FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

成田から羽田

成田発着便がどんどん減ってますね。大多数の人にとっては羽田空港のほうが便利だし,羽田空港は夜間の発着ができますから,成田発着が羽田発着に移行していくのは,仕方ないといえば仕方ありません。が,つくばに住んでいる私にとっては,成田空港のほうが圧倒的にアクセスしやすいので,なんとも残念な気持ちです。成田空港としては,滑走路をガンガン増やして国際線のためのハブ空港化できなかったのが痛いですね。あと,個人的には,羽田空港の国際線ターミナルは保安検査場がいっつも混んでいる印象があって好きではありません。まあ,外国の空港ほど待たされるわけではないので,あくまで比較の問題ではありますが。

保安検査といえば,今回,CERNに来るときの経由地だったロンドンは大変でした。ヒースローの手荷物検査場ではいっつもイライラさせられる,ということを何度か書いているかと思いますが,今回もまたイライラしました。手荷物の中に液体あるいは怪しいものが入っていると中を開けて客と口頭で話をしながら一々確認するのですが,まあ,これはどこの空港でも同じです。今回,ある意味運が悪かったのは,私の何人か前のイタリア人家族(?)が無茶苦茶だったことです。家族全員のスーツケースの中に大量の液体があって,係員はそれら全てを何かの機会で確認するという作業をやってたため,私自身は金属探知機を問題なくクリアできたのですが,手荷物が一向に来ないのです。

日本の空港ではそうなってない気がしますが,外国の空港によくあるのは,手荷物検査のベルトコンベアの出口が2つに分かれています。乗客が自分の荷物をベルトコンベアに置くと,問題なければ乗客のほうに出てきて,問題があると中身を確認する係員のほうに出てきます。通常だったら,問題のある荷物が何個かあっても出口にバッファがあるので,問題のない荷物はすんなりと出てきます。ところが今回は,そのイタリア人家族の大量の荷物全てが問題のある荷物として仕分けられてしまい,分岐点まで彼らの荷物で溢れかえってしまい,その荷物が減らない限りはベルトコンベアが動かない状態になってしまったのです。

検査する係員が気を利かせて,イタリア人家族の荷物を脇に除けてくれればベルトコンベアは動きますが,当然,ヒースロー空港の係員はそんなことしてくれません。国際線をよく利用する方ならわかると思いますが,ダメダメ係員は誰が何を言っても言うことを聞かず,むしろ客と喧嘩になります。私もたまになるので,今回はもう諦めてひたすら荷物が出てくるのを待ちました。その時間約15分。驚きの長さでした。。どのベルトコンベアを選ぶかは,ヒースローの乗り継ぎではあまり選べなくて,係員にどこに行けと指示されるので今回もそれに従ったのですが,今回の場合は,並んだ時点ではまだ荷物が流れていたので,まさかそんな罠があるとは思ってもみませんでした。

しかし,外国の空港の手荷物検査だと,規定を超える液体を持ってると遠慮なしに捨てられることがよくありますが,どうもヒースローではそれをしてないみたいで,毎回流れが悪いのは,あまり物を捨てずに一々チェックしているからなのかもしれません。今までは,成田空港を使いたくてヘルシンキ経由を選んでいたのですが,これから成田発着がなくなると,ヘルシンキを選ぶ強い動機がなくなってしまうので,ますますヒースロー経由が増えてしまうかもしれません。

あ,ちなみに,ヘルシンキの手荷物検査および入国審査も時間がかかることが多いです。こちらはヒースローと違って係員の対応がタコ過ぎて遅いわけではなく,単に混み過ぎです。アジアからの便の中継地点として利用がどんどん増えているみたいで,中国人と思われる人で溢れかえっています。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

昔書いていた記事

日曜日に大阪市立科学館でのイベントを終えた後,学芸員のEくん,一緒に講演をしたNくん,手伝いをしてくれた学生のYくんと一緒に軽く飲みに行きました。そのときにEくんが話題として出したのですが,私は,大阪市立科学館が毎月発行している冊子に,2010年から2014年まで毎月記事を書いていました。毎月1ページをきっちり埋めるというタスクなのですが,Eくんにお願いされたら断ることはできません。当時もプラネタリウムを使ったイベントでお世話になりましたし,何しろ大学時代の同級生で当時も非常にお世話になりましたので。

数えてみると,というか,最終回の記事中に書いてあったのですが,全部で50回。4年強の間,毎月よくも記事を書けたものだと自分ながら驚いています。同時に,振り返ってみると,当時は記事になるネタが今よりも圧倒的に多かった気がします。研究のこと,学生とのやりとり,大っぴらに書いても問題ないし,科学に興味を持っている人に向けてのネタがそれなりにありました。とはいえ,流石に毎月同じ分量の記事を書くには,ネタを思いつたらメモをしておくネタ帳を作るなどの努力はしていましたが。。そんなわけで,当時はこのブログについても今よりも圧倒的に高い頻度で更新できました。

ところが,今は,記事にできないようなことだったり,記事にしても面白いとは思えない業務ばかりです。たとえば昨日は8回の打ち合わせがありましたが,研究に直接関連しているものは1個だけ。シリコン検出器開発のミーティングだけでした。が,ダブルブッキングのため,それも途中から参加,中途退席。残りの打ち合わせは,法人の評価,備品の取り扱い,国外輸送の際の税金対策,予算,その他諸々。。打ち合わせの相手は研究者よりも,事務方との方が最近は圧倒的に多いです。打ち合わせだけでなく,メールのやりとりも事務方相手のほうが多くなりつつあります。

こんな生活だとネタがないんですよね。出張すると,なぜかトラブルに見舞われてネタができてしまうのですが,そういうトラブルではない良いネタを仕入れたいものです。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

バスの中にて

今日は浜松出張で,今はその帰りで東京からつくばに向かうバスの中なのですが,ありました,オイシイ(?)ネタが。

東京駅を出発した直後,まだ首都高に乗る前にアナウンスがあり,運転手さんが免許証をバスの営業所に落としていたことが発覚。営業所の人がその免許証を持ってくるので,それを路上で待っています。新幹線を降りると同時にダッシュ。18:20発にギリギリ間に合ったのですが(私が乗ると同時にバスのドアが閉まる),これなら18:40発のバスのほうが早くつくばに着きました。

渋滞で20分くらいは遅れるのがバスですから,個人的にはそれほど気になりませんが,運転手さんがあまりに申し訳なくしているので見ていて可哀想です。

世の中いろいろなことが起こるものです。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ヘルシンキで寒さに耐える

昨日が日本からCERNへの移動日でした。前回は,日本に帰るときに乗り継ぎ地のヘルシンキで2泊しましたが,今回もそれほどのダメージではないものの,スムースとはいえない乗り継ぎでした。

まず,手荷物検査が驚くほどの長蛇の列。到着飛行機が重なると待たされることが多いのですが,昨日はこれまで見たことのないくらいの混雑ぶりでした。それに比べるとパスポートコントロールの列は思っていたよりは短かったので,混雑の原因は中国人旅行客の多さみたいです。ヘルシンキ のパスポートコントロールでは国籍別の自動の装置が導入されているので,国籍がわかります。手荷物検査もパスポートコントロールも器材を新調し,数も以前に比べるとかなり多くなっていると思うのですが,ヘルシンキ空港の混雑ぶりは全く解消されません。というか,一層混んできてる感じがしていて,それは中国人旅行客の多さかなとは感じていたのですが,今回のパスポートコントロールを見てその予想に自信を持ちました。

ということで,日本から飛行機は予定よりも30分ちょい早く着いたのですが,手荷物検査とパスポートコントロールを通過するだけで1時間近くかかってしまい,元々乗り継ぎ時間が短かったため,全く飲み食いせずにジュネーブ行きの飛行機に乗るハメになってしまいました。ヘルシンキ,ジュネーブ間は3時間かかりしかも国際線なのに,フィンエアは食べ物を全く提供しません。かつ,機内で売ってる食べ物はもの凄く高いので(私が非常時?に買うカップラーメンは5ユーロもします),飛行機に乗る前に何か食べておきたいところだったのですが,時間がないのでまあ仕方ありません。その時点では,高いカップラーメンを仕方なく食べ,CERNに着いてから何か食べようと思っていました。ところが...

ジュネーブ行きの飛行機は,体の不自由な人を,乗客が通常乗る場所とは違う所からリフトを使って載せる必要があったことが影響して,飛行機が動き出すのが30分近く遅くなりました。まあ,ヨーロッパの飛行機は通常20分くらいは遅れるのでそれは大したことありません。が... 少し動き出してから飛行機が止まり,しばらくするとtechnical problemが発生,それを修理するとのこと。15分くらいで直るのかと油断していましたが,10分くらいすると修理をするので機材を変えるとのアナウンス。。一回乗った飛行機から故障のために違う機材に乗り換えるのは人生で2回目です。1回目も当然到着がもの凄ーく遅れて大変な思いをしましたが,今回は別の大変な思いをしました。

別の機材への移動はバスで直接移動。割とすぐに移動したので次の飛行機がそんなに早く準備できてるなんて凄いな,と思ったのですが,次に乗る機体の横までバスが着いてからたぶん40分程バスの中で待たされました。この40分間が時刻。とにかく寒いのです。昨日のヘルシンキ は雪が降っていて気温はその時点ではもはや氷点下。しかし,ヨーロッパの空港で飛行機に乗るときに使うバスに乗ったことのある方ならわかるかと思いますが,暖房なんて装備されてないのです。しかも,ジュネーブはそんなに寒くないのでコートを持ってない人も多く,あまりの寒さに乗客が怒り始め,バスを叩いて運転手に文句を言う客が続出。でも当然のことながら何の対応もなく,ただひたすら皆んなが震えながら飛行機に乗れるのを待つことになりました。私は寒い上に腹が減っていたので,余計に寒さが身に染みました。

飛行機にようやく乗っても,皆んな体が冷え切っているので暖房と毛布を要求します。ですが,ヨーロッパの人たちはあまり毛布を使わないのでそもそも数が少なく,その毛布はというとビジネスの人たちに全部配られて,エコノミーの人は誰一人毛布をもらえない,というなんとも寂しい状況で,あー生き残るには金なんだなということを改めて感じました。

結局ジュネーブに着いたのは3時間遅れ。CERNで何か食べようと思っていたのに,日曜の晩ということもあって食堂に行ったときにはもうしまっていて,何にも食べられませんでした。。いつもなら,着いた初日だけは疲れているからなのか時差ぼけなく寝られるのですが,今回は早朝お腹が空いて目が覚めてしまい今に至っています。なので,こんなに長い文章を書いて,食堂が開くのを待っています。文章が長くなったおかげで,めでたく食堂が開く時間になりました。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

OSのアップデート

普段使っているパソコンのOSのアップデートをしました。アップデートを促すアイコンがしょっちゅう出てきて鬱陶しいので,昨日,エイやっとアップデートしたのですが,アップデートを終えると立ち上がらなくなるアプリケーションがたくさんあって焦りました。

以前から,64ビット対応じゃないので更新しろというメッセージを出していたアプリケーションがあったのには気づいていましたが,怠惰な私は,この手のアップデートは動かなくなるまでやらず,今回も動かなくなったために焦って幾つかを更新しました。その中の一つに,VPNのクライアントアプリケーションがあるのですが,KEKでOSをアップデートした際には当然それを使いませんから,動かなくなっているのに気づかず,家に帰ってからKEKに繋ごうとして初めて立ち上がらなくなっているのに気づき... いやー焦りました。

よーく考えると,そのアプリケーションはKEKがライセンスを購入(?)しているもので,新しいソフトのインストール用イメージファイルはKEKの壁の中。VPN接続できないとそのファイルにアクセスできないので,結局,昨日はKEKにVPNアクセスするのは諦めました。私は,メールを読むのにimapを使っているので,VPNでKEK内部に入れないとメールを読めません。ウェブメール等を使うというオプションはありますが,それをするのも面倒だったので,昨日は神の恵とばかりに家に帰ってからはメールを読むことを諦めました。すると,メールをチェックしてそれに急いで答えなくちゃ,という強迫観念(?)のようなものが全くなくなりますので,心穏やかに(?)過ごすことができました。

たまには,ネットワークから遮断された世界にいたいものですが,最近は,油断すると飛行機の中ですらネットワークが備わっていて,安住の地がなくなりつつあります。。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT