ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

危機一髪が二発

土曜日,CERNから日本へ戻る飛行機の中でのこと。おそらくはロシア上空でアナウンスが入りました。「ただいま,化粧室内でお客様がタバコをすわれました。。」ここまで聞いた瞬間,私の脳内では「えーっ,そんなやついるの?ここで緊急着陸したら,いつ帰れるんだろう?」という自問自答がおきパニック。しかし,その後のアナウンスを聞いていると緊急着陸はなしで,そのまま飛行を続けるとのこと。ホッと胸をなでおろしましたが,タバコを吸ったアホに対する怒りがこみ上げてきました。こういう人間は世の中から退場して欲しいです。よく言いますが,人里離れた山奥か,無人島で一人で暮らして欲しいです。

そして昨日は危機二発目。車を運転中,とある交差点で信号待ち。青になったので普通に(と言っても,ここつくばでは信号が赤になっても右折をやめない人が多いので,こっちが青になってもまだ右折しようと突っ込んでくるバカが多いので,それには用心しつつ,右折レーンから突撃する車がいないことを確認して)発信すると,なんと,赤信号で待っているべき車が直進で私の左側から出てきたのです。赤信号だった道は,片道3車線プラス右折レーンという幅広い道で,そのバカが出てきたのは直進3車線のうちの真ん中のレーンで,私は間一髪セーフ。たぶん,他の車も当たってはいなかったと思いますが,私の後続車,および,対向車は驚いて急停車。夜だったのでそのまま直進した私はその後どうなったのか把握できませんでしたが,いやー,本当に危機一髪。私の車の左側に真横から突撃をくらうとこでした。というか,それをよけようと反射的に右にハンドルを切ったので,対向車とも危うくあたりそうでした。。

つくば市および茨城県の交通事情,車の運転の無茶苦茶さはこのブログでも何度も書いていますが,本当に怖いです。信号が赤になって,直行する側の信号が青になっても延々と右折車,右折オンリー青信号のときに確信犯的に直進する車,追い越し車線を遅い車が走り走行車線を早い車が走る,これってつくば界隈以外でもデフォルトになってる場所があるんでしょうか。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

スペイン人に慰められる

今週はCERNです。オタワから中1日での登板ですが,オタワで神経を使わず楽してたせいか,案外疲れずにCERNに移動してきました。というか,CERNへの移動はもはや通勤みたいなものなので,体力的には疲れますが精神的には楽みたいです。

今朝は,スペイン人の知り合いと朝飯を一緒に食べたのですが,その際,日本のATLASに対する財政状況が厳しいという話をしたところ,彼の国の現状を教えられ,日本のほうがはるかにマシだと慰められました。加速器の運転経費は,CERN加盟国からの収入でまかなわれますが,ATLAS検出器の運転経費は,ATLASグループが著者数に応じて各国に分担を求めています。日本はCERNの加盟国ではないので加速器の莫大な運転経費は払っていませんが,ATLAS検出器の運転経費は(これも一般的な感覚では莫大ですが,加速器に比べると非常に少ないものです)毎年分担分を払わなければなりません。日本人の発想ではそれを払えなかったらATLASをやめなければならないと考えますが,スペインは当然のように今年分をまだ払えていないとか。加えて,給料の支払いすらピンチだそうで,他人事ながら大いに心配な状況です。しかし,ラテンの人は私たちほど悲観的でないというか,そういう状況に慣れているというか,とにかく,私が心配するほど心配してなさそうなのが凄いです。

しかし,日本もいつまで運転経費を支払えるかわからない状況で,最近の私は,そういう厳しい財政状況をATLAS首脳陣,ATLAS日本のメンバー,KEKの偉い人に説明するのが仕事になってしまっています。昨日も19時くらいまでミーティングをした後にATLAS予算担当者とシリコンアップグレードプロジェクトリーダー相手に2時間ほど現状の説明。先週のオタワとは大違いで,クタクタです。。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |

オタワから帰国

オタワ滞在はあっと言う間に終わりました。予算に関する厳しい議論をするわけでもなく,検出器の製造分担についての面倒な議論をするわけでもなく,物理の話を聞いていればいいだけなので,会議そのものは楽で楽しいものでした。あ,ちなみにICFAセミナーというもので,参加者はシニアな人,偉い人が多く,そういう人に様々な素粒子物理実験の現状を教えて,これからのワールドワイドな計画を考えるためのインプットにしてもらおう,というのが会議の趣旨だそうです。というわけで,通常の国際会議とはだいぶ雰囲気の違う会議でした。

しっかし,時差ぼけはしんどかったです。14時間差ということで,日本とはほぼ反転しかも,しんどい方向に2時間ずれていますから,私だけでなく日本からの参加者一同,午後は眠くて死にそうでした。

時差ぼけともう一つしんどいなと思ったのは,アメリカの移動です。行きも帰りもシカゴを経由したのですが,常にいつでもどこでも入国審査と保安検査に時間がかかります。帰りは,オタワの空港で入国審査まで済ましたので(カナダから空路アメリカに入る場合は,全部の空港でそうなのかは知りませんが,カナダの空港でアメリカの入国審査を済ましてしまいます)楽かと思ったのですが,罠がありました。

保安検査の列は私の前に6人しかいなかったのですが,なんと40分もかかりました。というのは,車椅子の人が延々と優先で私たちの列の前に入ってきて,しかもその数の多いこと。というか,ある一定以上の年齢の人は全員車椅子なのではないかという勢いで,後から後からどんどんそういう人たち+付き添いの人が入ってくるのです。私あまりにも暇だったので,そういう人たちをよーく観察したのですが,大抵の人は車椅子なしでも問題なく普通にスタスタ歩けるんですね。杖なし,補助なし,歩く速度は普通。日本人で車椅子使うだろうなと思うくらい大変そうな人は,ほとんどいないのです。少なくとも観察を初めてからの20分くらいではそういう人は見かけませんでした。もちろん,本当に大変な人もいるんだとは思いますが,すぐに車椅子を使い歩くのをやめるのはアメリカ文化だなぁという感じがしました。いや,しかし,本当に疲れます。精神的にも。

まあ,これは一例ですけど,本当にいつでもどこでもアメリカを経由しての移動は理不尽に時間がかかって疲れます。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

初オタワ

オタワに来ています。というか,昨日移動でした。色々とバタバタしていて,準備が全くできておらず,出発当日の朝に冬物のジャンバーを探し出すなどしていたため,幾つか忘れ物がありました。それくらい慌ただしかったので,他にも抜けていることがないかと心配していましたが,なんとか無事到着しました。

ただ,乗り継ぎの良い便を見つけることができず,成田→シカゴ→オタワの経路で移動したのですが,中継地のシカゴでは6時間半くらい待ちました。それだけ時間があったおかげで,乗り継ぎのターミナルが予告されているのとは違うターミナルだったり,発券機で私のチケットが出せないなどのプチトラブルがあっても全く焦ることなく対応することができました。それでも時間たっぷりなので仕事をしようと思ったのですが,その時間帯は日本の深夜から早朝。眠くて眠くてラップトップは開いているものの仕事の効率が最悪。だったらと寝てしまおうかとも思ったのですが,ちょっと前に(寝過ごしたわけではないですが)ロンドンで乗り継ぎ便を逃したことを思い出しました。疲れていることもあり,もし寝ると爆睡してしまうかと心配して,寝ないでなんとか過ごしました。

結局ホテルに着くまでには,家を出てから25時間ちょっとかかりました。移動時間が長いとやっぱり疲れますし,寝る時間が日本の昼間になってしまうので,案の定よく眠れません。東への移動はしんどいです。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

沼津高専にて講演

今日は超久々の休みを満喫しています。って,朝寝坊をして家でボーッとしてるだけですが,本当に久しぶりの休みです。

昨日は沼津高専の文化祭で講演をしてきました。素論でLattice QCDをやってるHさんが沼津高専の方と協力してやってるイベントで,ここ数年,毎年KEKのスタッフが話をしているそうです。このところ,あまりいいニュースがありませんが,こういう一般向け講演会で元気のある,やる気のある若い学生さんに会うのは本当に元気付けられます。ここ数ヶ月で一番元気の出るイベントでした。いや,こちらの自己満足でお客さんに楽しんでもらえていなかったら申し訳ないですが。

Hさん,Sさん,企画運営ありがとうございました。また,会場まで足を運んでくださったみなさま,どうもありがとうございました。

大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT