ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

女子スケート追い抜き

いやー感動しました。今回のオリンピックで唯一動画を見ました。と言っても,金を獲得したというニュースを読んだ後なので結果がわかっているのに,その動画を見ながら「行けーっ」ってアナウンサーや解説者と同じように叫んでいました。アホです。

個人のタイムではオランダにかなわないけど,チームワークで勝利。というのは日本人が好きそうな展開ですよね。はい,そういう私も大好きです。若い人が全力を振り絞っているのを見るだけで涙腺が崩壊しそうな年寄りになってきているので,昨日動画を見たときはもう大泣きでした。本当に素晴らしい。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

5.3CHF?

私がCERNで食べる朝食は毎日同じです。クロワッサン,シリアル入りのヨーグルト,紅茶,合計4.8フランです。最近,CERNのレストランは微妙な値上げがあって,コーヒーと紅茶の値段が0.1フラン高くなりましたが,この値上げ前は毎朝4.7フランでした。

今朝も同じ物を持ってレジに行き,何も考えずに5フラン渡したら,5.3フランだから後0.3フラン払えと言われました。

日本以外の国はおおらかというか,小銭の計算はいい加減なので,4.8フランの組み合わせでもあるときは,4.7フラン。あるときは,4.9フラン,というように,レジ係の人の計算精度はそれほど高くなく,0.1フランや0.2フランの違いはよくあります。毎日買って平均するとほぼく4.8フランになってるので,大きなバイアスはなく較正されているのですが,分解能がそれほどよくないわけですね。その点,日本の店はどこもバイアスがないだけでなく,分解能も高いですよね。と言っても,スーパーやコンビニだとバーコードで管理されているので精度が高いだけで,飲み屋に行ったりするとこっちが酔っ払って確認しないから気づかないだけで,かなりの間違いがあるのかもしれませんが。

そういうわけで,0.1あるいは0.2フランくらいだったら大目に払っても文句を言わないのですが,今日は5フランコイン1枚で済むか,10フラン札を出さないとならないか(0.2フラン分の小銭を持っていませんでした),という分水嶺だったので,思わず,4.8フランのはずだと言い返してしまいました。0.5フランなら目くじら立てるところではないのに,小銭がじゃらじゃら増えるのは自分相当嫌だったみたいです。速攻で言い返していましたから。

関係あるような,ないような話ですが,日本のスーパーの計算精度は高いと言いましたが,それでもたまにレジの打ち間違いがありますよね。間違えて多く払っているのがわかっても,後からクレームをつけることが私にはできません。私の周りにいる男たちもあまり言えないみたいですが,かみさんはじめ女性はそういうクレームをつけることに抵抗がない人が多い気がします。男女の違いを語るのはこのご時世危険かもしれませんが,自分の感覚では,だいぶ差があるような気がしています。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

世間のニュース幾つか

将棋やオリンピックなど,最近幾つか気になったニュースがあるので,今日はその感想などを時系列順に並べてみます。

羽生永世七冠王達成:
だいぶ前のことになりますが,羽生ファンなので素直に嬉しいです。が,一昨年・去年あたりから調子を落としているのが気になります。復活して欲しいですが,人間ですから,今後は老いとの戦いになるんでしょうか。ちなみに対戦相手の渡辺が,羽生以上に去年あたりから調子を崩していました。それが永世竜王獲得を後押ししたかもしれません。

香港(?)かどっかでのバスの事故:
バスがスピードを出しすぎてカーブを曲がりきれず横転。多数の死傷者が出たというニュースがありました。常日頃から周囲にバスは怖いという話をしてますし,このブログでも書いたことありますが,バスは本当に怖いです。今回の事故の原因は,乗客から遅いとクレームが来て運転手がキレて猛スピードを出したせいだとか。私も以前高速バスを利用した時に,異常に速度が遅くて(=高速道路でも50-60km/h程度?),後から出発した同じ行き先のバスに抜かれたという恐ろしい経験があります。バスの運転手は精神を病んでるに違いないと推測し,ただひたすら事故しないで到着して欲しいと祈っていた,という経験があります。生身の人間一人に大勢の命が握られている恐怖をバスに乗るたびに感じます。

羽生永世七冠王国民栄誉賞:
将棋ファンとしては非常にめでたいニュースです。けど,囲碁の人と同時受賞?実績にはだいぶ差があるのに,とちょっと思ってしまいました。でもまあ,近隣分野(?)とは仲良くしたほうが色々メリットがあると実感する今日この頃なので納得。

藤井が羽生を破る:
また将棋です。レーティングでは藤井のほうがもはや上だったので,勝っても全く不思議ではなくある意味順当。でも,マスコミや世間に大きく注目されるというプレッシャーの中で実力を出せるのは,やっぱり凄いです。

小平500m金メダル:
今回のオリンピックはほとんどみていませんが,小平選手だけは注目していました。500mで国内外合わせて20うん連勝中ということで,とてつもなく注目され,とてつもなくプレッシャーを感じていたと思うのですが,その中での金メダルは本当に素晴らしいです。伏兵が活躍するのはドラマ性があって面白いかもしれませんが,長いことプレッシャーを受けていた有力候補が勝つほうが私は好きです。屋台骨を長いこと支えてきた苦労が報われないのは可哀想と感じてしまうので。しかし,今回の小平選手のように最有力とされた選手がそのまま勝つのは,精神力も凄いのでしょうけど,その前に実力がやっぱ一つ抜けてるんでしょうね。わずかな失敗があっても勝てるくらい実力差があるのかなぁ,と今回は思ってしまいまいた。それくらい凄いですね。年齢の問題がありますが,4年後も活躍していてもらいたいものです。

[追加]
里見香奈奨励会退会:
重要なの(?)を一つ書き忘れていたので追加です。年齢制限で退会。25歳を過ぎると勝ち越さないと退会になります(勝ち越していても30歳になると退会だったはず)。今回勝ち越しできないことが決まったので残りの対局はありますが,退会決定になってしまいました。女流棋士の中では圧倒的な強さですが,女性初の棋士は残念ながら実現しませんでした。三段になった直後に体調を崩してしまったのが痛かったです。残念。奨励会の年齢制限のことを考えるといつも私たちの世界とダブらせてしまいます。ポスドクが奨励会と重なって見えます。。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ムール貝

昨日は打ち合わせ密度の濃い1日でした。

午前中は日本シリコングループの定例会合と,ジュネーブ大の人との電話での打ち合わせ。午後は1対1での打ち合わせが3件+自分の学生との研究方針の相談。シリコン開発グループのcollaboration meetingは木曜まで終わったのですが,昨日は個別の打ち合わせの連続となり濃密でした。

そんなこともあって,金曜の晩でしたが珍しく外に出かけず,一人でCERNのレストランで晩飯を食べました。晩飯は昼の残りが出ることが多く,メニューの選択肢がなく辛いことが多いのですが,昨日はムール貝があったので助かりました。この辺のレストランではムール貝をバケツみたいなのに一杯入れて,それとフライドポテトだけをひたすら食べるというメニューがあります。(元々はベルギー料理?)欧米のステーキ屋で出てくるような牛肉があまり好きではないので,外国では肉メニューを避ける傾向がある私にとっては,このムール貝はオアシスで,外に出て食事をするときのお気に入りの一つです。そのムール貝が昨日の晩あったのは幸運でした。数日前の昼飯のメニューにもあったので,その残りっぽいですが,問題なく美味しくいただけました。

フォーとムール貝,この2つがホントにオアシスです。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

結果が全てでは寂しい

今,ウェブのニュースで,スケートの小平選手を支えた企業,というか病院なのですが,の記事を見ました。信州大卒業後進路に困っていた小平選手を職員として雇い,給料,生活費,競技用具の購入費などを負担したという美談が,ネット(私はこの言葉は使いませんが,敢えて原文表記)で話題になっているというニュースです。

その美談自体には何の異論もありません。多くのスポーツ選手,芸術家,そして私たちも,多かれ少なかれ,応援して支えてくれる人や企業,団体に支えられていますから,スポーツ選手を支えている企業にスポットが当たることは喜ばしいと思います。けど,結局,選手が結果を出さないと,選手を支えている人たちにスポットが当たることはありません。当たり前なんですが,結果を出さないと世間の注目が集まりませんから。

だけど,そういう世の中はなんだか寂しいです。結果が出ていても出ていなくても,選手を支える企業や裏方さんにスポットが当たる世界のほうが暮らしやすそうです。もちろん,先に書いたように,結果がないと注目を浴びないので仕方ないことなのですが,日の目を見ないスポンサーや,選手を支えようと頑張っている裏方さんがたーくさんいるんだろうなと思うと,私らしくもないことを考えてしまいました。。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT