FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

J-PARCハドロンホール近況

今日明日は,J-PARCのPACです。とはいえ,PACの委員でなくなったので私自身はPACへは出席しません。それでも,KOTOの結果の更新とか,J-PARC全体の動きとか,色々気になることがあるので,Indicoをちょっと眺めてみたところ,幾つかマイルストーン達成的なことがあったということを知りました。特にハドロンホール関係。

まずは,ターゲットの交換が無事終わったみたいです。大きな刷新です。これで,遅い取り出しの際のビーム強度をさらに上げることができるようになるはずです。

次にhigh-pラインと呼ばれる,主に原子核の人が実験に使うビームラインが完成して,今まさにコミッショニングを開始しようというそういうタイミング。原子核の人にとっては長らく待ち望んでいたビームラインで,いよいよ2020年からは物理の成果を出し始めることができるのですかね。他分野とはいえ,こういうマイルストーン達成を見るのは嬉しいものです。あ,運転時間が心配ではありますが。

日本中どこでも予算が厳しいのに提案されている研究計画が数多いため,それぞれの研究計画だけを見るとなかなか進んでいないように見えてしまうかもしれませんが,こうして眺めてみると,様々なプログラムがゆっくりではありますが,着々と進んでいることを感じます。KEK機構長の年頭の挨拶でも,ここ2年は雰囲気が若干上向いている感じがしましたし,各プロジェクトの状況も一時の最悪気を脱しつつあるのかな,という印象を受けます。

2020年度以降の計画ですが,J-PARCは主リングの電源交換の作業のために,2021年度はまるまるシャットダウン(スライドを眺めたところ,シャットダウン開始時期が少しだけ後ろに動きそうですが)。2022年度からは,電源交換の恩恵で,早い取り出しも遅い取り出しもより高いビーム強度で走れる予定。さらに,2023年度初めくらいには,COMETにもビームを出せそうとのこと。高エネルギーコミュニティが長ーーーい間待っていた幾つかの案件がようやく片付きそうです。楽観かもしれませんが,そうなるとよいなぁ,という私の願望です。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |

慌ただしい年末年始

この年末年始は,非常に慌ただしく過ごしました。

直近最後のCERN出張から12月半ばに帰国し,その後,東京で研究会が2回あったために,年末は相当の忙しさになりました。通常CERNから帰ってくると事務仕事で数日手いっぱいになってしまうのですが,そこに研究会があり,かつ,12月末には役所から予算の内示があるので,その対応に追われます。年明け早々にKEK内での予算調整のための予算要求資料を提出しなくてはならない上に,私の場合は,概算要求というもので特別な経費を措置してもらっているので,それに対する対応もしなければなりません。要求額がそのまま来るなら必要ありませんが,当然そういうことはないので,関係者との調整がたくさん必要です。

加えて,それ以外の雑務も溜まっていたため,カレンダー通りに休んだふりをしていても,家,あるいはKEKにまで行ってかなり仕事をしました。事務の人とかには「年末年始はゆっくりできましたか?」と挨拶されるのですが,到底「はい」という状況ではなく,でも,そういう挨拶に対して忙しく仕事してましたというのも野暮ですから「まあ,ぼちぼち」と答えています。でもって,仕事始めの今週もまた東京出張が3回もあり,息つく暇もない忙しい週でした。

でも,ようやく溜まっていた仕事が終わりつつあり,今日もう一踏ん張りすれば,明日明後日の連休はそれなりにゆっくり休めそうです。というわけで,最後の一踏ん張り中の息抜きでした。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |

夜空に潜むダークマター

これまでに何度か紹介しているプラネタリウム企画が,今度名古屋であります。

「夜空に潜むダークマター」というタイトルで2020年2月18日に名古屋市科学館で開催されます。名古屋大のTくんが企画を立てたもので,彼が解説も行います。私は残念ながら見に行けないのですが,プラネタリウムを使った映像の素晴らしさは何度も繰り返している通りです。また,Tくんはアウトリーチに非常に熱心な人なので,楽しい企画になると確信しています。中京地区の方はぜひ足をお運びください。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |

研究会連発

先週の木曜と金曜は,東工大でATLAS日本グループ内の研究会でした。グループとしてどういう方向へ進むか,そのためには,みんなでどういう分担で研究を進めていくか,などを議論しました。LHCの高輝度化に向けた新たな検出器開発は佳境を迎えていて,今は,難題である大量の実機製造を進めていくための準備が主なテーマです。

実機の製造は非常に大規模で困難なので,グループ全体で協力しあうことが必須です。そのためにはグループ内の結束力が非常に重要で,ここ何年間かは結束力が高まるための努力を続けてきました。今回の研究会では,研究分担やお互いの連携について,中堅研究者だけでなく,若手の助教やポスドクが主体的な議論をしてくれて,グループ内がいい雰囲気で研究を進めていることを強く感じました。数年前は,予算だけでなく,大規模な建設を技術的人的に進められるのか非常に不安でしたが,今回の研究会では,大規模建設を進めていけるという道筋が見えてきた気がしました。非常に充実した心持ちになれました。

でもって,明日明後日は東大でまた別の研究会に参加します。こちらは,測定器開発関連で今年立ち上げた新たなアクティビティで,ATLASグループとは独立した動きです。今まであまり交流のなかった研究者と交流できるのを楽しみにしています。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |

成田から羽田

成田発着便がどんどん減ってますね。大多数の人にとっては羽田空港のほうが便利だし,羽田空港は夜間の発着ができますから,成田発着が羽田発着に移行していくのは,仕方ないといえば仕方ありません。が,つくばに住んでいる私にとっては,成田空港のほうが圧倒的にアクセスしやすいので,なんとも残念な気持ちです。成田空港としては,滑走路をガンガン増やして国際線のためのハブ空港化できなかったのが痛いですね。あと,個人的には,羽田空港の国際線ターミナルは保安検査場がいっつも混んでいる印象があって好きではありません。まあ,外国の空港ほど待たされるわけではないので,あくまで比較の問題ではありますが。

保安検査といえば,今回,CERNに来るときの経由地だったロンドンは大変でした。ヒースローの手荷物検査場ではいっつもイライラさせられる,ということを何度か書いているかと思いますが,今回もまたイライラしました。手荷物の中に液体あるいは怪しいものが入っていると中を開けて客と口頭で話をしながら一々確認するのですが,まあ,これはどこの空港でも同じです。今回,ある意味運が悪かったのは,私の何人か前のイタリア人家族(?)が無茶苦茶だったことです。家族全員のスーツケースの中に大量の液体があって,係員はそれら全てを何かの機会で確認するという作業をやってたため,私自身は金属探知機を問題なくクリアできたのですが,手荷物が一向に来ないのです。

日本の空港ではそうなってない気がしますが,外国の空港によくあるのは,手荷物検査のベルトコンベアの出口が2つに分かれています。乗客が自分の荷物をベルトコンベアに置くと,問題なければ乗客のほうに出てきて,問題があると中身を確認する係員のほうに出てきます。通常だったら,問題のある荷物が何個かあっても出口にバッファがあるので,問題のない荷物はすんなりと出てきます。ところが今回は,そのイタリア人家族の大量の荷物全てが問題のある荷物として仕分けられてしまい,分岐点まで彼らの荷物で溢れかえってしまい,その荷物が減らない限りはベルトコンベアが動かない状態になってしまったのです。

検査する係員が気を利かせて,イタリア人家族の荷物を脇に除けてくれればベルトコンベアは動きますが,当然,ヒースロー空港の係員はそんなことしてくれません。国際線をよく利用する方ならわかると思いますが,ダメダメ係員は誰が何を言っても言うことを聞かず,むしろ客と喧嘩になります。私もたまになるので,今回はもう諦めてひたすら荷物が出てくるのを待ちました。その時間約15分。驚きの長さでした。。どのベルトコンベアを選ぶかは,ヒースローの乗り継ぎではあまり選べなくて,係員にどこに行けと指示されるので今回もそれに従ったのですが,今回の場合は,並んだ時点ではまだ荷物が流れていたので,まさかそんな罠があるとは思ってもみませんでした。

しかし,外国の空港の手荷物検査だと,規定を超える液体を持ってると遠慮なしに捨てられることがよくありますが,どうもヒースローではそれをしてないみたいで,毎回流れが悪いのは,あまり物を捨てずに一々チェックしているからなのかもしれません。今までは,成田空港を使いたくてヘルシンキ経由を選んでいたのですが,これから成田発着がなくなると,ヘルシンキを選ぶ強い動機がなくなってしまうので,ますますヒースロー経由が増えてしまうかもしれません。

あ,ちなみに,ヘルシンキの手荷物検査および入国審査も時間がかかることが多いです。こちらはヒースローと違って係員の対応がタコ過ぎて遅いわけではなく,単に混み過ぎです。アジアからの便の中継地点として利用がどんどん増えているみたいで,中国人と思われる人で溢れかえっています。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT