乗り越し精算できるということが外国人向けツアーガイドにでも書いてあるのでしょうか。だったら,そのツアーガイドには,ぜひともICカード,あるいは乗り越し精算機の説明を載せて欲しいものです。

これからこういう外国人が増えたら,駅員さんの業務はパンクしてしまい,真に例外処理が必要な人への対応ができなくなってしまいます。まあ,無効印を押してもらうことに関しては別の方策を考えればよいですが,忘れ物とか,切符をなくしたとか,どうしても駅員さんを必要とする例外処理はあると思うのですが,そういう対応ができなくなってしまいます。もし,私の勝手な予想通り,駅員さんのところで乗り越し精算すればよい,ということを勧めているガイドブックがあったとしたら,罪作りな話です。ICカードか自動精算機のほうが,利用するほうだって時間節約できるのですから。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

気温差

ここジュネーブでは,先週は暑くて寝られない日が続きましたが,今週は火曜あたりから急に気温が下がり,昨日,今日は,20℃くらいしかない感じで,ジャケットが欲しいくらいです。先週の34℃が嘘のようです。ですが,昨日は雨でしたがそれ以外は天気がよく,非常に心地よい天気とも言えます。

今回のCERN滞在は最近の私にとっては長いものだったので,色々ありましたが,今日これから帰国します。せっかく,ジュネーブが心地よい天気になってきたのに,今度は蒸し暑い日本に戻らなければなりません。。梅雨で蒸してるのでしょうか。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

天気最高

ジュネーブは,昨日,今日と天気が最高です。2日間とも,本当に雲がまったくありません。こっちに着いた,木曜はかなり蒸し暑かったのですが,金曜の午後くらいから爽やかになって,この週末は天気がよいだけでなく気温も湿度も最適。出不精の私ですら散歩したくなるほどの快適な天気です。

しかし,私は前から書いているようにまだ歩くのが不自由なので,残念なことに宿舎でゴロゴロしています。まあ,そのおかげで,書類仕事を片付けたり,学生が書いているD論原稿の修正第2ラウンドをこなしたり,と,ヒアリングその他に追われてたまっていた仕事を片付けつつあります。

それから,昨日のエントリーで宿がなくて困っている話を書いた直後に,CERNの宿舎からwaiting listに載せていた20日も部屋が取れたと連絡がありました。フロントの兄ちゃんの話を信じて,もう諦めてどこかホテルを予約しようとしていたところだったので,ホントにラッキーです。

とまあ,この週末はグータラと過ごしています。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT