ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

ミーティングを楽しむ

今回のCERN出張は,HL-LHC用シリコン検出器開発に関するcollaboration meetingに出るためです。今日はこれから,各国がどこをどれだけ担当するかを議論するセッションがあったり,その分担についての水面下の交渉とでも言うべき内緒の打ち合わせがあったり,と,私にとっては1番頑張らなければならない日であり,ヘビーな日でもあります。

一方,昨日は,私たち日本グループも関連するセンサーとその周辺部に関する議論がテーマで,ほぼ技術的な話ばかりだったので,それぞれの発表を楽しんで聞いていました。特に,CMOSピクセルセンサー関連は色々と情報収集できて面白かったです。これまで高エネルギー物理で使われてきて,かつ,HL-LHC用の本線として開発されているのピクセル検出器は,センサーと,信号読み出しのためのASICをバンプボンディングするタイプなのですが,それに変わるものとして,センサーと読み出し回路が一体化したCMOSセンサーが精力的に開発されています。ATLAS(やCMS)では,このCMOSセンサー開発が非常に盛んで,各国,各グループが独自のベンダーと連携して,様々な技術開発を行っています。

正直,HL-LHCで使うための実用化にはまだ時間がかかるだろうという印象なのですが,新技術開発はそれ自身が楽しいですから,それはもうたくさんのヨーロッパ人が開発競争に参加しています。発表で面白いと思ったのは,開発しているグループ自身は結果を見せる際にいいとこ取りをするのですが,第3のグループが色々な試作品を試験して比較すると,開発グループが見せない結果まで見せてくれることです。開発の鍵となっている,つまりは,ボトルネック部分に関する結果をきちんと見せてくれるので,それは非常に興味深かったです。

国際会議等でも同じですが,競争になると,発表内容は人に見せたい,うまく行ってる部分ばかりになり,問題を隠す傾向になるので,真の開発進行状況がわかりづらくなってしまいます。でも,開発グループとは別の第3者グループが試験をすると,隠し事をせずに何でも見せるので,公平で面白い発表になります。実際,今回,ある測定結果が非常に悪い結果だったのですが,瞬間,開発グループからそれは間違っているというコメントが飛んできて,でも,発表者は間違っていないと主張。このやりとりはなかなか面白かったです。一聴衆としては,だったら開発グループがまさに見たいそのプロットを出せよ,というツッコミを入れたいところでした。我々が本当に見たいものを見せないんですよね。。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |

学会からCERNへ

金曜日まで学会で,その後,今日日曜にCERNへ移動予定だったのですが,事情により移動日を昨日に変更。土曜日にCERNに移動してきました。今月はかなりスケジュールがタイトで,CERNへ行ったり来たりしている間に学会,というような感じになっています。これから12月までは同じようなスケジュールが続くので,日々体力温存を考えているつもりなのですが...飲みに行ってしまう日が多いです。。

今回の出張は現地に6泊なのですが,日本の戻ってわりとすぐにまた別の出張になるので,飛行機に乗るときに荷物を預けて荷物がなくなると面倒だと思い,必要最低限の荷物に抑えてスーツケースを使わず,手荷物を預けませんでした。この判断がクリーンヒットして,今回,スキポール経由だったのですが,日本からジュネーブに飛んだ人の荷物はほとんど届いていませんでした。荷物を預けていない私がなんでこれを知ってるかと言うと,たまたま便が同じだったIさんと一緒にスキポールから移動したところ,Iさんの荷物が出てきませんでした。まあ,こちらが想定したトラブルは日本に帰るときのことなので,クリーンヒットとまでは呼べないかもしれませんが,それでも,荷物が手元にないと色々と面倒なことがありますから,ラッキーだったことに間違いはありません。

しかし,今回のスキポール経由は色々と面倒でした。まず,成田発が大幅に遅れたことがつまづきの始まりなのですが,そこに辿り着くまでも私にとってはプチトラブルでした。本当はつくばから成田までバスで行きたかったのですが,チケットが売り切れだったので当初は電車移動の予定でした。ところが,つくば駅に行ってみると,つくばエクスプレスが約15分の遅れ。電車で成田に行くのは,乗り継ぎが極めて重要で,1本電車が遅れると1時間近い遅れになってしまう可能性があります。私はかなり出発ギリギリに空港に行くタイプなので,もし電車が15分遅れ,成田に着くのが30分以上遅れてしまうと本当に乗れるかどうかわからなくなってしまいます。そこで,急遽家まで戻り,自家用車で成田へ。かみさんと娘も同乗してもらい,帰りはかみさんに車を運転して帰ってもらいました。が,飛行機は1時間近い出発遅れ。電車が遅れていても全く問題ありませんでした。。

で,スキポールです。大きな空港ですが,乗り継ぎが比較的スムーズだという印象を持っていたのですが,今回は大間違い。最初の保安検査でかなり待たされた挙句,パスポートコントロールが最悪。大した人数がいるわけではないのですが,パスポートコントロールのゲートが少なくて,えらく待たされました。結局,最後は時間がなくなり係員に尋ねたところfast connectionに移動できて,それでなんとか乗り継ぎに間に合いました。飛行機が到着してから出発まで1時間40分ほどもあったのに,ここまでギリギリになるとは思いませんでした。いつも思うのですが,土日移動だと,移動する人が多いのに欧米だと働く人が少なくなって,乗り継ぎがいつも極度の遅くなります。飛行機も当然混むし,チケット代も高くなるし,自分の休みがなくなるし,と良いことが全くないので土日移動は極力避けたいのですが,ミーティングの都合などからどうしても土日移動を余儀なくされます。って,みんな私と同じことを考えているのだとは思いますが,不可避のために混んでしまうわけですよね。とほほ。

手荷物を飛行機に預けなかったために,荷物の紛失を避けることはできましたが,問題が一つ。寒いです。。。出発前に天気予報を見てそれなりに寒いことはわかっていたのですが,前記の理由により荷物を減らしたかったので,荷物は最小限。上に羽織るジャンパーの類や,厚めの部屋着を持ってきていません。外にいることはそんなにありませんし,外にいる場合は体を動かしているのであまり問題ありませんが,部屋の中が寒いです。同じことを何回も書いた記憶がありますが,ヨーロッパは室内の暖房が動作する時期が限られていて,CERNでは9月中(?)はたぶん暖房が働きません。でも,9月末ともなると,日本人的には十分寒い日もあり,真冬よりもこの時期に寒い思いをすることが結構あります。それを承知して,寒さと荷物の紛失を天秤にかけて荷物を減らしたのですから,まあ,仕方ないですね。今は,宿舎の部屋で毛布にくるまっています。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

週末とか

土曜にCERNから戻り,昨日は,事情によりプチ帰省。今回会ったAおじさん夫妻に私は子供の頃からなついていまして,そのおじさんたちに本当に久しぶりに会いました。両親を含めて,私の育った環境は,科学とはかなり縁遠かったのですが,Aさんが科学技術に興味を持った人で,私が物理に興味を持ったのもAさんの影響がかなりあります。昨日はあまり時間がありませんでしたが,近いうちにまた,私がやってる実験の話でもしたいと思っています。

今日は,朝から会議や打ち合わせが立て込んでいます。今までにすでに3つの打ち合わせと会議をこなし,午後はさら3つあります。そしてその後,学会会場の宇都宮に移動する予定です。宇都宮は日帰り圏内と言えなくもありませんが,明日から4日間宇都宮まで通勤するのはあまりにしんどいので,ホテルに泊まります。前泊するので今日の夜移動というわけです。学会は,日常の雑務を忘れて(しまうとえらいことになるのですが),研究の話が中心になるので,楽しみな4日間です。



日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

CERN短期

CERNに短期で来てます。昨日の晩ついて,明日の昼前には出発という短さです。人間とは思えない日程で出張をこなすKEKのTさんなんかは,深夜便で朝着いて,0泊なんていう恐ろしい日程の出張をしたりしますが,凡人の私は,最近は短期でのCERN出張が増えているとはいえ,3泊が普通だったので,今回は自分の中では最短記録になります。

今日の午後,とある検出器製造の分担に関する議論があり,その日程が決まったのが先週。超重要なので出席しないわけにはいかず,また,テレビ会議というのもありますが,この手の超重要で何かを決めなければならないときには,テレビでは役不足。急遽出張の手配をしてやってきました。大切なのは会議そのものだけでなく,その前後も重要です。案の定,会議の前に各国の状況の探り合いや,協力関係の模索など,色々な動きがあります。まさに外交。こういう水面下での動きに乗り遅れないためにも,現地で会議に参加することは非常に重要で,会議が始まる前から,無理して来ておいてよかった,という感じがしています。

それにしても,この会議,長いです。その直前に,何人かと打ち合わせをするので,午後はまるまる会議尽くしです。。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |

3860人

一般公開を終えました。今あった放送によると,4000人弱の来場者があったようです。KEKまで足を運んでくださったみなさま,ありがとうございます。

ATLASのコーナーは,例年と同じくらいの人出だったかな,と思います。一般人に紛れて,私が阪大にいた頃の学生だったUくんに会ったのには驚きました。KEK一般公開リピーターも結構いたようで,その中の1人は,私の学生時代の同級生でした。こういう機会を利用して昔の知り合いに会えるというのは悪くないもんですね。

関係者のみなさま,お疲れ様でした。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT